はっけんの水曜日 2012年7月4日
 

どうでもいいことを微速度撮影する

この記事の要素をすべて詰め込んだ写真
この記事の要素をすべて詰め込んだ写真
最近、微速度撮影に興味がある。

微速度撮影とは、一定の間隔で撮影した写真をパラパラ漫画のように動画にすることで、ゆっくりした動きのものをスムーズな早送りで見ることができる方法だ。

もともとは植物が成長する様子とか、星の動きなどを観察するために使われていたけど、カメラがデジタルになり性能も上がったことで、誰でも簡単に微速度撮影ができるようになった。

僕も撮ってみたい。何かこう、どうでもいいものを。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

どうでもいい成長記録

微速度撮影と言うと、最近は都市や大自然を撮ったダイナミックな映像が多い。どれもかっこよくて美しいものばかりなので、後発の僕としてはもっとどうでもいいものを撮ってみたい。

当サイトでは、6年前に三土さんがトライしている(2009年には工藤さんも取り上げているけどこれはトライと言っていいのか)。

先人たちのチャレンジに敬意を表しつつ、当時と比べてカメラの性能もネット環境も飛躍的によくなったいま、新たな境地を開拓したいと思う。
乾燥わかめが戻るまでを!
乾燥わかめが戻るまでを!
たとえば、乾燥わかめを水で戻す様子はどうだろう。あの増え方は尋常じゃないけど、じっと見つめていても、ゆっくりすぎてわかめが戻るダイナミズムは感じられない。

いつも、ちょっと目を離した隙に「元から生でした」といった顔で奴らは平然と瑞々しい姿を晒しているのだ。

というわけで、乾燥わかめとカメラを用意して、およそ20分間撮影してみた。
生活感丸出しの使いかけで申し訳ない
生活感丸出しの使いかけで申し訳ない
三脚立ててわかめを撮る日が来るとは
三脚立ててわかめを撮る日が来るとは
...すごいとしか言いようがない。ちょっと目を離した隙に、キッチンの端ではこんなビッグバンが起きていたのだ。このわかめの膨張具合を見ると、人間の身体の70%が水分だ、というのも頷ける。

ちなみに、この動画の再生スピードは、水を注ぐところがおよそ2倍、その先は約20倍に早送りしている。

カメラのシャッターのタイミングは、よく分からなかったのでできるだけ連射にしてみた。なので撮影枚数は5000枚以上。途中でわかめが戻るスピードにムラがあるのは、カメラのメモリーカードが読み込みに手間取ってシャッターが切れなかったから。

試行錯誤でいろいろ改善点はあるけど、肝心のわかめが戻っていく様子はよく分かると思う。
これがまさかあんなことになるとは
これがまさかあんなことになるとは

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓