はっけんの水曜日 2012年8月29日
 

それでも僕たちは武蔵野線を愛してる

「高度経済成長」の申し子、そして生き証人
「高度経済成長」の申し子、そして生き証人
東京をぐるっと取り囲むように走る、武蔵野線。

電車の本数は多くないし、トンネルが多くてうるさいし、スピードを出すので揺れるし、あまり快適な路線とは言えない。

それでいて、少し雨が強かったり、風が吹いたり、雷が鳴るとすぐ遅れたり止まったりする。

文句を言いたいことは山ほどあるけど、でもなぜか、僕たちはそんな武蔵野線を愛してやまないのだ。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「揚水発電ダムの水位は変わるのか」
人気記事:「究極の夜行バス・コクーンに乗った」


まずは卑怯な対比から

タイトルで「僕たち」などと共有を前提としてしまって申し訳ない。でも、ふだんぶーぶー文句など言いつつ、武蔵野線が持つ独特の雰囲気に、心のやらかい場所を締めつけられている人は確実にいるんじゃないかと思うのだ。

たとえば駅。

最近はどの路線でも徐々にリノベーションが行われて、ホームや改札などがまるで空港のように奇麗になった駅も増えてきていると思う。
ホームと線路なのに塵ひとつ落ちてないんじゃないかというような清潔感(京王線調布駅)
ホームと線路なのに塵ひとつ落ちてないんじゃないかというような清潔感(京王線調布駅)
ミッドタウンやヒカリエと比較しても肩を並べるオシャレ!(京王線調布駅)
ミッドタウンやヒカリエと比較しても肩を並べるオシャレ!(京王線調布駅)
まるで空港か美術館かというモダンさ(京王線調布駅)
まるで空港か美術館かというモダンさ(京王線調布駅)
京王線調布駅は地下化で新たに造られたので、ちょっと反則な気もするけど、近頃このくらいキレイに改装された駅は多いだろう。しかし、武蔵野線でこういった改装はほとんど行われておらず、いまも開業した1973年当時の雰囲気を感じることができる(当時を知らないけど)。

具体的にはこんな感じだ。
サラリーマンが昼休みに屋上でバレーボールしていた時代を今に伝える(新小平駅)
サラリーマンが昼休みに屋上でバレーボールしていた時代を今に伝える(新小平駅)
高い天井にむき出しの柱や梁、昼間でもどこか薄暗い雰囲気(北府中駅)
高い天井にむき出しの柱や梁、昼間でもどこか薄暗い雰囲気(北府中駅)
広い構内でぽつんと帽子と塩大福が売られている(府中本町駅)
広い構内でぽつんと帽子と塩大福が売られている(府中本町駅)

ALWAYS三番線の夕日

いや、まあこんな雰囲気の駅はまだ全国に多く残っているだろう。でも、山手線の駅からそれぞれの方向に出発した路線がどんどんオシャレに変身していくなか、それらほとんどと交差する武蔵野線に乗り換えた瞬間、なんだか時間が停滞している気がしてくる。

そして、もちろんアルミやアクリルで彩られた現代の駅はステキだけど、薄汚れたコンクリートと鉄骨で構成された高架や半地下の駅の雰囲気も、じわりと胸の隙間に染みわたってこないだろうか。
ディズニーランドの旗がこんな寂しい雰囲気になることもそうないだろう(府中本町駅)
ディズニーランドの旗がこんな寂しい雰囲気になることもそうないだろう(府中本町駅)
アクリルやLEDがベニヤとペンキだった時代(北府中駅)
アクリルやLEDがベニヤとペンキだった時代(北府中駅)
少し錆びた柱と相まっていい感じ(北府中駅)
少し錆びた柱と相まっていい感じ(北府中駅)
半地下でコンクリートと鉄骨に囲まれたこれぞ武蔵野線の駅(新小平駅)
半地下でコンクリートと鉄骨に囲まれたこれぞ武蔵野線の駅(新小平駅)
鉄骨でものすごい補強されていてかっこいい(新小平駅)
鉄骨でものすごい補強されていてかっこいい(新小平駅)
すぐ上の新小平駅は、半地下部分がものすごい数の鉄骨で補強されていて、これぞ武蔵野線らしい!と思いつつ調べたら、20年ほど前の大雨で地下水が噴出した被害を修復したものだった。うん、そんなところも武蔵野線らしい(ポジティブすぎ)。

とにかく、首都圏に大きなサークルを描く武蔵野線のなかでも、特に西側に並ぶ駅は昭和40〜50年代テイストをいまも色濃く残していると思う。
壁の色は駅によって違うようだ(新秋津駅)
壁の色は駅によって違うようだ(新秋津駅)
平日昼間は10分以上蝉の声しか聞こえない(東所沢駅)
平日昼間は10分以上蝉の声しか聞こえない(東所沢駅)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓