はっけんの水曜日 2012年7月11日
 

子供のイラストが妙な表情してる遊び

!
先日なんとなくネタになるかなと思い、 図書館でむかしの子供の遊びを紹介した本を読んだ。

その本には楽しそうな遊びからちょっとそれはどうかと思うようなものまで 知らない遊びがいっぱい載ってる。 とくにそういう遊びに詳しいわけでもなかったから、 日本の遊びの文化に心奪われた。

しかしもっとも心奪われたのは、そこに載ってたイラストだった。 遊んでる子供がなんだか楽しくなさそうなのだ。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。

前の記事:「壊れた傘を再利用したら鈴鳴りマシンになった」
人気記事:「食べるラー油で揚げるとすごくおいしい」

> 個人サイト こざとへんなところ+++

遊ぶことの光りと闇

そのイラストが載っている、図書館で借りた本はこの2冊。
リアルタッチのイラストから漂う不穏な空気。
リアルタッチのイラストから漂う不穏な空気。
もちろん内容はいたってまじめで、自然物を使った楽しい遊びが紹介されている。
エノコログサ、通称ねこじゃらしを使った遊びなど。
エノコログサ、通称ねこじゃらしを使った遊びなど。
うん、遊んだことある。本当に猫をじゃらせたりして楽しいエノコログサだ。 当然本にはそれだけではなくもっと活用した遊び方が載っている。

例えば裂いた穂先を鼻の下につける「ひげ」という遊びだ。
すごい不満顔。
すごい不満顔。
鼻の下に乗せるために口を突き出さないといけないのは分かるけど、 その顔はどうだろう。

本人が好きでやってるわけじゃないのか。 まさか親がムリヤリ・・・そんな裏事情を想像してしまう。
ドングリでやじろべえを作るオーソドックスな遊び。
ドングリでやじろべえを作るオーソドックスな遊び。
今度はかつてないドヤ顔。
今度はかつてないドヤ顔。
楽しいのは分かるけどなにもそこまで自信満々でなくても。 いや実際に遊んでみたらそうなるのかもしれない。こればかりはやってみないと分からないか。

当然ながらこのような遊び自体よりも注目してしまうイラストは全体の2割程度で、 ほとんどは素直に楽しそうなイラスト。ただやはりグッと来るイラストが印象に残る。 他にも抜粋してみよう。
そんな顔するならやめればいいのに。
そんな顔するならやめればいいのに。
この女、夜を知っている。
この女、夜を知っている。
頼むから楽しそうに遊んでくれ。
頼むから楽しそうに遊んでくれ。
だからといってこんな笑顔はなんかヤだ。
だからといってこんな笑顔はなんかヤだ。
ひとつひとつの遊び自体は楽しそうなのに、妙な味わいのイラストによって 全体的にかわいそうな雰囲気を感じてしまうのはなんでだろう。
顔がふつうじゃない。
顔がふつうじゃない。
「スキー、買ってもらえんかった…」
「スキー、買ってもらえんかった…」
「靴も買ってもらえんかった…」
「靴も買ってもらえんかった…」
なんかがんばれ、となぜか応援したくなる。遊んでるだけなのに。
これは楽しそう。
これは楽しそう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓