ひらめきの月曜日 2012年9月17日
 

ケータイの電池、%表示でも均等じゃなくないか?

!
携帯電話の電池残量がパーセントで表示される物を使っているのだけれど、100パーセントの状態が妙に長い気がする。

そして100パーセントじゃなくなったら一気に電池が無くなる。パーセントって言ってんのに全然均等じゃない気がする。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com

理論と体感

理論と体感
正しいパーセント表示の場合。
パーセントで表示しているのだから、本来であればこういう感じで電池が減っていくのであろうと思う。
僕が思う電池の減り方
僕が思う電池の減り方
が、実際に使っていて感じるのはこういう風に感じるのだ。まず、100%の時間が長い。しばらく使っていても100%と表示されているので安心である。

まだ100%あるから余裕で使えるぜ。と思った次の瞬間画面を見たら89%位である。えっ!?100から1減るまであんなに時間かかったのにもう10%も減ってるの!?なにどういう計算!?100%から1%減るまでの時間が10分だとしたら、99%から1%減るまでの時間は体感で2秒である。

そして減りやすかったり減りにくかったりする地帯を抜けて、10%未満に突入するとそれはもう減るのが早い早い。焦りもあってか超特急。が、残り1%になると予想以上の粘りを見せる。残り1だから電車乗るまでしか持たないかな。と思っていたら家まで電池が持ったりする。


と、いう風に感じている。が、自分としては自分の体感ほど当てにならない物は無いと思っているので実際はどうなのかと調べてみます。

手で測る。

ザ・アナログ
ザ・アナログ
方法は目で見て、1%減るごとにストップウォッチで時間を計る。これ以上ないくらいのアナログ方式。
ずっとプープーTVの動画を流してた。鬼が出てくる浦島太郎。じ〜〜〜ご〜〜〜くぅ〜〜〜〜〜♪
ずっとプープーTVの動画を流してた。鬼が出てくる浦島太郎。じ〜〜〜ご〜〜〜くぅ〜〜〜〜〜♪
さぁ計ろうと思ったがこの携帯電話、普通にしていると400時間も電池が持つという。なんと、二週間!ドモホルンリンクルの水滴見つめ続ける人でもこれは厳しい。

なので、出来る限り電池が早く減るように画面の明るさとか出来る限りの設定したりしたうえで、Youtubeの動画を流し続けて電池の減り具合を監視したい。

ただ計っているのは暇なので

インターネット使用の場合、6時間はもつらしい。動画8時間だって。合わせたら何時間持つの?
インターネット使用の場合、6時間はもつらしい。動画8時間だって。合わせたら何時間持つの?
と、いうことで充電器を外して、計測スタート。と、計測するだけならただ画面を見つめ続けるだけ、しかもいつ終わるか分からない。それだと飽きてきそう(あと、書くことがない)。
大阪の中心部からほど近い淀川。
大阪の中心部からほど近い淀川。
なので、大阪市の淀川にヌートリアというネズミみたいなカピパラみたいな動物がいると友達が言っていたので探してみようと思う(京都の鴨川ではいっぱいいるらしい)。

全然電池が減らない

いるのかな。いそうだけど、見つけられるかな。
いるのかな。いそうだけど、見つけられるかな。
川べりを歩いて水面をのぞきながら歩く。友人は知り合いから「淀川にカピパラがいる!」という風に聞いたらしいが、それはおそらくヌートリアだろう、と判断したらしい。

確かにヌートリアが京都の鴨川にいるのなら淀川には確実にいるように思う。
ヌートリア探さなきゃいけないんだけどiPhoneからも目が離せない。
ヌートリア探さなきゃいけないんだけどiPhoneからも目が離せない。
よーし、ヌートリアどこだ!?と水面に目を凝らすが、iPhoneからも目が離せない。いつ電池が減るか分からないのだ。
川は魔物である。魔物?
川は魔物である。魔物?
10分超えても100%キープ。
10分超えても100%キープ。
水面、iPhone、水面、iPhoneと交互に見ながら歩く。iPhoneは水に落とさないように出来るだけ水面から遠ざける。

が、何度みてもiPhoneの電池が減らない。Youtube流しっぱなしなのに10分しても1%も減らない。これが本当に他の1%と同じだとしたらこの状態で16時間は持つ計算になるのだが、俺の体力は大丈夫だろうか。

淀川は未開である

淀川は未開である
淀川は未開である
淀川は基本的には遊歩道なども整備されていてバーベキュー場や公園などがあってのどかなのだが、川べりに向かうと急に表情を変える。大阪市中心部の近くにありながら大阪で最も未開の地感が高い。
ここはもしや…。
ここはもしや…。
川への隠し通路だ!
川への隠し通路だ!
川べりは木や草が生い茂っており、とても行くことが出来ないのだがなぜか川と平行に舗装されていない道が出来ている。そこを歩いていると急に川へ通じる道が。これは、ヌートリアが作った通路か…!?行くしかない。
淀川は未開であるっと!iPhoneの電池が減った!
淀川は未開であるっと!iPhoneの電池が減った!
と思ったところでiPhoneをちらっと見ると電池が99%となっていて慌ててストップウォッチを止める。なんだ、良い所で邪魔するな!100%の記録は11分49秒。おぉ、多分凄い。凄い?分からない。
謎の通路への進行を再開します。
謎の通路への進行を再開します。
ストップウォッチをリセットして再度進め、謎の通路へ進む。はたして何があるのか、草がチクチクして痛い。長袖を着てくれば良かった、と思っていたら。
ええーっ、減るのすっごい早いー!
ええーっ、減るのすっごい早いー!
さっき減るまでに10分以上かかっていたからまぁまだ減っていないだろうと思って念のため見てみると、減ってた。99%から早くも減ってた。ええーっ。

記録は1分45秒。なんと100%比べて1/6位しか持たなかった。やはり1%の価値は平等じゃない。100%だけが長く持つ気がしたのは気のせいじゃなかった。
ガジュマルの木みたいな木があった。
ガジュマルの木みたいな木があった。
と、いうことで木を取り直して先へ進むと川へ通じており、川の上に木が生えていた。えっ、なに、この南国っぽい木。大阪っぽくない光景だが川の向こうには文明的な建物が多数見える。

この木の感じ、ヌートリアの巣とかにぴったりな気がする。絶対にいるぞ!と思ってよく見てみたらアメンボが尋常じゃないくらいいたので、ヒッ!ってなった。
1分って短いな!
1分って短いな!
徳永英明さんのCDがぽつんと落ちていた。
徳永英明さんのCDがぽつんと落ちていた。
あっあぁiPhone?また電池減ってたってよ。

iPhoneの電池は減るし、淀川はカオスだよ

100%の時は全然減らなかったのに、一度減りだすとガンガン凄い勢いで減っていくガンガンガン速である。大体1分から2分ごとに減っていくのでマメにチェックしなければいけないのでせわしない。
お立ち台…?
お立ち台…?
そんなiPhoneを見ながら淀川を歩く。少しとまた川べりに繋がる通路があったので向かってみると、お立ち台が用意されていた。

なに、このお立ち台…。おそらく釣り人のためにあるんだろうと思うが、これ、いる?あっても無くても竿振ったら一緒じゃない?水の中に柱立てるという大変な思いしてまで作る必要あるの?立ってみたかったが怖かったのでやめておいた。
83%では二分半持った。結構長い!
83%では二分半持った。結構長い!
お立ち台に上ろうか悩んでいる時でもiPhoneの電池は減る。もうっ、こんなときに!って思うしiPhone落とさないか怖いが、時間を計る。おぉ、二分半。100%以外の所でもブレがある。

ふむ、90%台は短くて80%台は長い印象があったがどうだろうか。
100%の部分以外は凄く順調に減ってる…
100%の部分以外は凄く順調に減ってる…
このあたりで電池残量を表にしてみると、70%時点で予想外に綺麗なグラフとなっていた。1%だけ単体で見たら1分くらいで減ってしまう時や2分半も持つ時があるが、全体としてみると凄くバランスが取れている。
ヌートリアいそう感は凄いのに。
ヌートリアいそう感は凄いのに。
もしかして100%以外はきちんと等分で減っていくからもう調べる必要は無いんじゃないかという事実に目をそむけて、ヌートリアを探す目を光らせた。
食べたらダメなやつというのが素人でもわかるキノコ。
食べたらダメなやつというのが素人でもわかるキノコ。
いても全然不思議じゃなさそうなシチュエーションは続くが実際は全く見当たらない。変なキノコ位しか見当たらない。探し方が悪いのか、もともといないのか。
川とは反対側だが、何かありそうな雰囲気がする。
川とは反対側だが、何かありそうな雰囲気がする。
基本的には全く何も見つかっていないのだが、道なき道っぽいけど実際は人が作った道を歩くのが楽しくなってきた。今度は川とは反対側だが何かありそうな雰囲気が…。
と、思ったらやはり!
と、思ったらやはり!
と、基本的にこういう時に電池は減る。
と、基本的にこういう時に電池は減る。
やはりあった。周りの草の感じから、かなり大がかりな感じもする。この先にはいったい何が…。
はっ、畑…?
はっ、畑…?
草のトンネルを抜けるとそこは畑だった。えっ、畑!?なんかネギとか生えている。川を歩いて草むらを抜けたハズなのに畑!?あまりに急でびっくりした。
畑によく生えてるこの大きい葉っぱは一体何の野菜なんだろう。
畑によく生えてるこの大きい葉っぱは一体何の野菜なんだろう。
トトロみたいに現実からファンタジーな所に行ったらびっくりするけれど、ちょっとした探検気分から畑という生活感を見せられてもびっくりするということが分かった。いや、河川敷に畑があるのは非現実的なのか。

よくわからないが淀川は何でもアリか。

電池は綺麗に減るしヌートリアは見当たらない

綺麗に減っていきますね。
綺麗に減っていきますね。
電池は残り40%ほど。減り具合をグラフにすると有無を言わさぬ感じで偏りはない。ぼやっとした印象では60%台が長く持つとか思っていたが、実際に計りながらだと体感でもちゃんと均等に減っているのが分かる。
頭のやつ、タオルじゃなくてTシャツ
頭のやつ、タオルじゃなくてTシャツ
腰T。
腰T。
そしてヌートリアは見当たらない。ぼんやりとしたイメージを持っているものは間違っている可能性も高い。その反面、夏の淀川は上半身裸のおっさんがいる。という確固としたイメージはその通りにいっぱいいた。淀川で一番見た生き物は裸のおっさんだ。
探せ、ヌートリア。
探せ、ヌートリア。
まずい、このままでは電池、ヌートリアと記事の全部が勘違いでした。ということになってしまう。流石にそれは避けたい…ヌートリアを見つけてなんとか記事の面目を…。
と言ってる間に電池は残り6%
と言ってる間に電池は残り6%
と、どうにか見つけようと闇雲に水辺で草がある辺りを探してみるのだが見つからない。カサッ!ヌートリアッ!?なんだ、鳥か…。みたいなのすらない。淀川には裸のおっさんしかいないのではないかと思う。
こことか凄くいそうじゃない?最後のチャンス。
こことか凄くいそうじゃない?最後のチャンス。
iPhoneの電池は本当に残り僅か。おそらく次の川べりまでは持たないと思われる。最後のチャンス、いてくれ、ヌートリア!
と言ってる間に電池残り1%
と言ってる間に電池残り1%
iPhoneの電池は本当に残り僅か。おそらく次の川べりまでは持たないと思われる。最後のチャンス、いてくれ、ヌートリア!
この浮いてる枝で巣とか作ってそうなのに。
この浮いてる枝で巣とか作ってそうなのに。
いない、水面全然揺れてない。
いない、水面全然揺れてない。
水面を見るも生き物がいる気配無し。まずいっ、時間が無いというのに。
もしや、巣!?
もしや、巣!?
時間がない、時間がないと焦って辺りを見回すと、足元に謎の穴が開いていた。もしかして、これは、巣!?
3分超え来た!ヌートリアのためにiPhone頑張ってる!
3分超え来た!ヌートリアのためにiPhone頑張ってる!
電池は、電池は大丈夫か!?と見てみるとなんと3分を超えているというのにまだ生き残っている。凄い、iPhoneのヌートリアにかける執念、ヌートリアタイムだ。
出てこいヌートリア。
出てこいヌートリア。
なんとかiPhoneの気持ちに応えなければ。そのへんに落ちていた枝で巣の中をつついてみる。が、予想以上に深くて届かない。もっと、もっと長い枝を探さなければ。
長い。
長い。
長い。
長い。
なんとか長い枝を見つけたが結構時間を取ってしまった。これは、iPhoneの電池、もうダメか…って、全然生きてた。5分超えても余裕で動画再生。残り1パーセントの粘り、凄い。
超深い。
超深い。
もし、中にヌートリアいたなら、つついちゃうの嫌だな。とか思いながら棒を入れるが、それでも巣の奥までは届かない。すっごい深い。
こうなったら、奥まで行け!
こうなったら、奥まで行け!
もうビビっていられない。もの凄く長い竹があったので突っ込んでみた。どうだっ、ヌートリア!と、中でグリグリしても反応は無い。ここはヌートリアの巣ではなかったのか。
ええっ、まだ持つの!?
ええっ、まだ持つの!?
はぁ、これはもうiPhoneの電池もダメだろうな…。と見たらまだ持っている。ええっ、ちょ、もう、なに。
1%、全然1%じゃないですね。
1%、全然1%じゃないですね。
ヌートリアの巣を諦めた時点で7分経っていたのでもうしばらくしたら電源切れるだろう。と思って見守ることにしたのだが、10分経ってもまだ動画を再生している。凄い。

えっ、これ、どうしよう。実はまだまだ持つのか?まだ持つなら探しに行こうかな、でももう流石に切れるよな…、あっ、蚊が寄ってきたから他の所に行った方が良いかな…。よし、まだ探しに行こう!と決心した所で。
切れた!
切れた!
切れた!動き出したタイミングと共に切れた!!なに、iPhone!結果何と15分半。最後の1%の粘り、凄い。
最初と最後が凄い。
最初と最後が凄い。

100%表記だけれど、実は結構ムラがあるだろうと思っていたiPhoneの電池表示。予想以上に均等に減っていっていた。100%が長いというのは明らかに分かっていたが、それ以外がこんなに均等だとは。体感とは当てにならないと思った。

計算してみたところ、全体の時間に占める100%と表示されている時間の割合は約5.5%。なので99%と表示されているときは残り93.5%位なんだな、と思っていたら良いのではないか。

あと、残り1%の状態で総駆動時間の7.6%を占めていたので、残り1%になったときでもまだ7%はあるぞ!とそこまでピンチに思わなくても良いかもしれない。


でも、この計算だと、なにもしていない時なら1%の状態で3時間は駆動する計算になる。合ってるのか、これは。
淀川は良い所。
淀川は良い所。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓