はっけんの水曜日 2012年9月26日
 

雨が降ると現れるまぼろしの大河

まぼろしの大河が現れた
まぼろしの大河が現れた
大雨が降ると、そこかしこに水たまりができる。

無作為に現れるような気がする水たまりだけど、よく考えれば、それは一見すると平らに見える部分の、わずかな高低差を露にしているとも言える。

そして、水たまりから水があふれると、そのわずかな高低差に沿って川となり、うっすらと流れていく。

そういうものを見つけると、ただの水浸しの地面が、大地を空から見下ろした光景に見えてくるのだ。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

雨が降ると現れる

久しぶりの休日、起きてみると外は土砂降りの雨であった。

とりあえず用事を済ますために家を出ると、駐車場の排水溝のまわりに水たまりができていた。水が集まりやすいように、排水溝に向かって傾斜がつけられているのだろうと思う。
駐車場に降った雨が排水溝の周りに集まる
駐車場に降った雨が排水溝の周りに集まる
だけど、水たまりからあふれた水が、舗装の継ぎ目に沿って駐車場の外に流れ出していた。

きっと、舗装の継ぎ目が排水溝の縁よりもわずかに低くなってしまっているのだろう。
手前のスロープの方に流れ出していた
手前のスロープの方に流れ出していた
駐車場のスロープにできたその小さな流れは、よく観察するとまるで険しい岩山の斜面を流れ落ちる、何段にも分かれた滝のようだった。
ミクロ的に見るとものすごい高低差である(あたりまえだ)
ミクロ的に見るとものすごい高低差である(あたりまえだ)
段々に流れ落ちてきた水は、その先でひときわ大きい、垂直に切り立った幅の広い滝となって、道路の側溝に流れ込む川の本流に注いでいた。
脳内でスケールを1000倍くらいにして考えてください
脳内でスケールを1000倍くらいにして考えてください
ほとんど妄想に近いスケールで考えないとイメージできないけど、でも道路と駐車場の境目のコンクリートをよく見ると、ちょうど水が流れている部分だけ、角が削られて中の石が露出している、ように見える。

コロラド川が何千万年もかけて大地を削り、あの雄大なグランドキャニオンを造ったのと同じ現象が、ここでも起きていると言えるだろう。

いや、ひょっとしたら違うかも知れない。でもそう考えると楽しくない?つまりこの記事が言いたいのはそういうことだ。
流れ込んだ本流は側溝に落ちてゆく
流れ込んだ本流は側溝に落ちてゆく

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓