ロマンの木曜日 2012年8月16日
 

大都会のアリジゴクを見てみたい

!
蟻地獄。
もがいても、もがいても、抜け出せない、苦しい状況の比喩では無い。
僕が見つけたいのは、実体のある昆虫としての蟻地獄だ。というわけで東京の都心へと探しに出た。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

夏、アリジゴクの季節

アリジゴクを知らない人はいないだろう。
でも実際に見たことがある人は、3割ぐらいじゃないだろうか。
珍しいものではなく、郊外であれば寺の軒下などに普通にいる。
近所の神社、ほこらの軒下。(茨城県つくば市)
近所の神社、ほこらの軒下。(茨城県つくば市)
さっそく発見。
さっそく発見。
すみやかに確保!(やや小さめ)
すみやかに確保!(やや小さめ)
とまあ、探して2分でつかまえた。
夏は乾燥して地面がぱっふぱふになるので、見つけやすい。
このアリジゴクを大都会から見つけ出すのが今日のミッションだ。
東京と言えば東京タワー、まずは東京タワーのある港区・芝公園に向かった。
まさに東京タワーの真下にあります。
まさに東京タワーの真下にあります。
1.東京タワーのお膝下、芝公園
今日は自転車で都会を回ります
今日は自転車で都会を回ります

大きな地図で見る
割と広い公園。
アリジゴク探しの基本は、雨の当たらない乾いた地面である。乾いてぱふぱふしてそうな地面を、地道に探っていく。
ベンチの下とか。(いなかった)
ベンチの下とか。(いなかった)
自販機の下とか。(いなかった)
自販機の下とか。(いなかった)
この謎の石ベンチの下とか期待できる。(いなかった)
この謎の石ベンチの下とか期待できる。(いなかった)
橋の下とかも。(猫がいた)
橋の下とかも。(猫がいた)
「いねぇな……。アリジゴク」
「いねぇな……。アリジゴク」

こんな時こそ神頼み(寺社の軒下を探す)

やはりそう簡単には見つからない。
しかし、そんな予想も含めて芝公園をセレクトしてある。
芝公園には、増上寺 という、徳川将軍家が祀られた由緒あるお寺があるのだ。
アリジゴク探しの基本は、寺社の軒下 である。郊外であれば、ほぼ百発百中で観察することができる。僕は100%の自信をもって増上寺へ向かった。
これが増上寺。立派なお寺だなー! 全部コンクリだ!
これが増上寺。立派なお寺だなー! 全部コンクリだ!
もうそれは一部の隙もないコンクリートジャングルだった。カッツカツのカッチカチだった。
うっかり忘れていたが、ここは大都会なのだ。寺社だからといって、軒下が土とは限らない。アリジゴクの入り込む余地など、みじんも無かった。
僕は失意のうちに芝公園を後にした。
!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓