ひらめきの月曜日 2012年9月24日
 

試食アイランド淡路島

 試食がやたらと気前のいい島、淡路島
試食がやたらと気前のいい島、淡路島
本州と四国の間に浮かぶ島、淡路島。瀬戸内海最大の島として知られているだろう。

他にも玉ねぎや牛肉の産地として有名だろうか。もう十分に知名度はあるだろうが、新たなセールスポイントとして「なんだか試食がすごい」という点を加えたい。実際に行ってきた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」
> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

名前通りにオアシスのハイウェイオアシス

最初に紹介するのは、淡路ハイウェイオアシスという施設。ここはまず施設そのものやロケーションが素晴らしい。
 高速道路のパーキングエリアから入れる
高速道路のパーキングエリアから入れる
 なんだか素敵な外観
なんだか素敵な外観
 景色にも起伏があって楽しい
景色にも起伏があって楽しい
 中に入っても素敵さ続行
中に入っても素敵さ続行
おっさんなのに「あら…素敵」と、奥様みたいに感じてしまう雰囲気。洒落たデザインの建物は外からの様子だけでなく、中に入っても緑が豊かで気持ちがいい。高速道路から直接入れる施設で、ここまでのムードのところは初めてだ。
 入り口から試飲アピール
入り口から試飲アピール
 販売スペースは一見よくある感じ
販売スペースは一見よくある感じ
おしゃれな感じに流されてしまいそうだが、今回の目的は試食のすごさの確認。おみやげ品販売コーナーに入ってみると、商品が並んでいる様子はあくまで普通のこの手の店だ。

しばらく見て回っていると、おすすめ商品の1つであるらしい、たまねぎスープの試飲を発見。

 勝手に飲んでいいらしい
勝手に飲んでいいらしい
 2000万という数字にパワーを感じる
2000万という数字にパワーを感じる
販売員から渡されるのではなく、すでにできあがったスープの入ったポットから自分で注いで飲むシステム。いや、システムという言葉はふさわしくない自由さなのだ。

紙コップも商品もかなり豊富で、さらには「2000万食突破!」とポップでアピール。エネルギッシュにグイグイ押してくる。
 ずらっと並ぶ瓶のところにある試食は…
ずらっと並ぶ瓶のところにある試食は…
 山盛り玉ねぎに玉ねぎドレッシング
山盛り玉ねぎに玉ねぎドレッシング
 野菜だけでなく海産物も
野菜だけでなく海産物も
 なんか試食って感じじゃない
なんか試食って感じじゃない
淡路島の特産品だけあって、スープ以外にも玉ねぎ推し。玉ねぎドレッシングは玉ねぎにかけて味を試せる。さらには島だけあって、海からやってきた食品も揃う。ワカメは大皿に盛ってあるのを勝手に食べていいらしい。

なんだこのサービス精神は。試食だけでおいしく健康になってしまいそうな勢いではないか。
 ジャンル様々に誘惑してくる試食
ジャンル様々に誘惑してくる試食
店内をうろうろしていると、次々にいろいろな食べ物が手招きしてくる。どれもカットが大きめだったり容器にいっぱい入っていたりと、試食ウェルカムな感じが全体に漂っている。
 こんなものまで!と思わされた
こんなものまで!と思わされた
 「直接なめてね」ということか
「直接なめてね」ということか


うまそうなローストビーフがスライスされているのを見てざわめいたが、さすがにこれは食品サンプル。こういうトラップを織り交ぜてくるのも心憎い。

オニオンスパイスは何かにかけて味わうスタイルではなかったので、これだけで味見してみる。スパイス直接なめるってあんまりないけど、これも玉ねぎのコクが広がる味わいで、試食をすすめる自信がよくわかった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓