ひらめきの月曜日 2012年7月16日
 

クールさ基準でジャンケン対決

このあと必殺のグーチョキパーが繰り出される
このあと必殺のグーチョキパーが繰り出される
「ジャンケン」というシステムがある。グー・チョキ・パーの手の形を出し合って、勝敗を決めるものだ。 誰でも子供の頃から何度もしてきていると思う。どうだろう、もうそろそろ飽きてる頃ではないだろうか。

来る日も来る日も決まり切ったグーチョキパー。そういう制度から自由になってジャンケンをしてみたい。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「ハンバーグ食べ放題で世界一周」
人気記事:「逆にキツネをつまんでみた」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

勝敗基準も曖昧な新ジャンケンシステム

生まれてからこれまで、大人ならもうそれぞれ何百回レベルで出しているであろうグーチョキパー。冷静に考えれば、うんざりしてきてもおかしくないはずだ。

そんな停滞を打破するべく、新しいジャンケンを考えてみたい。
格闘ゲーム風の構えから
格闘ゲーム風の構えから
まず相手になってもらったのは、当サイトのライター、平坂さん。シャッターの下りた夜の商店街でファイティングポーズを取って向き合ってみる。
最初はグー!
最初はグー!
ジャーンケン…
ジャーンケン…
通りすがる人たちの中には、私たちを見てハッとして「…こいつら、やんのか?」という顔になる人もいる。しかし安心してほしい、僕らがやろうとしているのはジャンケンだからだ。あくまで平和的なのだ。
ホーイ!
ホーイ!
新ジャンケンでは、それぞれが自分なりのグーチョキパーいずれかのポーズを出す。既存のグーチョキパーにとらわれることなく、全身を使って表現することにしたい。
「ウオリャー!」(パー)
「ウオリャー!」(パー)
「フッ…」(パー)
「フッ…」(パー)
両腕をねじって前に突き出した私に対して、斜めに背を向けて振り向きざまに手を出した平坂さん。形の種類は共にパーだ。

通常のジャンケンの場合、これは「あいこ」となるわけだが、新ジャンケンでは違う。
どっちでもいいこと聞いちゃってごめん
どっちでもいいこと聞いちゃってごめん
審判の裁定は絶対と自分に言い聞かせて
審判の裁定は絶対と自分に言い聞かせて
このジャンケンでは審判を設け、勝敗を判断してもらうことにする。その基準は「クールさ」だ。今回のジャッジは同じくライターの小堺さんにお願いした。

判断内容がどうでもいいことゆえに、笑顔になるしかない小堺さん。判定をお願いすると、勝者は平坂さん。

確かに写真を見ると、自分でもそう思う。クールとは何かは自分でもよくわからないが、その要素は平坂さんの方が上なのはわかる。悔しいけど結果を受け入れよう。
いつの間にか小堺さんの心に火が付いてた
いつの間にか小堺さんの心に火が付いてた
このクールジャンケンは男女共通の競技。続いての相手として小堺さんにお願いしたところ、なぜか上着を脱ぎ始めた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓