ロマンの木曜日 2012年6月21日
 

街頭インタビューに街頭インタビューしてみる

取材クルーとの緊迫した駆け引き
取材クルーとの緊迫した駆け引き
テレビのニュースや情報番組などの街頭インタビューを、新橋や銀座で実際に収録しているところをよく見かける。

この「街頭インタビュー」に「街頭インタビュー」してみたらどうだろう?
こういう自己言及のパラドックスっぽいダジャレが大好きなのだ。(例:ちょうちん屋さんのちょうちん記事を書く

そんな軽い気持ちで取材を始めたのだが、実は今回のこの記事、原稿を落としかねない事態になりかけた。しかし、最後に大どんでん返しでなんとか盛り返すことができた。ぜひ、最後まで通してご覧頂きたいと思う。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

一度でいいからインタビューされてみたい

新橋や銀座でやっている街頭インタビューを観察していると、インタビューアーに声をかけられても断っている人がけっこう多い。
あ、もったいない。ぼくだったらふたつ返事でインタビュー受けるのに。
なんかうらやましい
なんかうらやましい
いっそのこと「どんな人に声をかけてるんですか」って、こっちから街頭インタビューにインタビューしてみたい。

街頭インタビューの聖地、新橋へ

市議会議員のプロフィール写真みたいになった
市議会議員のプロフィール写真みたいになった
そんなわけで、街頭インタビューを街頭インタビューすべく、新橋にやってきた。
一応、新橋ということなのでサラリーマンを装ってスーツを着込んできた。これから街頭演説を行う立候補予定者ではない。
ここで街頭インタビューをしている取材クルーを探し出し、こちらから街頭インタビューをしてみたいと思う。

いた! けど……

新橋ならば、何時行っても、取材クルーのひとつやふたつ、いるんじゃないか。そんな見通しのもと、しばし駅前のSL広場をうろうろしてみる。
すると……。
あ、取材クルーだ!
あ、取材クルーだ!
いた!
さすが新橋SL前広場。さすが街頭インタビュー定番と言われるだけある。カメラマン、インタビューアー、音声、ディレクターの4人組のクルーだ。
さあ、街頭インタビューだ!

なんか緊張してきた

あれ、なんだか、きんちょう、してきたぞ。
あれ、なんだか、きんちょう、してきたぞ。
さっそく、街頭インタビュー! という段になって、耳たぶがカーっと熱くなりはじめた。
あ、緊張してる!
企画会議であれだけ偉そうに「街頭インタビューに街頭インタビューしてみたいんですよねー」なんてのたまっていたのにだ。
足が前に出ない。
「街頭インタビューじゃなくて、ただのロケかもしれない。とりあえず、様子を見よう」という、もっともらしい理由をつけてしばらくクルーの様子をうかがっていた。
「尻込み」という言葉はこんな時に使うんですよって子供に教えてあげたい。

どっかに行ってしまった

尻込みしてる間に行ってしまった
尻込みしてる間に行ってしまった
ぼくが尻込みしているあいだに取材クルーは風景を撮影を終えて駅に行ってしまった。
現場からの中継みたいな画になった
現場からの中継みたいな画になった
なんだか、みょうな安堵感を感じてしまった。
いやいや、ほっとしている場合ではない。これでは記事にならない。他の取材クルーを探さなければいけない。
とりあえず銀座に移動してみることにした。銀座四丁目交差点も新橋SL広場に並ぶ街頭インタビューの定番場所なのだ。

だんだん気が重くなってきた

銀座にやってきた。
なんか緊張してきた
なんか緊張してきた
街頭インタビューの聖地に、果たして街頭インタビューはいるのか!?
うわ、居た!
うわ、居た!
いきなり居た。さすが銀座、街頭インタビュー約束の地。石を投げたら街頭インタビューにあたるとぼくが勝手に言うほど街頭インタビューが多いというのは本当だ。
あの人達にインタビュー……
あの人達にインタビュー……
するのか……
するのか……
しかし、そんな状況とはうらはらに、ぼくの気持ちはだんだん重くなってきていた。
自分で言い出したにもかかわらず、いざこちらからインタビューすると「怒られないだろうか」とか「無視されるんじゃないか」とか、余計なことを考えて緊張してしまう。
緊張するから「だいたいこの企画って面白いか?」と、そもそも論から考えてしまう。

意を決して……

しかし、こんなところで逡巡をしている暇はない。インタビューしないとこの企画自体が成立しない。
えーと……
えーと……
緊張するなー
緊張するなー
「早くいけこの野郎!」とお感じの読者諸兄姉も多いと思う。その思いは、今原稿を書いているぼく自身も同じだ。
行ったかー
行ったかー
無理無理……
無理無理……
いい加減にしてほしい。「インタビューしたいとか言い出したのお前だろ!」と、自分自身に怒りがこみ上げてきてしまう。

ついにインタビュー!

ついにインタビュー開始……
ついにインタビュー開始……
そうこうするうちにどんどん時間だけ過ぎていく。
どうやら取材クルーのインタビューも一段落ついたみたいなので、腹をくくって近づいて街頭インタビューを試みる……。
街頭インタビューは無理だそうです
街頭インタビューは無理だそうです
はたして、街頭インタビューに街頭インタビューは断られてしまった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ