ちしきの金曜日 2012年6月29日
 

40kgの砂の有効利用を考える

例えば、砂の器を実体化したりします
例えば、砂の器を実体化したりします
先日つい魔がさして、自宅にプライベートビーチを作るという悪ノリをしてしまった。その時は楽しかったのだが、悪ノリの代償として大量の砂(40kg)が余ってしまった。

自宅の近所には本物のビーチがあるからそこにばらまくという手もあるが、せっかくお金を出して買ったものなのでそれはもったいない。せっかくなら砂を有意義に使いたいものだ。

というわけで40kgの砂の利用方法を考えてみた。
1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。
> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

砂を40kg買ってしまった

「自宅にビーチをつくろう。うん、じゃあ砂がたくさんいるよね」と思い、近所のホームセンターで40kgの砂を買いこんだのはつい先週のこと。たぶん暑さにやられて頭がくるっていたんだと思う。
これがそのブツ。今となってはぼくの頭痛のタネである40kgの砂
これがそのブツ。今となってはぼくの頭痛のタネである40kgの砂
それを一気にまく。こういう時は後先とかいっさい考えないのが鉄則だ
それを一気にまく。こういう時は後先とかいっさい考えないのが鉄則だ
プライベートビーチ完成
プライベートビーチ完成

バカンスを満喫

と、ここまでは先週のリアルタイム更新でお伝えした通り。あの時ハワイだ、リゾートだなどとはしゃいでいた裏には、後片付けの憂鬱さを吹き飛ばしたい気持ちが含まれていたのかもしれない。
とりあえずイヤなことは忘れてバカンスを楽しんだ
とりあえずイヤなことは忘れてバカンスを楽しんだ
砂あそびをしたり
砂あそびをしたり
スイカ割りをしたり。楽しかった夏のひとコマ
スイカ割りをしたり。楽しかった夏のひとコマ
とりあえずその日はプライベートビーチを満喫し。ハワイアンミュージックを聴きながらビーチサイドのチェアーで眠りについた。バカンス中は仕事のメールも基本的にシャットアウトだ。仕事とプライベートの境が曖昧になりがちなフリーランサーだからこそ、オンとオフの切り替えは大事にしたい。

そして40kgの砂が残った

一夜明けると前日のことはぜんぶ夢で、すっかり元通りの部屋になっているなんて奇跡を期待した。だが、もちろんそんなことはなく、目が覚めたら砂と向き合う現実が待っていた。
とりあえず砂をタライに集めた
とりあえず砂をタライに集めた
うむ、改めて大量だね
うむ、改めて大量だね
残ったものは大量の砂と、それと同じくらいのストレス。休暇明けに久しぶりに出社してみると仕事がどっさり溜まっていてウンザリすることがあるが、大量の砂はそんな心境を具現化したようでもある。

だが、ウダウダ言っていても仕方ない。せっかくなのでこの砂を有効に活用してみようではないか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓