ちしきの金曜日 2012年9月14日
 

涼を求めて富士山の穴巡り

富士山には興味深い穴が盛りだくさん
富士山には興味深い穴が盛りだくさん
……暑い。9月になってもまだ暑い。ようやく朝晩は涼しくなってきたものの、むあっと蒸す昼の暑さは相変わらずで、ホント嫌になる。

あまりに長くそんな日が続くので、私はいてもたってもいられず富士山へ向けて原付を走らせた。そう、洞窟に入る為に。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

富士山麓は穴だらけ

日本最高峰にして和文化の粋たる富士山は、数多くの溶岩洞窟を持つ事で知られている。

特に北西麓の青木ヶ原樹海界隈にはゴロゴロ掃き捨てる程に洞窟が存在し、洞窟探検の経験など皆無である私であっても、お手軽気軽に楽しめる観光洞があるらしい。
みんな大好きわたしも大好き富士山
みんな大好きわたしも大好き富士山
そしてここが重要なポイントなのだが、洞窟というものは一年を通して気温が一定である。故に夏は涼しく、冬は暖かい。夏は溶ける程に暑く、冬は凍る程に寒い私の部屋よりよっぽど良い環境なのではないだろうか。

なんならいっその事、気に入った洞窟があればそこに住み着いても良いだろう。文明を捨て洞窟住まいに回帰するというのもまた一興である。

もれなくペットがついてくる蝙蝠穴

私が最初に向かったのは、富士五湖の一つ、西湖の側に位置する蝙蝠穴である。
溶岩に縁取られた西湖
溶岩に縁取られた西湖
そこから原付で5分の所に蝙蝠穴はある
そこから原付で5分の所に蝙蝠穴はある
入口の施設から一歩足を踏み出すとそこは樹海
入口の施設から一歩足を踏み出すとそこは樹海
既にボコボコ穴が開いている
既にボコボコ穴が開いている
めくれ上がるように固まった溶岩も
めくれ上がるように固まった溶岩も
自然の神秘である
自然の神秘である
歩いて数分、蝙蝠穴にたどり着いた
歩いて数分、蝙蝠穴にたどり着いた
蝙蝠穴の入口は、鉄柵によって守られていた。しかしその柵の目は粗い。これは蝙蝠の出入りを妨げないようにする工夫なのだそうだ。

受付で渡されたヘルメットをかぶり、いざ突入。穴に入ると途端にひんやりとした空気に包まれ、それはまさに天然のクーラー。おぉ、これだよ、これ。この涼しさだよ。
しかし、石灰質の鍾乳洞とは随分違うものだ
しかし、石灰質の鍾乳洞とは随分違うものだ
当然ながら床も溶岩なのでゴツゴツである
当然ながら床も溶岩なのでゴツゴツである
天井は鍾乳石のようなものも見られるが、小さく細かい
天井は鍾乳石のようなものも見られるが、小さく細かい
まさに溶岩が流れた跡、という感じである
まさに溶岩が流れた跡、という感じである
内部は想像以上に薄暗く(蝙蝠への影響を考えての事だと思う)、そして狭い。中腰で歩いたり、しゃがんで這うように進まなければならない所もある。

当方、身長が180cm以上と無駄に背が高い為、天井に頭をぶつける事数回。その度にヘルメットのありがたさを思い知らされた。
ライトに照らされた部分、なんか植物が生えちゃってる
ライトに照らされた部分、なんか植物が生えちゃってる
最深部は蝙蝠生息エリアの為、立入禁止
最深部は蝙蝠生息エリアの為、立入禁止
外の光を見るとちょっとホッとする
外の光を見るとちょっとホッとする
私はぜぇぜぇと荒い息を吐きながら洞窟の外へ出た。それほど深い洞窟ではないのだが、意外とアップダウンが激しく、そして厳しい体勢で進まなければならない場所もあって、結構疲れるのだ。

しかし、これがなかなか楽しかった。何より地形が面白いし、蝙蝠もいる。希少な種の蝙蝠が生息しているそうなので住む事はできないが、うん、洞窟とは良いものだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓