フェティッシュの火曜日 2012年9月18日
 

町中の痛み看板を探す

痛みの源流を探る
痛みの源流を探る
数年前に腰を激しく痛めてしまって以来、たまに町を歩いていると、痛くもないのに「うっ」と顔をしかめてしまうことがあった。

それがなぜなのか理由が分からなかったのだが、ある時、一緒にいた友人に「なんで整骨院の看板にらんでるの?」と聞かれて気がついた。どうやら、整骨院の看板に描いてある「腰が痛そうなアイコン」に無意識のうちに共感して痛そうな顔をしていたようなのだ。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「かき氷ご飯を作る」
人気記事:「かき氷ご飯を作る」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

痛そうな看板とはなにか

で、そうやって意識して見ると、確かに町中に痛そうな整骨院看板が大量に設置されているではないか。ということで、今回はみなさん(腰痛などで整骨院にお世話になったことある人限定)と痛みを共有してみたいと思い、痛む腰を引きずりながら都内で痛そうな写真を撮ってきた。
これが、痛そうな整骨院看板だ
これが、痛そうな整骨院看板だ
いかがだろう。歯医者に行って例のキーンというドリルの高周波音を聞くと歯の痛みを連想するという人もいるだろうが、自分としては断然こっちが痛い。体をくの字型に曲げ、顔を反らしたあの姿勢。まさに腰痛オブ腰痛の姿勢だ。あと、首の「ゴリッ。あっ、やっちゃった」というような雰囲気もかなり痛い。

まず基本的に整骨院の痛いアイコンの基本は、痛む箇所別になっているものが多い。
上の看板でいうと、向かって左から「ひざ痛」「くび痛」「腰痛」「肩痛(かたこり)」である。痛みの箇所に対してピクトさんが患部に手を当て、さらにそこからビリビリとしたマークが出ている。

このビリビリという雷のような痛み表現はここ以外の整骨院看板でも大量に使用されている、いわば全ての整骨院の真のマークのようなものだ。今後はこれを「痛みサンダー」と呼称したい。
くらえ必殺、痛みサンダー!!
くらえ必殺、痛みサンダー!!

痛そうに見えて痛くないのもある

次の看板は、痛みの箇所を人体図に星マークで提示し、その横に痛みの種類をアイコン表示している。
!
ところで開始二例目でいきなり卓袱台をひっくり返して申し訳ないが、この看板はあまり痛くない。
一昔前、スポーツ新聞のいやらしい広告や雑誌のヌードグラビアなどでは肝心の部分を星で隠すという手法があったのだが、それを見慣れた世代には、人間の体の一部に星マークが乗っていると反射的に「あ、いやらしいものだ」と反応してしまう刷り込みがされているのだ。

もちろん、もういい加減分別もついた年齢だ。落ち着いて見れば星が痛みの箇所を示していることぐらいはわかるのだが、この看板を見て反射的に感じるのは「痛い」ではなく「いやらしい」だ。

痛みの種類パートでは、「関節痛」や「スポーツ障害」の表現として痛みサンダーがあしらわれている。
ただ、それよりも「けが」の表示が包帯ぐるぐる巻きで相当なダメージっぽいのが気になる。日常生活レベルでいうところの「けが」はもうちょっと軽くて、擦り傷や切り傷、せいぜいつき指ぐらいのものだろう。このアイコンはもう「大けが」もしくは「重傷」と呼ぶべきだ。あまりけがを甘く見ずきちんと治療を受けて欲しい。病院ならすぐそこだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓