フェティッシュの火曜日 2012年9月11日
 

ベイエリアから深海まで!東京湾のサメを食え!!

やっぱり揚げるのが無難か。
やっぱり揚げるのが無難か。
本サイトでも記事にしたが、先日東京湾へサメを釣りに行ってきた
せっかくサメという珍しい大物が釣れたのだ。食べてみない手は無いだろう。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

食材はドチザメと深海ザメ、そして深海アナゴ

東京湾の浅場ではドチザメという種類のサメを、水深400メートル以上の深場ではちょっと不気味な深海ザメとおまけで深海アナゴを釣ることができた。
これはドチザメ。とてもパワフルで釣ってて楽しい。
これはドチザメ。とてもパワフルで釣ってて楽しい。
深海ザメと深海アナゴ。そもそも食べられるのか。
深海ザメと深海アナゴ。そもそも食べられるのか。
本日は、この食材としてはちょっと馴染みの無い魚たちを調理、試食していく。

サメはすっぱい

まずは一番何とかなりそうな見た目のドチザメから手をつけてみよう。
まな板に乗りきらない。釣れたサメの中で一番小さなものを持ち帰ってきたのに。(編集部より:若干ワイルドな写真になっておりますので、ごらんになりたい方はクリックしてください!)
まずはザラザラと固いいわゆる「鮫肌」をどうにかしないといけない。
熱湯をかけてこすると…
あっさりとスベスベした皮が顔をのぞかせる。
あっさりとスベスベした皮が顔をのぞかせる。
手ごわそうに見えた鱗が砂のようにジャリジャリと簡単にはがれ落ちる。面白い。
さらに、サメはエイと同じく軟骨魚類というグループに属す魚で、顎や歯以外は全身の骨格が軟骨で構成されている。そのためこれだけ大きくても中骨がサクサク切れてしまう。
湯を沸かす手間はあるが、下ごしらえは普通の魚よりも楽かもしれない。
刺身。ぱっと見た感じはタイのよう。
刺身。ぱっと見た感じはタイのよう。
とりあえず刺身でいただいてみる。見た目は良いが味はどうか。
う…。
う…。
…。まずほんのりとサメ特有の匂いが鼻を突く。いわゆるアンモニア臭というやつだ。
サメは体に尿素を貯め込む。その尿素が死後アンモニアに変わるそうだ。
さらに味が妙にすっぱい気がする。鮮度が落ちて饐えているとうわけではないのだが…。
食感はもちもちと不思議な弾力があって面白いが、生で食べるには向かないと判断した。湯引きも試したがいまいちだった。
では塩焼きはどうか。
では塩焼きはどうか。
とりあえず火を通さないとダメだと判断。オーソドックスに塩焼きにしてみる。
やっぱすっぱい!
やっぱすっぱい!
うーん、匂いは気にならなくなったが、やはり酸味が感じられあまり美味しくはない。
こうなったら奥の手だ!
から揚げ。
から揚げ。
揚げてしまおう。
我が家には「大抵のものは揚げれば食える」という家訓がある。
その野蛮な思い込みはサメにも通じるのか。
いただきます!
いただきます!
おっ、うまいじゃん!
おっ、うまいじゃん!
おいしい!これだ!!
匂いも酸味も気にならない。それどころかいくらでも食べられるほどの味だ。
肉はほくほくと柔らかく、ゼラチン質の皮の食感が楽しい。
サメ料理の「正解」を見つけた気がした。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓