デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日 2012年8月6日
 

「湖面から突き出た足」製氷器を作る

怖〜い、涼し〜い。
怖〜い、涼し〜い。
暑い。この前置きで説明するのももうやんなるくらい暑い。何をしても暑い。暑さ対策をしても、窓の外はものすごい日差しだ。どこに行っても空気がもわっとする。

せめて、目で見るものから涼しさを得たい。ならこんなのはいかがか。「湖面から突き出た足」だ。
乙幡啓子 乙幡啓子(おつはたけいこ)
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

あまりにも有名な足

横溝正史原作の映画「犬神家の一族」。犬神家当主が残した奇妙な遺言書をめぐり、一族の間で醜い争いが起こり、やがて陰惨な連続殺人が展開されていく―。

公開されたのは1976年、自分が6歳のころだ。幼い頃の自分が本編をじっくり見たことはないと記憶しているが、それでもあの「スケキヨの白い顔」と「湖面から突き出た死体の足」は強烈に心に刻まれた。なんて恐ろしげな映画なんだ。絶対2度と見るまい。そう誓った。
これが有名な「湖面の死体」のシーン。意外と小さい。
これが有名な「湖面の死体」のシーン。意外と小さい。
こういう氷を作ったら、さぞ涼しそうだろうなぁ。
こういう氷を作ったら、さぞ涼しそうだろうなぁ。
けれども近年、私の中で横溝ブームが起こり、DVDを片っ端から買って見まくった。数回にとどまらず、作業中にもBGVとして、さて何十回見ただろう。そして、白い顔は言うに及ばず、湖面から出た足も、今見たらそんなに怖くはない、ということがわかった。大人になったからか、むしろ滑稽にも感じられる描写である。

だが仮にも「死体の足」である。そしてただの死体ではなく、殺された人の死体である。実際、幼い頃には怖かったんだ。恐ろしい、ああ、なんて恐ろしいんだ。ということにして話を進めたい。

この足の形の氷を作って、グラスの中に浮かべ、怪談や肝試しの要領で涼を得てしまおうと、こういう計画であります。ではさっそくその「足」のモデルを探しましょう。
企画の元になったのはコレ、白熊が水上に浮かんでる製氷器だ。こんな風に、あの足を。(「DIME」2011年16・17合併号より)
企画の元になったのはコレ、白熊が水上に浮かんでる製氷器だ。こんな風に、あの足を。(「DIME」2011年16・17合併号より)

彼がタコでなくてよかった

つまりあの足の形の製氷皿みたいなものを作るわけで、まずは元の足を作らねばならない。そこから型を取って水を流し込んで氷を作るのだが、失敗が怖いので一から足を作ることは避けたい。どこかにいいモデルはないものか。
いた。こっちのほうが怖くないか?
いた。こっちのほうが怖くないか?
某アニメ映画に出てくるアンドロイドのフィギュアである。この足なら生々しそうだし、いいのではないか?と小躍りした。このまま型とっちゃえばいい。だがしかし。
でかい。風情も何もあったもんじゃない。
でかい。風情も何もあったもんじゃない。
普通に水やお茶を飲むグラスに例の「スケキヨ足(正確にはスケキヨ本人ではないが)」を浮かべたいのだが、それにしてはこのアンドロ足はでか過ぎる。マンホールに頭からはまった、みたいなドタバタ劇に終わりそうだ。もっと小さい人体はないか。

家にはそういう人体はなかったので、仕方なく100円ショップに行って、リカちゃん的人形を買って来た。これならサイズもぴったしだ。
着せ替えフレンド・エリーちゃん、ごめんねこんな役で。
着せ替えフレンド・エリーちゃん、ごめんねこんな役で。
はい、いきなり足をもぎますよ。
はい、いきなり足をもぎますよ。
膝を曲げたい、がしかし!
膝を曲げたい、がしかし!
さすが100円人形である。リカちゃんと違い、この足は自由に曲がらないのだ。中は中空で、簡単には曲げられない素材だった。あの「湖面から出た足」を再現するのに、やはり足は曲がっているほうがそれらしいと思うので、さてどうしたものか。

仕方がない、切って隙間を埋めるか。だいたいこういう予想外の作業で、いつも時間をとることになるのだった。
買ったときからある「バリ」を削る。
買ったときからある「バリ」を削る。
関節手術をいたす。
関節手術をいたす。
パテを盛って、無理やり足曲げ手術が完了。
パテを盛って、無理やり足曲げ手術が完了。
丸1日かけて元の型が完成。膝下も少し短くした。
丸1日かけて元の型が完成。膝下も少し短くした。
この青い土台に足を埋め込んで、このまま土台ごと型をとるだけ、かと思いきや、もんもんと考えねばならない問題に突き当たった。抜けないんだ、きっとこのままでは。詳しくは下の図のとおりである。
詳しくは、にしてはスカスカな図。
詳しくは、にしてはスカスカな図。
点線の部分がみっちり全部シリコーンのつまった製氷型であるとして、足と土台部分が空隙になっているとしよう。この空隙に水を入れて凍らせ、上にスポッと抜こうとしても、太線の部分が型自体に邪魔され、うまく取れない恐れがある。いや、うまくとれないに決まっている。こういう空間把握能力に乏しい自分でも、わかる。

なので仕方なく(何度「仕方なく」とこぼしているのか。これもきっと暑さのせいだ)足1本ずつを、2面から型を取ることにする。俄然不安になってきた。


 つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation