チャレンジの日曜日 2012年6月24日
 

業務用発酵中華調味料を3日で使い切る

チューニャン業務用サイズ。
チューニャン業務用サイズ。
「酒醸(チューニャン)」という中華の発酵調味料があります。中華料理でコクや甘みを加えるのに用いられます。

原料はもち米、米麹、酒など。作り方を調べてみると甘酒作りに近く、家庭でも割と簡単に作れるようです。簡単に作れるなら自分で作って味を確認してみたい。

よし、作ろう!と思ったのですが…
1972年生まれ。元機械設計屋の工業製造業系ライター。普段は工業、製造業関係、テクノロジー全般の記事を多く書いています。元プロボクサーでウルトラマラソンを走ります。日本酒利き酒師の資格があり、ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しているので、体力実践系、各種料理、日本酒関係の記事も多く書いています。

前の記事:「思い出の音楽を聞きながら日本酒を飲む会 」
人気記事:「塩麹でスルメを漬けると驚くほどうまい 」

> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 工業製造業系ライター 馬場吉成 website

元の味を確認しよう

チューニャンを自作する前に、まずは市販品を味わってどんな味の物か確認することにしました。やはりゴールが見えた方が先にも進みやすい。そこで購入したのがトップの写真のチューニャンです。
900g入り。買っても冷蔵庫の奥で眠りがちな豆板醤とかは、スーパーで売っているサイズで130gぐらい。
900g入り。買っても冷蔵庫の奥で眠りがちな豆板醤とかは、スーパーで売っているサイズで130gぐらい。
プロが使う一般的に馴染みの少ない調味料なので、その辺では売ってなくネットで購入することにしました。味見程度なのでなるべく小さい物をと思いましたが、馴染みが無さ過ぎて業務用サイズしかみつかりませんでした。
保存は冷蔵庫内でも2、3日。900gを2、3日で使い切れという業務用の厳しさ。
保存は冷蔵庫内でも2、3日。900gを2、3日で使い切れという業務用の厳しさ。
不味い物ではないだろうし、値段もそれほど高い物ではない。邪魔になるが冷蔵庫で保管しておいて少しずつ使えばいいかと、購入サイトの注意書きをそれほど読まずに業務用を購入しました。ところが驚愕の事実が発覚。

開缶したら冷蔵庫に入れて2、3日中に食べてしまえとの注意書きがあったのです。
見た目は甘酒と変わらない。
見た目は甘酒と変わらない。
内容量900gの調味料を2、3日。大きな中華料理屋なら問題ない量なのでしょうが、一般家庭では途方もない量です。だが買った以上は味見をして使い切りたい。
量では約800ml。酒なら4合瓶やワインボトル1本(720ml)よりも多い。
量では約800ml。酒なら4合瓶やワインボトル1本(720ml)よりも多い。
ということで、自作はひとまず止めて、この業務用チューニャンを色々な食べ方で3日以内に使い切ることにしました。

はたして使い切れるのか。3日間チューニャンチャレンジです。

とにかく味見

なにはともあれ味を確認してみましょう。
冷凍して長期保存も出来たようだが、とにかく使い切ります。冷蔵庫の奥で眠る調味料撲滅運動と思って。
冷凍して長期保存も出来たようだが、とにかく使い切ります。冷蔵庫の奥で眠る調味料撲滅運動と思って。
大サジ1杯ほどを皿に出して直接味わいます。香りは甘酒のような、米が麹で発酵した甘い香りがします。
そのままでもなかなか旨いね。 
そのままでもなかなか旨いね。 
食べてみると、味は甘酒に近いです。麹により米が発酵した際の独特の甘さがあります。甘酒と違う所は、少しだけ乳酸菌飲料のような酸味があるところ。このまま食べてもなかなか美味しいです。

美味しいですが、そこは調味料。そのままではやや味が濃く沢山は食べられない感じです。色々アレンジしていきましょう。

まずは定番のエビ料理で

最初のチューニャン使用料理は、日本人にとっての中華の定番を作ります。
材料は海老、ネギ、豆板醤、ケチャップなど。もちろん、チューニャンも。
材料は海老、ネギ、豆板醤、ケチャップなど。もちろん、チューニャンも。
海老のチリソース炒めです。チューニャンは辛味のある料理にコクと程よい甘みを加えるのによく用いられるそうです。エビチリはその代表的な料理。

色々な作り方がありますが、今回は簡易的な方法で作り、砂糖の代わりにチューニャンを使ってみます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓