フェティッシュの火曜日 2012年8月28日
 

ベイエリアから深海まで!東京湾のサメを狩れ!!

こんなやつらが東京湾で釣れちゃうんだ…!
こんなやつらが東京湾で釣れちゃうんだ…!
「東京は自然が少ない」「都会を離れて珍しい生き物がたくさんいる沖縄や海外に行きたい」「子どもたちに自然に親しむ機会を…」
…自然を愛しつつも都心部に住んでいる人々はこういった愚痴をつぶやきがちである。
確かにそうだ。里山はおろか草むらもほとんど残っていないから昆虫採集をするのも至難である。
だがちょっと待ってほしい。自然と言うのは僕らの足の裏より低い場所にも広がっているじゃないか。
そう、海だ。都心部在住の都会っ子たち、カブトムシは遠出しないと採れないかもしれないけど、もっとワクワクするような怪物が東京湾には潜んでいる!!
さあ、少年少女よ!そして童心に帰りたい大人たちよ!今すぐ、東京湾へ繰り出そう!!
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「ドライアイスでスイカがシュワシュワに!!」
人気記事:「ドライアイスでスイカがシュワシュワに!!」


東京湾にもサメはいる

東京湾には僕らが思う以上に色々な魚がいる。スズキ、アジ、サバ、アナゴ、メバル…おいしくて釣り人に人気のある魚だけでも数えきれない。
そういった魚を釣らせてくれる釣り船もたくさんあるのだが、今回紹介する船は他とは一味違う大物を釣らせてくれる。サメだ。
横浜は磯子から出る船に乗る。赤い帽子の方は船長。この写真だと怖く見えるけど実際はとても優しいナイスガイ。
横浜は磯子から出る船に乗る。赤い帽子の方は船長。この写真だと怖く見えるけど実際はとても優しいナイスガイ。
その釣り船の名は「てきと丸」。東京湾で唯一サメを「狙って」釣らせてくれる船だ。
サメ。英語で言うとシャーク。まぎれもない大物。海の怪物だ。それを釣らせてくれるだと?
そんな魅力的な釣り、やってみたいに決まっているじゃないか!というわけでさっそく予約を入れ、週末に魚好きの仲間を連れて乗りこんだ。
工業地帯を横目に釣り場へ向かう。
工業地帯を横目に釣り場へ向かう。
釣り場への道中はさながら沿岸の街並みを見ながらのクルージング。潮風を切って海原を走るのは釣りを抜きにしても最高に気持ちがいい。
えっ、もう着いちゃったの!?
えっ、もう着いちゃったの!?
船着き場から20分ほど走っただろうか。突然船が停まる。
「はい釣りはじめていいですよー!」
ええっ、こんなに岸から近い場所でサメ釣れるんですか!?
エサは前もって船長が釣っておいてくれた新鮮なイナダ。エサにするのがもったいないくらいおいしそう。
エサは前もって船長が釣っておいてくれた新鮮なイナダ。エサにするのがもったいないくらいおいしそう。
この日竿を出すのは僕を含めて4人。おのおの半信半疑で仕掛けを海底に沈める。
初心者へのレクチャーもとても丁寧。決してただの女好きというわけではない。と思う。
初心者へのレクチャーもとても丁寧。決してただの女好きというわけではない。と思う。
この日、ぜひサメ釣りに挑戦したいとわざわざ名古屋から来た女性Mさん。
彼女は釣り具の使い方もわからないずぶの素人状態。でも大丈夫。ビギナーには船長の手厚いサポートがあるので女性や子供も安心なのだ。

さっそく釣れた!

そんな船長の指導のおかげか、開始早々Mさんの竿に何かが掛かった!
船長曰く「間違いない。サメだ!」という。やった!
やったぜMさん!船長の指示通り慎重に…あれ?
やったぜMさん!船長の指示通り慎重に…あれ?
しかし、なんだかMさんの様子がおかしい。どうしたんだろう?
手元をよく見ると…。
あっ…
あっ…
釣竿折れてる…!突然のサメ襲来に興奮してしまい竿を立てすぎてしまったようだ。でも普通そんなことぐらいで釣竿は折れたりしないはず。
ということはその先にいるのはそこそこの大物ということ!
海面に魚影が見えた!
海面に魚影が見えた!
水面直下を疾走する青白い影!サメだ!
しかし姿を見せてもおいそれとは観念してくれない。何度船べりへ引き寄せても、有無を言わさぬパワーでリールから糸を引きずり出して海底へと潜っていってしまうのだ。
それでも長時間やりとりをしているとさすがにサメも疲れたのか、水面に浮いている時間が長くなってきた。
さあ船長!タモを入れるチャンスですよ!
度重なる水面下での攻防の末、ついに船長がサメを捕らえた!素手で。
度重なる水面下での攻防の末、ついに船長がサメを捕らえた!素手で。
と思ったら船長素手でサメつかんで船上に引きずりあげてやんの。ちょっとワイルドすぎでしょ!
しかも女の子に「はいこれ、おめでとう!」とか言ってサメ手渡し。
しかも女の子に「はいこれ、おめでとう!」とか言ってサメ手渡し。
本当にサメが釣れた!しかも1メートルをオーバーするサイズ!
どっと沸く船上!折れた竿で頑張り通したMさんも笑顔がはじける。
ひどく和やかにサメに喰われるMさん。
ひどく和やかにサメに喰われるMさん。
いやいやMさん、何笑ってんの!あんたサメに服噛まれてるよ!!
しかし動じないMさん。いや、むしろ嬉しそうだ。
それもそのはず、彼女はなんと生涯をサメに捧げたサメ研究者なのだ。サメの扱いには慣れている。
「自分でサメを釣ってみたくて釣竿まで買ったけど、まだ一度も釣ったことがない。」ということで今回乗船した彼女。最初で最後の一尾になったけど、自前の竿で釣れてよかったね!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓