土曜ワイド工場 2012年9月8日
 

かき氷ご飯を作る

とにかく涼しい食事を求めて
とにかく涼しい食事を求めて
ただでさえ暑いのが苦手なうえに食事をするとものすごく汗をかく。9月になっても暑さは引かず、今のところ毎食後汗だくである。

できればかき氷か何かで済ませられれば涼しくていいのだけれど、いい大人が「今日の晩ご飯はイチゴかき氷だ済ませたよ」というわけにもいかない。
で、考えついたのが『かき氷と食事のハイブリッド』。つまりは、かき氷ご飯である。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

みんな大好きかき氷ご飯

すでにそういうメニューを作って出すお店があるんじゃないかと調べてみたら、やっぱりあった。しかも、みんな大好きなラーメンとカレーだ。

実のところ「かき氷ご飯ってどうよ!?」と提唱してみたものの、どうやったらそんなものが作れるのか具体案を思いつかなかったので、ともかくプロが作ったかき氷ご飯を食べてみることにした。
まずはかき氷ラーメンだ。

文京区春日の信濃神麺 烈士洵名で出しているのが『トマトとフルーツのかき氷ラーメン 〜ジンジャーエールをそそいで〜』だ。

普通、こういう長い名前の付いたメニューは「名前そのまんまやろ!」とツッコミを入れるような、それだけで中身が分かるような料理が多いのだろうが、これ は違う。いや、料理自体は本当に名前そのまんまなのかもしれないけれど、でも中身の想像が付かない。というか正直、意味が分からない。
これがかき氷ラーメンだ
これがかき氷ラーメンだ
で、毎日限定10食の食券を買って出てきたのがこれ。
出てきたものを見てもまだ意味が分からない。
キンキンに冷えた器の中に麺があり、そのうえにトマトと桃、パインなどのジュースを凍らせたかき氷がこんもりと乗っている。一番上のハート型の氷はレモンジュース氷だそうだ。
食べる時は自家製のジンジャーエールをそそいで
食べる時は自家製のジンジャーエールをそそいで
かきまぜつつ、氷と麺を絡めて
かきまぜつつ、氷と麺を絡めて
こりゃ冷たくて超うめえっす!!
こりゃ冷たくて超うめえっす!!
フルーツジュースのかき氷にジンジャーエールというから、デザートみたいな甘ったるい麺を想像していのだけれど、これは予想外。
麺の下にもともとちゃんと タレが入っているので、そこにかき氷の甘みが加わって、甘酸っぱくてしょっぱい、冷やし中華に近い味。かなりショウガの強いジンジャーエールがピリッと効いてこれも良い感じ。
!
食べてる途中で味を変えたいな、と思ったら、横についている生ハムのサラダを器にイン!
マヨネーズと生ハムの塩気で気分も変わってまた美味しい。

ただ、さすがにこのボリュームのかき氷を麺と一緒にずるずるとすすりこむので、身体の中からの冷えが半端ない。どれだけ暑くても一発で汗が引く涼しさだ。
信濃神麺 烈士洵名
住所:東京都文京区西片1-15-6
http://bond-of-hearts.jp/shop_resshi02.html

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓