ちしきの金曜日 2012年6月22日
 

サッポロ一番で作るつけ麺とステーキ

!
インスタント袋ラーメンの中ではサッポロ一番が一番好きだ。好きな食べ物全体の中でランキングを作っても相当いいところ行く。貧乏舌といわれてもいい。おいしいのだ。

今回はいろんなものをサッポロ一番の粉スープで味付けしてみたい。さらなるサッポロ一番の可能性を探る試みである。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

サッポロ一番つけ麺

サッポロ一番の粉スープを用意するためには、サッポロ一番でつけ麺を作るところから始めなくてはいけない。
まずサッポロ一番を2袋用意して
まずサッポロ一番を2袋用意して
麺を2玉ゆでる
麺を2玉ゆでる
固めにゆでた麺を冷水でしめる。つけ汁の方はサッポロ一番の粉を1袋分で大丈夫。この過程を踏むことにより、フリーのスープ粉が一つ手に入るわけだ。
つけ麺2玉分、スープは1袋分
つけ麺2玉分、スープは1袋分
後で使えるフリーのスープをゲット
後で使えるフリーのスープをゲット
前段階のように書いてしまったが、このサッポロ一番のつけ麺もけっこううまい。
うまい
うまい
よくつけ麺を食べると麺本来の味がよくわかる、なんていうけれど、このサッポロ一番つけ麺も麺の味がよくわかる。味噌の麺特有のコシのある縮れを堪能するなら、むしろつけ麺を食べるべきだろう。(ちなみにサッポロ一番は味ごとに麺が全然違う)

油そば

フリーのスープを得るには、油そばもいいかもしれない。同じように2玉茹でて、麺を念入りに湯切りする。味付けは油とスープ粉である。
今回、良いごま油が余っていたので使ってみた
今回、良いごま油が余っていたので使ってみた
サッポロ一番塩味の油そばである
サッポロ一番塩味の油そばである
これは勢いよく食べるのが肝心だ。理由はわからないが、麺が伸びるスピードがとても速く、後半はちょっとつらい。

麺を食べる勢いというのは、サッポロ一番に対する気持ちそのものだ。そのあたりをサッポロ一番サイドに試されているのかもしれない。
前半はうまい
前半はうまい
こんな風にちょっとサッポロ一番の食べ方を変えれば、フリーのスープはいくらでも手に入る。
それでは、次のページからサッポロ一番味の料理をいろいろ食べてみよう。まずはステーキだ。
相手にとって不足なし
相手にとって不足なし

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓