ちしきの金曜日 2012年9月7日
 

「マイ橋」に夢中

ここに住みたい!
ここに住みたい!
「マイ箸」という言葉をご存じだろう。箸を携帯し、外食時に割り箸を使用しないというあれだ。

さまざまに議論されてきたこの「マイ箸」。曰く、実は割り箸の原料は間伐材なので、目的が森林保護ならばむしろ使った方が良い。いやいや、現在はほとんどが中国からの輸入なのでやっぱりマイ箸を使った方がいい。いやいや…

今回のこの記事はそういった「マイ箸」とはまったく関係ありません。「マイ橋」です。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

実は橋にはあまり興味がない

ぼくはこれまでジャンクションを愛でたり高架下建築を愛でたりしてきたこともあって、よく「橋も好きでしょ?」って言われることが多い。土木構造物における基本であり花形であるのが橋梁だからだ。

しかし残念ながら橋にはあんまり興味がない

橋はなー、みんな好きだしな−、なんかコジャレてるしなー。
でもこういう橋たちはちょうすてきだと思う!ほしい!ください!
でもこういう橋たちはちょうすてきだと思う!ほしい!ください!
と思っていた。が、ぼくにも好きな橋があった。それが「マイ橋」である。
これはなんとすてきなマイ橋。マイにあるまじき重厚で気の利いたコンクリート造り!そし欄干がない。すてき!ほしい!ください!
これはなんとすてきなマイ橋。マイにあるまじき重厚で気の利いたコンクリート造り!そし欄干がない。すてき!ほしい!ください!
なんだろう、このうらやましさは。
なんだろう、このうらやましさは。
マイ橋を渡って、階段を上る。完璧なマイホームへのアプローチ。嫉妬。
マイ橋を渡って、階段を上る。完璧なマイホームへのアプローチ。嫉妬。
立派ですてきな家屋のうえ、あまつさえマイ橋所有。世の中なんと不公平か。
立派ですてきな家屋のうえ、あまつさえマイ橋所有。世の中なんと不公平か。
狭めのマイ橋アプローチがにくい。いいなー。
狭めのマイ橋アプローチがにくい。いいなー。
「マイ橋」とはこれら、その名の通り個人的な橋だ。ダジャレだ。

ぼくが「興味ない」と言い放った橋はいわゆるふつうの橋で、それはつまりインフラだ。レインボーブリッジとか。たいていでかい。でかいのはなー、そりゃあかっこいいに決まってるよなー。まあ瀬戸大橋には興奮したけれども。

なんとなく橋って公共のもの、というイメージがあるが世の中には個人の家にアプローチするためだけの個人的な橋というものがあることに気がついた次第だ。これはたいへん気に入った。気に入ったというか、うらやましい。「俺んち橋あるんだぜ!」ってことでしょ。嫉妬するわー。
うわー、このマイ橋は特にすてきだ!
うわー、このマイ橋は特にすてきだ!
なにがすてきって、この橋の端が(一休さんか)、クニャってなってるのがいい!ここだけでもいいからほしい!
なにがすてきって、この橋の端が(一休さんか)、クニャってなってるのがいい!ここだけでもいいからほしい!
個人的なもので、かつ小さいので、およそ社会資本的橋にはみられないかわいらしさがいろいろ見られる。そのひとつが上のもののように欄干がない点だ。

ほかにも、橋の上にいろいろ乗せちゃってるのもいい。
植木とか自転車とか置いちゃって、まるで玄関前の庭のような(実際そうなんだけど)平常心がいい。
植木とか自転車とか置いちゃって、まるで玄関前の庭のような(実際そうなんだけど)平常心がいい。
ほかには、やけに急勾配な橋とか。太鼓橋の半分だけ、みたいになってるものがちらほら。普通の橋だったら「ちょっとこれ坂きつすぎない?」っていって「改善」されちゃうんじゃないかと思った。マイ橋なら持ち主が納得すればハーフ太鼓橋もOKってわけだ。たぶん。
なかなかの傾斜。ナイス!
なかなかの傾斜。ナイス!
ハーフ太鼓橋級。狭いが交通量の多い道路に面していることもあり、かなりスリリング。ぐっとくる。
ハーフ太鼓橋級。狭いが交通量の多い道路に面していることもあり、かなりスリリング。ぐっとくる。
正面から。路面の滑り止め模様が急勾配を物語る。それにしてもここも豪邸だ。そしてその位置にゲート置くか!
正面から。路面の滑り止め模様が急勾配を物語る。それにしてもここも豪邸だ。そしてその位置にゲート置くか!
実はこの急勾配、今回マイ橋を求めて探しに行った場所特有の地形によっている。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓