ひらめきの月曜日 2012年7月23日
 

トランプタワーに地震対策をする

!
遊びに、アンバランス系というジャンルがあると思うのだ。トランプタワーとか、ジェンガとか。ドミノ倒しなんかもここに分類してもいいかもしれない。

僕は心配性なので、ああいうの見てると、ついつい心配になってしまう。地震のことだ。クラス全員で1週間かけて並べたドミノ、地震が来たら、たとえ震度1でも、全部のドミノが「済」になってしまう可能性がある。ドミノだけじゃない。手に汗握って作ったトランプタワーだって…。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。

前の記事:「みんなのいらないものを638個も集めた」
人気記事:「ゆるキャラに支配される熊本と脳」

> 個人サイト nomoonwalk

地震対策グッズいろいろ

そういうわけで今回は徹底的に地震対策をしてみる。まずは地震対策グッズを見にお店にやってきた。昨年のこともあって、お店では売り場がかなり大きくなっている。こちらはうちの近所のホームセンターの様子。
もうみっしりである
もうみっしりである
グッズのほとんどは、家具の転倒防止に関するものだ。
何軒かのお店を回ってみると、これら転倒防止グッズはいくつかの種類に分けられることがわかった。

1.壁に固定するタイプ

これはワイヤーで固定するタイプ
これはワイヤーで固定するタイプ
金具を壁と家具の両方に取り付け、ワイヤーや鎖、ベルトなどで引っ張っておくことで、転倒を防止するものだ。ほかにL字型の金具で直接家具を壁に固定してしまうものもある。愛情を束縛で表現するタイプのグッズたちである。

2.天井に固定するタイプ

かなりデカイのもある
かなりデカイのもある
いわゆるつっぱり棒。天井と家具の間をつっぱっておくことで、家具を固定する。一本の棒に足がついた構造のものが多いが、中にはこんなのもある。
自動車修理のジャッキみたいだ
自動車修理のジャッキみたいだ
うっかり締めすぎると天井をぶち抜いてしまいそうな迫力。どうでもいいけど「ふんばりくんZ」という名前にはシンパシーを感じる。

3.床に固定するタイプ

いわゆる耐震マット
いわゆる耐震マット
これはタンスなどの大物ではなく、OA機器みたいな小物に使われる。粘着かつ揺れを吸収するマットで、家具を床にくっつけてしまうことで倒れなくする。
デモがあったんだけど、軽く目を疑うほどのくっつきぶり
デモがあったんだけど、軽く目を疑うほどのくっつきぶり
これだけくっつくなら手足につければ壁を登れるんじゃないかとかいろいろ思いつくが、それはまた別の機会に。

4.傾けるタイプ

幅の広いドアストッパーみたいなやつ
幅の広いドアストッパーみたいなやつ
家具前面の足の下に挟むことであらかじめ壁側に傾けておき、手前に転倒しないようにする。
単純すぎる仕組みに、え、こんなのでいいの…?という気がしないでもないけど、Amazonで高評価のレビューがたくさんついてたので意外に実力は確かなようである。

5.飛び出し防止タイプ

転倒防止とはちょっと違うんだけど、たとえば地震の揺れで食器棚から皿が飛び出て割れたりすると大変危険だ。それを防ぐためにこんなのがある。
戸開き防止チェーン
戸開き防止チェーン
他にも同じ目的で、食器の下に敷く滑り止めシートなんてのも。
これらは家具全般に使える他のタイプと比べて、用途がニッチだ。さらにネットで調べてみると、液晶テレビ専用固定金具とか、本棚専用の滑り止めシート、ピアノ専用ストッパーなんてのもあるようだ。極めつけが「地震対策専用墓地」。これだけで記事一本かけそうなレベルのニッチさである。

このように一口に地震対策グッズといってもいろいろあるんだけど、これらは全体に家具を対象に作られている。それを無理矢理トランプタワーに転用しようというのが今回の企画だが、はたして耐震性能は上がるのだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓