はっけんの水曜日 2012年6月27日
 

俺的特等席の旅

電車の旅は先頭車両一択。
電車の旅は先頭車両一択。
乗り物に乗るのが大好きだ。一生乗っていてもいい。
旅行に出て、東海道新幹線の窓側A席や、飛行機の羽のないところの窓側や、バスの左の1番前のひとり席など、俺的特等席である座席がとれてしまうと、心底うっとりとし、目的地に着いても降りたくなくて非常に惜しくなる。
そういう気持ちに折り合いをつけるべく、東京近郊で俺的特等席に乗るためだけの一日旅にでかけた。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

俺特1:東京モノレールは右側最前列派

はじめにやってきたのは、私がこの世で最も愛する乗り物かもしれない、東京モノレールの浜松町駅である。
夢の乗り物だが駅は渋い。
夢の乗り物だが駅は渋い。
時刻は日曜日のお昼前。羽田空港へ向かう路線なだけあって、大きな荷物を持った人々でごった返している。こんななか、特等席はとれるのか。とれる。なぜなら、始発駅だから。
後発の電車を待つ列もちゃんとあるので安心。
後発の電車を待つ列もちゃんとあるので安心。
とにかく列の先頭を大人げなく死守することがポイントである。モノレールは6分間隔くらいでやってくるので、いくらでも待つ覚悟で挑む(たいていの場合、同じ覚悟のひとがいさえしなければ、次の電車くらいで座れる)。
東京モノレールの先頭車両の座席配置はかなり特殊。
東京モノレールの先頭車両の座席配置はかなり特殊。
さてこの東京モノレールだが、特等席がどの席かについては、意見のわかれるところだろう。ふつう選びがちな真ん中ふたり席の最前列は、私はおすすめしない。座席が低いのと、運転手さん真後ろの席は、途中トンネルエリアに入るときなど、反射を防ぐためカーテンを閉められることがあるためだ(「閉めるぞ、閉めるぞ」という注意書きもある)。
運転手さん真後ろの窓は、カーテンの存在に注意!
運転手さん真後ろの窓は、カーテンの存在に注意!
よって、選ぶべき特等席は右側最前列にしぼられる。
また、東京モノレールで右側をおすすめする理由はもうひとつある。窓がすごく大きいのだ。
横の窓が大きくて真下まで丸見え!ヒュー!!
横の窓が大きくて真下まで丸見え!ヒュー!!
でもって、東京モノレールは運河の上を走るので、水面を高速で走り抜けるときなんかは、ものすごい浮遊感だ。ヒャー!
でもって、東京モノレールは運河の上を走るので、水面を高速で走り抜けるときなんかは、ものすごい浮遊感だ。ヒャー!
ほとんどの時間は右の窓に顔をくっつけて、前をのぞきこむスタイルをとる。これたのしい。
ほとんどの時間は右の窓に顔をくっつけて、前をのぞきこむスタイルをとる。これたのしい。
いまいちばんのみどころは、空港に入ってからぐいっと曲がって、新しくできた国際線ターミナルにつっこんでいくところかな、やっぱり。
いまいちばんのみどころは、空港に入ってからぐいっと曲がって、新しくできた国際線ターミナルにつっこんでいくところかな、やっぱり。
東京モノレールの俺的特等席:先頭車両の右側最前列(横の窓が大きいから)
特等席GET方法:始発駅で後発を待つ列の先頭を確保
景色のみどころ:真下の運河と、羽田空港国際線ターミナル
俺的特等レベル:★★★★★

特等レベルという言い方もあれだが、だいたいこんな感じで採点していこう。

俺特2:京急線快特2100形最前列をめぐる攻防

さて次は、これもかなりの人気席である、京急線快特の2100形の先頭車両最前列をねらう。この座席、たしか日本橋から新橋までちょびっと移動する間に偶然座ったことがあったのだが、その日の用事を全部キャンセルしてこのまま終点まで行こうかと思うほどの夢の体験だった。
というわけで今回、東京モノレールと同じ始発駅作戦で、羽田空港からのエアポート快特を待とうとしたのだが。
来ないのだ。俺の2100形が。(心理的不安によりぶれた)
来ないのだ。俺の2100形が。(心理的不安によりぶれた)
電車自体にぜんぜん詳しくないので、こういうときどうしていいのかわからない。なんだか待てど暮らせど京成線の車両ばっかり来るよ!なんで!!
仕方がないのでいったん急行のふつうの車両(2100形以外に興味がなくてごめんなさい電車ファンのひと…)に乗って、本当の始発駅、三崎口のあたりまで向かってしまうことにした。
とはいえ、それも十分楽しいのだが。
とはいえ、それも十分楽しいのだが。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓