はっけんの水曜日 2012年7月4日
 

日本亭の巨大唐揚げを求めて

唐揚げをのぞく時、唐揚げもまたこちらをのぞいているのだ。しかしデカいな!
唐揚げをのぞく時、唐揚げもまたこちらをのぞいているのだ。しかしデカいな!
ここ最近、猛烈に唐揚げ弁当について調査している。いろんな揚げ物を食べ続けてきたけれど、最終的に辿り着いたのがそこであったかのように。その報告を「デカさのその先へ!唐揚げ弁当行脚」という記事にしたけれど、さらにその先があった!ということで一部修正と追加報告をするでカラアゲ〜(強引な語尾のキャラ化)。
1972年佐賀県生まれのオトナ向け仕事多数のフリーライター。世間の埋もれた在野武将的スゴ玉の話を聞くのが大好き。何事もほどほどに浅く広く、がモットー。
> 個人サイト service&destroy

普通でもでかい、だがその先が見たい

前回の記事で紹介した埼玉の唐揚げ弁当のメッカ「日本亭」。まあ埼玉の、といっても北海道や関西方面も広く進出しているのでインディーズ弁当というには大きく、皆が知ってるメジャーというにはちと小さい、そんな規模の弁当チェーンだ。

前からその日本亭で噂に聞いてたのが、「唐揚げ弁当の唐揚げがでかい」。実際見てみると、ふつうに比べると量的には多かったけど、唐揚げのひとつひとつはちょっと小ぶりだった。
普通に比べれば大きいが、まだ普通。
普通に比べれば大きいが、まだ普通。
行った時間が遅かったし、おばちゃんも「小さいから多めに入れておくわね〜」と声をかけてくれたし、普段の全力ではなかったのは確かだった。言い訳しない彼(唐揚げ弁当)の代わりにフォローしておけば。

ただその後分かったのが、どうやら日本亭には上の「唐揚げ弁当」とは別に、巨大な唐揚げが乗った「デカから弁当」というのがあるらしいのだ。噂ではもともと現在の「デカから弁当」が普通の「唐揚げ弁当」として売られていたが、あまりにデカ過ぎて、これまでのを「デカから」、一回り小さいのを「唐揚げ弁当」として売り出したという経緯があるのだとか…。

しかしこの前行った時そんなメニュー無かったぽいけどなあ。まあいいや、とにかく今度こそ「デカから」を!お前との決着、ここでつける!ということで再度日本亭へ唐揚げ弁当を買いに行ってきました。デカから、デカから、今度こそ!
今度こそ真の唐揚げ弁当を!
今度こそ真の唐揚げ弁当を!
メニューも見ずにドラフト1位だ!とばかりに「デカから弁当あります?」とおばちゃんに言う。しかし「え?デカから?何?」て様子。あれ?えーと、あるんすよね?ないの?すると先輩のおばちゃんが「うちはやってないのよ〜」と。え、公式HPのメニューにはあったけど無い店もあるんだ…。

ないのかー、と思いつつも「ふつうの唐揚げの方がおいしいのよ〜。量も変わらないから!」というおばちゃんのトークに押されるように、結局普通の唐揚げ弁当を買ってしまった。おすすめトークには弱いなあ、チェーン店だから普通に考えれば味変わらないけどさ…。
ノーマル唐揚げ弁当。でも既にはみ出てる。
ノーマル唐揚げ弁当。でも既にはみ出てる。
ふつうの唐揚げ弁当に比べて山積み感あり。
ふつうの唐揚げ弁当に比べて山積み感あり。
普通のよりひとまわり大きいくらいですかねー。
普通のよりひとまわり大きいくらいですかねー。
目指したものとは違うけども、食べてみればたしかに美味いノーマル唐揚げ。大手チェーン系のさらっとした唐揚げもいいけど、この油と醤油のハミ出たインディーズ感は好きだ!やはり。
日本亭 南浦和店

埼玉県さいたま市南区南浦和2−33−1

本当にあった!でかい唐揚げ

とはいえ噂のデカから、どうにかして食いてえ!あらためていろいろ探してみて、確実にデカからがある日本亭三鷹店に来てみた。お店も今年出来たばかりとあって小綺麗だなあ。他がけっこう20世紀感たっぷりなだけに、このピカピカさはより光る。容赦ない原色感がまたいい。
まだ表面がつるつるしてます。
まだ表面がつるつるしてます。
あったー! デカから弁当。
あったー! デカから弁当。
やっと見つけましたよ、デカから弁当!さっきの南浦和店に比べてメニュー板も小綺麗だし、そもそもメニューの品も若干違うし、店によって自由があるってことか。まあフランチャイズにはよくあること。てことは味も違うのか!

とりあえずデフォルトサイズぽい「デカ4弁当」買って、食べれる広場へやってきた。ビニールから取り出すと…おお、いいはみ出具合。ソース系ならゾッとするけど唐揚げならむしろ期待の半開きっぷり。喜びがハミ出している。
蓋の奥からこんにちは!
蓋の奥からこんにちは!
おー、でかい!たしかに!ゴルフボールてより硬球?
おー、でかい!たしかに!ゴルフボールてより硬球?
あらためて500円玉と比較ください。
あらためて500円玉と比較ください。
ほぼ球です。肉球、といっても可愛くはならない。
ほぼ球です。肉球、といっても可愛くはならない。
重なりあった肉&肉。
重なりあった肉&肉。
いやー、期待を重ねただけあってデカいというか重量感がすごいです、デカから。正直、鶏からこんな肉の塊そんなに取れないんじゃ?と思ってたのだけど、かぶりつくと重なりあう肉と肉。出来たてだとジューシー感もすばらしい!この「ガッツリかぶりつく唐揚げ」感、最高です!

やはりこれくらいのボリューム感がなければ「あの噂の」唐揚げ弁当にはならない。ちなみに先日京都に行った際、せっかくだから関西の唐揚げ弁当を探そうと「唐揚げ でかい 弁当」とかで検索してみたんですが、どこもこの日本亭のものばかり!関西はあらかた支配下においてるようです。初代「信長の野望」ならもうすぐ終了ですよ。
日本亭 三鷹駅南口店

東京都三鷹市下連雀3−33−3

栃木のロードサイドにいた唐揚げキング

し・か・し。先に書いたとおり「どうやら店によりメニューが違う」ぽい日本亭。さらにすごいデカからがある、らしいのです。ということで栃木の那須塩原市までやってきました。ちなみに600円の弁当目当てに交通費4000円以上かけてきました。その価値、あってくれ!
こんな駅前の西那須野駅。ザ・郊外。
こんな駅前の西那須野駅。ザ・郊外。
でかい業務スーパーが開店したばかりらしくお客さん多かった。
でかい業務スーパーが開店したばかりらしくお客さん多かった。
空が高い&遠い。そしてカラオケ。
空が高い&遠い。そしてカラオケ。
駅から目指す弁当屋までは約1キロ強。ということで白い雲と青空が眩しい栃木の空の下をてくてく。パーンパンパンパーンと吹かせながら3人乗りと2人乗りの原付が走りさり、「飲み物食べ物持ち込み可」が売りのカラオケへと入っていく。うーん、初夏だ。

そして20分だか歩いて、目指す日本亭西那須野石林店に到着。外観からしてさっきの三鷹店とは違う手作り感。うん、ここのデカからはきっと違うゾ!勝手に確信。
パチンコ店の真正面。それもまた似合う。
パチンコ店の真正面。それもまた似合う。
大きく書かれたデカからと…コ?シヒカリ。
大きく書かれたデカからと…コ?シヒカリ。
でも名前はデカからではない。
でも名前はデカからではない。
他にない「元気なカレー」なるメニューも。
他にない「元気なカレー」なるメニューも。
もちろんオーダーは「からあげジャンボ弁当4個入り」。注文受けたおじさん、「うちの大きさ知ってます?」と確認のひとこと。それを分かってるから来たんじゃないかあ…(とは言わない)。挑発的なようだが、その次の言葉が「半分に切っておく?」なので、おじさんの優しさからのひとことだ。間違いない。

揚げたてなので10分くらいかかるよ、と言われスポーツ新聞を読みながら待つ。とりあえずさっき通った公園ででも弁当広げて食べよう!15分くらい戻るけど。あくまで車で来る場所だったな…というか、車ナシが基本で生活できる地域なんて東名阪くらいだよねえ。都心に住むと勘違いするけど。
涼しげな公園まで戻ってきました。いい日陰。
涼しげな公園まで戻ってきました。いい日陰。
出来てから15分、既にビニール袋からカラアゲ臭がぷぅ〜ん。誘いまくりだ!ということでベンチに座って、取りだしてみると…なんじゃこりゃ!
もうフタが押さえてる、とかのレベルじゃない気が。
もうフタが押さえてる、とかのレベルじゃない気が。
500円玉と比較。ハミ出すぎだよ!
500円玉と比較。ハミ出すぎだよ!
なんかもうフタしようとしても唐揚げがつっかえちゃってどうにもならない、てレベルですね。フタを開ける時のテンションがなんかランプの精でも呼び出すような感じだ。出でよ、唐揚げの精!
でけえ!なんかバランス超悪いけど惹かれる!
でけえ!なんかバランス超悪いけど惹かれる!
いちおう500円玉と比較。しかも唐揚げの表面が他と違う?
いちおう500円玉と比較。しかも唐揚げの表面が他と違う?
もはや硬球以上、ソフトボール未満てサイズでしょうか…。しかも表面がツブっとしていてちょっとフライぽい独特の唐揚げ。どうなっているんだ、栃木!しかしこれは盛り上がらざるを得ない。

ということで歓喜と共にかぶりつこうとするけど…。無理です!アゴがもう広がらない。
頭からがぶりとはいけない。削るように食う。
頭からがぶりとはいけない。削るように食う。
ふたつ食べてやっと他のおかずが見えてきた。
ふたつ食べてやっと他のおかずが見えてきた。
完全に唐揚げに隠れていたつけものの存在感、コンパで「お前いたんだ?」て言われる奴みたいな感じだ。クラスの人気者どころか学園のヒーロークラス(の揚げ物)4人が上に乗ってたらなあ、仕方ないよ。

表のフライぽい部分は予想どおり他の唐揚げよりもパリパリ。中身は三鷹の日本亭同様に重なりあう肉オンザ肉。すばらしいジューシーさは変わらない。

ちょっと高めに持ち上げて写真撮ってたら、うっかり落下!バキ!ひゅー、容器に落ちてよかったよかった…。でもバキって何だよ、とよく見ると…。
唐揚げの重みで破損、てなかなかない。
唐揚げの重みで破損、てなかなかない。
いやあ、栃木まで来たかいがあった。チェーン系でこのばらつき、他も行きたくなるなあ。
日本亭 西那須野石林店

栃木県那須塩原市317−10
あらためて3つの唐揚げ弁当の写真を並べてみます。容器のサイズが同じだけに、その大きさそれぞれ感が伝わってくると思います。ちなみに一番上のだけノーマル唐揚げ弁当なのでお値段若干お安めです。
進化過程みたいだ。
進化過程みたいだ。
ただ、日本亭の唐揚げ弁当には今回調査できなかった謎がまだある。それは「北海道のデカからには醤油・塩・スタミナ(にんにく)味がある」という噂があるのだ…。いつか食べてみたいなあ。それまでは唐揚げ弁当の旅は終わらないのだ。(第一部完)

すごい大げさな看板。産まれる!
すごい大げさな看板。産まれる!

栃木は隠れた唐揚げ帝国なのか

栃木は他にも唐揚げ弁当がすごいといわれる場所があったのだけど、これひとつで腹がギブアップ…。いつか行きたい宇都宮の唐揚げ弁当!
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓