ひらめきの月曜日 2012年9月3日
 

激安?フェリーで行く太平洋の旅

笑ってるみたいでかわいいフェリー o
笑ってるみたいでかわいいフェリー
遠出の国内旅行の交通として、思い浮かぶものがいくつかある。まず挙がるのが、飛行機・新幹線・自家用車といったあたりで、フェリーというのはあまり選択されない手段ではないだろうか。

私も乗ったことがないし、使おうと考えたこともない。それはまず、価格的に高そうなイメージがあるからだろうか。しかし、よく調べてみるとそうでもない場合もあるらしい。そういうわけで、乗ってみました。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

乗る前の時点で頭はじけそう

「今回は格安フェリー旅についてのレポートですが、淡々と解説しても面白味に書けるので、今回は一緒に利用した妻にも登場してもらおうと思います。」
「…それはいいけど、言ってもないこと書きそうでなんだか心配。」
「その辺、できるだけマイルドにするね。」
「スーパーマイルドでお願いしたいわ。」
「さて、まずやってきたのは東京都江東区、有明にある東京港フェリーターミナル。」
倉庫街の先にちゃんとあった
倉庫街の先にちゃんとあった
東京ゲートブリッジが目の前に
東京ゲートブリッジが目の前に
「華やかなお台場の隣の島だけど、雰囲気違うね。」
「ほんとにこの先にあるのかな…と思うような倉庫街を通っていくからね。着いた時には無事来られたって、ほっとする感じもしたな。」
「着いてしまえば東京ゲートブリッジがすごくよく見えて、いい景色!」
「それもいいけど、僕がつい目で追ってしまうのはこっちなんだよね。」
ちっこいのがうろちょろしてる姿が楽しめる
ちっこいのがうろちょろしてる姿が楽しめる
「フェリーは貨物も輸送。だから、トレーラを積み終わった前だけの部分がいっぱい走ってるんだよ。」
「ちびっちゃくて、確かにかわいいかも。」
「自分の場合、かわいいって言うよりも『お前はもっとがんばれるはず!』って思うんだよね。」
「それ、自分に重ねて言ってる?」
口を開けた白鯨にも見える
口を開けた白鯨にも見える
ひらがな表記の船名
ひらがな表記の船名
「僕らが乗る船は、オーシャントランスという会社が運行するオーシャン東九フェリーの『おーしゃんのーす』号。どうしてひらがなで書いてあるんだろ。」
「乗ってから船員さんと雑談したら、ひらがなだと誰でもすぐ読めるからじゃないかなって話してたわ。」
「そうかもしれないけど、Ocian Norseくらい俺だって読めるよ。」
「それ、スペル違ってるから。」
人影まばらな乗船窓口
人影まばらな乗船窓口
左右の値段の違いがすごい
左右の値段の違いがすごい
「では乗船の手続きをしようか。今回は2ヶ月限定のマイカー割引キャンペーンを利用して、東京港から徳島港まで乗船します。」
「自分の車と一緒に乗船する場合、前日までに予約しておくと割引になるのね。」
「しかも人数が1人から4人まで、何人でも料金が同じなんだよ。」
「写真のポスターは4人で利用した場合の料金とキャンペーン価格比較したものね。すごい割引率だわ…。」
「僕たちは2人で『おーしゃんのーす』を徳島まで利用して20000円。通常料金を調べてみたら44980円だから、かなり安いね。」
運行スケジュールはこんな感じ
運行スケジュールはこんな感じ
だんだんムード出てきました
だんだんムード出てきました
「2人だと、自分で車を運転して行く場合や高速バスと比べると最安手段ではなさそうだけど、ゆったり海の旅を楽しむことも目的にするならば、使いやすい価格だね。4人だと1人5000円だから最安かも。」
「向こうでレンタカーを借りるつもりなら、その必要もないしね。」
船に架けられた道を通って乗り込む
船に架けられた道を通って乗り込む
「さあ、時間が来たので乗船。インディ・ジョーンズのテーマが流れる中、車を運転して船内に入っていきます。」
「その音楽はあなたの脳内オリジナルでしょ。」
「でもフェリー初体験ということもあって、そういう気分になるんだよ。」
「テンション上がりすぎてて心配だわ…。」

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓