はっけんの水曜日 2012年7月18日
 

「顔が下書きの人」になりたい

出オチですわ。
出オチですわ。
あまり目立たない様に生きてきたつもりだ。大体、集団の中で目立つとろくな事にならない。帰りの会で女子に吊し上げられる。「松本君がふざけて困ります!」みたいな。だから出来るだけ周りを観察して、周りと同じように振る舞い目立たないように努めてきた。変わり者とは思われたくない。

が、なんの因果かこうしてインターネットに顔も本名も晒して主に奇行の記事を書いている。変わり者と思われていやしないか心配である。そこでいま一度、僕は集団の中に埋没したいと思ったのだ。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。
> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

「悪魔(デイモス)の花嫁─最終章─ 原作あしべゆうほ 作画池田悦子」2巻P55より引用。
「悪魔(デイモス)の花嫁─最終章─ 原作あしべゆうほ 作画池田悦子」2巻P55より引用。

下書きの人ってなんだ

「下書きの人」というのは、漫画などで顔のパーツが省略されて描かれている人の事だ。

いくらでもあるだろうと手持ちの漫画を探してみたら全然見つからなくて、どうにか1コマだけ見つけたのが左の画像だ。目鼻を省略して十字だけが描かれている。

大きく描いてみると、こんな感じだろうか。
これが下書きの人。顔が線二本で済むので楽。ちょっと銀河鉄道999の機械伯爵っぽくもある。
これが下書きの人。顔が線二本で済むので楽。ちょっと銀河鉄道999の機械伯爵っぽくもある。
下書きの人が漫画に出てくるときは、人間って言うよりは背景として描かれる。背景なので表情などはいらないのだろう。

今日、僕は背景みたいな人になりたいのだ。

お面を作ろう

自分の顔を塗りつぶして十字を描けば良いような気もしたが、呼吸とか色々心配なのでお面を作る事にして材料を買ってきた。
工作用紙はマス目が描いてあるので便利です。
工作用紙はマス目が描いてあるので便利です。
こういう骨組みを作ります。
こういう骨組みを作ります。
お面なんて作ったことないのでネットで作り方を探した。工作用紙で骨組みを作って、そこに紙を貼ればいいのらしい。なるほど、張りぼてである。
骨組みは大体こんなもんか。
骨組みは大体こんなもんか。
新聞紙をちぎって貼って、上からコピー用紙をちぎって貼った。
新聞紙をちぎって貼って、上からコピー用紙をちぎって貼った。
張りぼて作りは地道な作業である。僕は工作とかプログラミングとか、ちまちました作業が大嫌いだ。が、自分で作るしかないのでどちらもたまに頑張っている。過程は嫌いだが、完成すると嬉しい。

ペタペタと紙を貼っていくと手がベタベタになり、クタクタになった頃出来上がった。
裏から見るとこんな。裏は新聞紙のまま。
裏から見るとこんな。裏は新聞紙のまま。
肌色に塗ります。
肌色に塗ります。
張りぼての表面は肌色に塗る。乾いたら、十字を描いて出来上がりだ。
絵の具が乾いたら土台完成。
絵の具が乾いたら土台完成。
こういうパンを見たことがある。
こういうパンを見たことがある。

平たいお面も作っておこう

立体的なお面が1つ出来た。これをいくつも作るのは大変なので、平たい「下書きの人お面」も作る事にした。
ケント紙を適当に切って肌色に塗る。
ケント紙を適当に切って肌色に塗る。
猫が邪魔しにきた。
猫が邪魔しにきた。
次々に工作をしていたら猫がやってきた。黒猫のなつめさんは工作をしてると大体寄ってくる。僕の代わりに工作をしてくれたら良いのだが、肉球で筆は持てまい。猫の手は借りたいが役に立たない。

なお、猫はもう1匹いるが、そいつは工作には一切興味がない。というか、普通の人間に興味がない様だ。涼宮なんとかみたいな猫である(オスだけど)。
出来た。ドイツの酸っぱいパンマンのお面!いや違う。下書きの人お面その2だ。
出来た。ドイツの酸っぱいパンマンのお面!いや違う。下書きの人お面その2だ。
神はおっしゃられました。

「汝、工作を終えたらお外へ出てお天道様の下で撮影をしなさい」

と。なので、行ってきマース!!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓