フェティッシュの火曜日 2012年7月17日
 

若者のお尻の穴を食べた

!
突然だが、もう亡くなってしまった僕の父方の祖父母は有明海沿いの町に住んでいた。少年時代の僕は、遊びに行く度にカニをはじめとする有明海の特産品を食べるのを楽しみにしていたものだった。
そんなある日、祖父がバリバリの九州弁で「有明海の若者の尻の穴は美味い。」と驚愕の一言を放った。
小学生だった当時の僕は「さすがじいちゃん、人生経験の厚みが違うぜ!」と感心していた。
月日は流れて十数年、僕も成長して大人になった今、そろそろお尻の穴のひとつでも経験しておこうかと思い立ち、有明海へと飛んだ。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

有明珍味の数々に圧倒される

一応断っておくが、「若者のお尻の穴」とは食べ物の名前である。ご安心頂きたい。
バフンウニよりも食材にふさわしくないネーミングだと思うのだがどうか。
道の駅では「よく来てくれたな!」と佐賀弁で歓迎された。
道の駅では「よく来てくれたな!」と佐賀弁で歓迎された。
若者のお尻の穴は有明海名物であるという。有明海の若者の・・・。荒海で鍛えられた屈強な海の男を連想させるではないか。なぜか心ときめく。
さて、地域の特産品ならとりあえず道の駅だろうということで、佐賀県は太良町の道の駅を訪れた。
ムツゴロウが当然のように売られている。「地もの」って、そりゃそうだろう。
ムツゴロウが当然のように売られている。「地もの」って、そりゃそうだろう。
館内は興味深い有明海の幸であふれている。
エイリアンみたいでかっこいいワラスボの干物。
エイリアンみたいでかっこいいワラスボの干物。
現地では「くつぞこ」と呼ばれて親しまれているシタビラメの一種なのだが…
現地では「くつぞこ」と呼ばれて親しまれているシタビラメの一種なのだが…
なぜか品名が「カニ」。
なぜか品名が「カニ」。
…確かに海の幸は豊富だが、若者のお尻の穴は見当たらない。
僕が見たいのは若者のお尻の穴なのだ。お尻の穴が見たいのだ。

職員の方に訊ねてみると、太良町のあたりではあまり若者のお尻の穴は食べないらしい。よく食べられているのは有明海沿岸でも限られた地域で、たとえば福岡県柳川が有名だそうだ。
というわけでやってきましたよ柳川。なるほど、噂にたがわずきれいな街並みだ。
というわけでやってきましたよ柳川。なるほど、噂にたがわずきれいな街並みだ。
柳川といえば風光明媚な観光地として知られている。お尻の穴などというワードとはなかなか結びつかないが本当にこんなところで見つかるのだろうか。
柳川は詩人北原白秋の出生地でもある。そして尻の穴の産地でもある。
柳川は詩人北原白秋の出生地でもある。そして尻の穴の産地でもある。
ムツゴロウカニ合戦?ストーリーの読解が困難な壁画を発見。
ムツゴロウカニ合戦?ストーリーの読解が困難な壁画を発見。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓