ちしきの金曜日 2012年8月31日
 

サンバやったことないのに浅草サンバカーニバルに出た

本当に出た!
本当に出た!
浅草サンバカーニバルに出場することになった。サンバはもちろん、ダンスなんて今までやったことがない。

というか、あの有名な浅草サンバカーニバル、である。出てしまって本当にいいのか。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

西川口の居酒屋にて

3か月前、近所の居酒屋で飲んでいた時のこと。酒が入って僕は「デイリーポータルZに書くネタがない!」と嘆いていた。すると、常連の一人ココミンさんがこんなことをいってきた。「だったら浅草サンバカーニバルに出場してみたら?それをレポートすればいいじゃない。私の所属しているチームから出してあげるよ」
デイリーでなんどか取り上げた異味香
デイリーでなんどか取り上げた異味香
右の女性がココミンさん
右の女性がココミンさん
浅草サンバカーニバル!最初は酒の席での冗談かと思ったらそうでもないらしい。「衣装代が買い取りになっちゃって1万円するけれどもそれでもいいのなら…」という条件も出た。

1万円。デイリーポータルのネタとしては予算オーバーなのだが、この夏どこにも行く予定がない。旅行やロックフェスにでも行ったつもりで思い切って出してみるのも良いかもしれない。そもそもあの浅草サンバカーニバルだ。ネタ以前に、これは名誉なことなのはずである。

じっくりと考えた末に出場することにした。
サンバダンサー、リチャードの誕生
サンバダンサー、リチャードの誕生
そのあと「サンバをやるのに『斎藤くん』なんて呼んじゃいけない。サンバネームが必要」ということになり、僕にはリチャードという名前が付けられた。

リチャードか…似合わないけれども悪くない。でもこの名前、この日以降に一度も呼ばれることはなかった。

大会1週間前

居酒屋でサンバ出場を決意してから3か月。特にサンバの話も出ずに時は過ぎる。練習も全くしていない。

そういやあれどうなったんだろうな、などと思いだしたころに衣装が届いた。
衣装の一部
衣装の一部
腰ミノだろうか?衣装はすごく本格的である。

ココミンさんに再び連絡を取ると「細かいことについては、そのうちにハンナさんから連絡がいくはず」とのことである。ハンナさんって誰だ、これもサンバネームか?
大会一週間前に急に不安になり、前日には眠れなくなり、当日を迎えた。たぶん僕の役はブラジルの熱帯に生えるサボテンの妖精の役で、全然動かなくても大丈夫なんだろうと思う。
本当にコレに出るわけ?
本当にコレに出るわけ?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓