ロマンの木曜日 2012年9月20日
 

コウモリの歌を聴け

闇の住人たちの咆哮を聞け!
闇の住人たちの咆哮を聞け!
人には感じる事の出来ないレーダーを駆使して、暗闇の世界を自由自在に飛び回るコウモリ達。そんな彼らの存在を探知できる素晴らしい機械、バットディテクター。

想像以上に楽しくて、ほぼひと夏をこれに捧げる事になった。
1975年神奈川県生まれ。普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。
> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

オーナーまでの道のり

今年の春に約1ヶ月、当サイトのクラブ活動に「毒部」を執筆した。
こういった連載っぽい試みは初めての事で、この歳になって、新卒で会社に入って初めてプロジェクトを完遂した時のような達成感を味わう事ができた。

そんなみずみずしい感動の次のステップは何か?
当然、自分へのごほうびである。

というわけで、バットディテクターを入手した。
以前、コウモリを探しに行って、気配すら見つからずに断念した際にその存在を知り、使ってみたいと思っていた。

しかし、決して安い買い物ではないので、いろいろ調べつつも躊躇していたのだ。
決め手となったのはフェイスブックに「欲しい」と書き込んだ時の当サイトWEBマスター、林さんのコメントだった。
言い切った。自信に満ちた提言
言い切った。自信に満ちた提言
ちょっとした圧力までかかった。
ちょっとした圧力までかかった。
こういう時によく引き合いに出される逸話で、トランペットをショーケースごしに見つめる黒人の少年に心やさしい紳士が「ぼうや、これが欲しいのかい」とトランペットをプレゼントするみたいなのがあるが、心理的にはそれに近い。

ひとつ違うのは自分のお金で購入したという事だ(いや、あたり前なんですが)

これがバットディテクター!

来た!コウモリ探知機!なんかデザインかわいい!
来た!コウモリ探知機!なんかデザインかわいい!
こうして数日後、バットディテクターは無事に我が手に届けられた。

そもそもこの機械は主にコウモリの研究・生態調査等に使われるため、たいがいは武骨な風貌をしているのだが、これはデザイン・カラーリング共に妙におしゃれ。コンテンポラリーな感じだ。
ストラップも付いている。
ストラップも付いている。
ストラップやイヤホンジャックまで装備しており、街歩きもバッチリ仕様。バットディテクター業界(なにそれ)が狙う次の市場が垣間見えるモデルである。

ここでもう少しだけちゃんと解説しよう。バットディテクターとはいったい何なのか?

コウモリは夜間、森や街、洞窟などを高速で飛行し、餌を捕らえる。
その際に超音波を発し、その反響によって壁や草木等の障害物や、餌となる虫を探知する。エコロケーションと呼ばれる探知活動である。

この超音波は人間の耳で聞ける周波数の上限(約20KHZ)を超えており、我々は耳にする事ができないが、バットディテクターはこれを探知し、聴こえる音に変換する事ができる。

わかりやすく言えば、普通は聴こえないコウモリの鳴き声を聴くことができるのだ。探知するための音波を探知するという、コウモリ対人間のテクノロジーのぶつかり合いである。

コウモリの種類によって超音波の周波数も違うので、その数値を把握していれば(ある程度は)種類の判別も可能となる。
探知したい周波数を設定。下のグラフには受信している周波数が表示される。
探知したい周波数を設定。下のグラフには受信している周波数が表示される。
百聞は一ディテクトにしかず。とばかりに早速探知を行ってみた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓