ちしきの金曜日 2012年9月21日
 

会社帰りに懐中電灯で境界線を描く

林の中に、目黒区と品川区の境界を描きました。
林の中に、目黒区と品川区の境界を描きました。
以前「地図には描いてあっても、実際にはないものなーんだ?」という問いから始まった、大人たちの夜の遊びをレポートした【→「境界線を懐中電灯で描く」】。境界線をライトペインティングする、という試みだった。

とても楽しかったので、またやってみた。会社帰りに、林の中で。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

週明け平日の会社帰りに集まった大人たち

これが日本の大人だ!
これが日本の大人だ!
前回記事冒頭で書いたが、上記のクイズの答えは「ぜんぶ」。地図に示されているのは約束事であって物理的な事実ではないのだ。

その代表が境界線だ。地図には必ず描かれているが、現地にはもちろん線はない。それを、夜に長時間露光しているカメラの前で懐中電灯で地面を線状に照らすことで実現しよう!という試みだった。

これをまたやろう、というわけだ。なぜなら楽しかったから。
Twitterでいきなり募集したのだ。そしたら平日の夜なのにみんな集まってくれた。
Twitterでいきなり募集したのだ。そしたら平日の夜なのにみんな集まってくれた。
で、週明けのいそがしい平日。いきなり呼びかけたのだが、11人もの「ボーダーズ」が集まった。境界線を描くチームなので、ボーダーズだ。
今回の舞台は街中ではなく、公園だ。
今回の舞台は街中ではなく、公園だ。
前回は東京は神田駅に集合して、中央区と千代田区の境界を描き上げた。今回は目黒区と品川区の境界にチャレンジだ。

なぜこの2つの区境を選んだのかというと、ある公園内を横切っている部分があるからだ。

林試の森公園という公園の中を奇妙な形で走る境界線。魅力的!(大きな地図で表示
街中ではたいていの境界線は道路と一致している。確かに線は描かれてはいないのだが、言ってみれば道路それ自体が境界線だ、と見ることもできる。

それよりももっと「まったく境界線が見えない」場所に描いてみたかったのだ。だから公園を選んだ。
公園の入り口にある案内看板に注目するボーダーズ。
公園の入り口にある案内看板に注目するボーダーズ。
ここに境界線があるはずだが、この案内には示されていない。いいのか!いいか、べつに。
ここに境界線があるはずだが、この案内には示されていない。いいのか!いいか、べつに。
境界線が真ん中を突っ切る「出会いの広場」に、まずは向かう。おそらくこの「出会い」は目黒区と品川区の邂逅のことを指しているのだろう。けだし名ネーミングである。
境界線が真ん中を突っ切る「出会いの広場」に、まずは向かう。おそらくこの「出会い」は目黒区と品川区の邂逅のことを指しているのだろう。けだし名ネーミングである。
公園内のどこで描くか迷ったが、まずは描きやすそうな「出会いの広場」というひらけた場所を選んだ。ほかのエリアは木々がうっそうと茂っていて、むずかしそうだったから。

聞けばこの「林試の森公園」はその名の通り元・林野庁の林業試験場だったそうだ。へー。そりゃ木が多いわけだ。

そしてなんでこんなに奇妙な形で公園内およびその周辺を走っているのか。古地図とか見てみたが、いまひとつはっきりしない。これに関しては今後の課題としたい。まずは描くことに集中しよう。

思ってたより難しい

さて、まずは腕試し。カメラの絞りを絞るだけ絞って、30秒間シャッター開けっ放しにして、その前を境界線に沿って地面を照らしながら歩いてもらう。行け!ボーダーズ1号!
さて、まずは腕試し。カメラの絞りを絞るだけ絞って、30秒間シャッター開けっ放しにして、その前を境界線に沿って地面を照らしながら歩いてもらう。行け!ボーダーズ1号!
広場の真ん中に真っ直ぐこういうふうに照らして進めばいいのだ!
広場の真ん中に真っ直ぐこういうふうに照らして進めばいいのだ!
上の写真加工してみて、なんか現場で苦労しなくてもこうやって画像に線を描き加えれば結果は一緒なんじゃないかという気がした。

いや、そんなことはない!ぼくらの思い出に残っているぞ!

さて、ともあれ前回一度やって、なかなかうまく描けたこともあり、状況は違えどまあそんなに手こずりゃしないだろう、と高をくくっていたが、これが大間違いだった。

曲がっちゃうのだ。
広場のむこうまで30秒間地面を照らしながら歩いた結果の写真。面白い!面白いけど、曲がってる。そして懐中電灯からの直接光が写ってしまっている。
広場のむこうまで30秒間地面を照らしながら歩いた結果の写真。面白い!面白いけど、曲がってる。そして懐中電灯からの直接光が写ってしまっている。
ひらけている場所で、なんのガイドもなく真っ直ぐ歩くのは難しい。しかも夜でまわりは暗い。
曲がらないように真っ直ぐ前方を見据え、懐中電灯は後ろ手に足元を照らせばいいのでは、というアイディア。さて、どうか?
曲がらないように真っ直ぐ前方を見据え、懐中電灯は後ろ手に足元を照らせばいいのでは、というアイディア。さて、どうか?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓