ひらめきの月曜日 2012年7月9日
 

ハンバーグ食べ放題で世界一周

オランダ代表の暴力的な姿
オランダ代表の暴力的な姿
この記事の題名は「ハンバーグ食べ放題で世界一周」というものである。食いしん坊な小学生の寝言のようでもあるが、あくまでリアルなレポートだ。

念のためもう一度書いてみよう。ハンバーグ食べ放題で世界一周。「信じれば夢は叶う」的な話ではない。次々と繰り出されるハンバーグとしっかり向き合ってみたい。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「逆にキツネをつまんでみた」
人気記事:「逆にキツネをつまんでみた」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

密かに開催されたハンバーグワールドカップ

ハンバーグ食べ放題で世界一周。一瞬「男のロマン」と思わせておいて、どうしてもバカな感じがぬぐえない響き。

実際に世界を飛び回って世界のハンバーグを食べる旅をしたら突き抜けた本気だが、そこまでしなくても夢が叶う場所が日本にはある。
がんばり過ぎて元気がない
がんばり過ぎて元気がない
煌々と輝くハンバーグの文字
煌々と輝くハンバーグの文字
やってきたのは浅草にある「モンブラン」というお店。看板にもあるように、鉄板焼きハンバーグが売りの洋食屋さんだ。写真の私に精気がないのは、このために朝昼と食事を抜いてきたからだ。

私は以前、当サイトの「勝手に食べ放題」という企画で、ハンバーグファミレス「ビッグボーイ」に行って、好きなだけハンバーグを食べる記事を書いたことがある。お金さえ追加して払えば、全ての食べ物は食べ放題なのだ。しかし、今回の店はそうではない
気になるスカイツリーメニューもあるが
気になるスカイツリーメニューもあるが
俺の目的はこれだ!
俺の目的はこれだ!
食べ放題がシステムとして設けられている店なのだ。桃源郷は実在したのだ。

今回は中でも最高峰のコース「満足セット」をチョイス。レギュラーメニューから数点除いたほぼ全てのメニューが食べ放題、さらに飲み放題もついて3時間で4490円。

テーマパークの入園料くらいだろうか。確かに飲食フリーダムのテーマパークとも考えられよう。
メニュー見たら元気出てきた
メニュー見たら元気出てきた
「世界一周」と銘打っているのにも理由がある。このお店、ハンバーグを世界各国風にアレンジしたメニューを6種類も揃えているのだ。

普通だったら目移りしてどうにかなってしまいそうだが、今日ばっかりは自由に選べる。選択する悩みから解き放たれたのだ。さあ、旅に出かけよう。
ハンバーグの向こうに凱旋門が見える
ハンバーグの向こうに凱旋門が見える
湯気立ち上るジローラモ
湯気立ち上るジローラモ
最初の目的地はヨーロッパにしよう。ワインとマッシュルームが入ったデミグラスソースのフランス風ハンバーグと、ピリ辛トマトとチーズソースのイタリア風ハンバーグを発注だ。
ツンドラの大地にハンバーグが映える
ツンドラの大地にハンバーグが映える
風車とチューリップとハンバーグ
風車とチューリップとハンバーグ
今回のハンバーグの旅には、ライターの小堺さん・平坂さんにもご同行願った。小堺さんはロシア風、平坂さんはオランダ風からのスタートだ。

それでは鉄板をカチンと合わせて、世界一周の旅に出かけよう。ボン・ボヤージュ!と、口に出すのは恥ずかしいので、心の中でひっそりと思う。
眉毛の移動量に驚いた
眉毛の移動量に驚いた
まずはフランス風から攻略。本体部分は混ざり物でかさを出すことなく、ぎっしり肉が詰まっているタイプのハンバーグ。使用している肉は国産牛の肩ロース100%だそうだ。

そこにベーシックなデミグラスソースの味わいが合わないはずがない。変化がほしいと思って一緒に注文したイタリア風も、トマトとチーズがいかにもイタリアンでこちらも約束されたおいしさ。

もともと食べ放題用に作られているわけではなく、あくまでレギュラーメニューが食べ放題というところにも、味の保証がされている。さあ、まだ旅は始まったばかりだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓