はっけんの水曜日 2012年7月11日
 

有明海の珍魚、ムツゴロウを釣ってみたい

有明海までムツゴロウを釣りに行きました。
有明海までムツゴロウを釣りに行きました。
日本一広い干潟が広がる有明海には、ムツゴロウというハゼの仲間の魚が住んでいて、それを引っ掛けて釣る「むつかけ」という伝統的な漁法がある。

このむつかけを一度やってみたいのだが、数ある釣りの中でも一番といっていいくらい、素人が手を出しにくい釣りなのである。

これをどうにか体験できないものかと調べてみたら、佐賀にある道の駅で、カジュアルに教えてくれることがわかった。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

ガタリンピックの舞台、道の駅鹿島にやってきた

ムツゴロウを釣るむつかけ漁を体験できるのは、ガタリンピックという干潟でおこなうスポーツ大会の舞台でもある、道の駅鹿島。

マジャク釣り大会(この記事)以来、5年振りに訪れた有明海には、相変わらず広大な干潟が広がっていた。
干潟が俺を呼んでいる。
干潟が俺を呼んでいる。
昆布が干してあるのかと思ったら、干潟用の足袋だった。
昆布が干してあるのかと思ったら、干潟用の足袋だった。

30年振りにあらわれたむつかけ師の後継者

むつかけを教えてくれるのは、30年振りに出現したという、むつかけ漁後継者の池田さん。私と同い年の青年である。よって私も青年だ(今年で36歳)。

池田さんは一昨年の夏にむつかけ名人のもとに弟子入りして、普通は一人前になるまで10年掛かるといわれているところを、人の何倍も干潟に通って、僅か2年でマスターしたという努力の人だ(本人にいわせるとまだまだらしいですが)。

むつかけ師といっても、専業漁師としてではなく、この道の駅で「干潟インストラクター」として勤務している。
最年少むつかけ師の池田さん。新たな後継者が現れるまで、ずっとずっと最年少。
最年少むつかけ師の池田さん。新たな後継者が現れるまで、ずっとずっと最年少。
教わる側の私はというと、むつかけ漁に対して、まあまあ本気である。でなければ、わざわざ佐賀まで来たりはしない。

もし私にむつかけの才能があったらならば、この干潟で新しい人生を送ってみてもいいかなと妄想するくらいにモチベーションは高い。

まあこれはフルマラソンを走ったことのない人が、東京マラソンで1位になってオリンピック代表に選ばれたらどうでしょうみたいな、あくまで妄想の世界だけど。今のところは。
本気の格好でやってきました。
本気の格好でやってきました。
ところで今回の旅では、せっかく九州にいくのだからということで、宿はライターのT・斎藤さんが住む長崎に取り、そこから一緒に来てもらった。
斎藤さんの干潟スタイルは、もちろんステテコだ。
斎藤さんの干潟スタイルは、もちろんステテコだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓