ロマンの木曜日 2012年9月27日
 

大通りの一本裏を歩こう

これ、銀座です
これ、銀座です
大通りの一本裏を歩くのが楽しい。

車の騒音も気にならないし、なにより、この街にこんな場所があったのかという発見がある。逆に、ふだんいかに大通りしか通ってないかも分かる。

一本裏の魅力をたずねたい。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。

前の記事:「写真+音の臨場感」
人気記事:「焼け野原にならなかった東京めぐり」

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

こっちの道に行きたい!と思う、一本裏

一本裏とは何か。

なんていうまでもなく、みんな分かってる。分かってると思うんだけど、ちょっと説明させてほしい。

たとえばこういう道を歩いてるとする。
ザ・大通りという風情
ザ・大通りという風情
そんなとき、ちょっと脇を覗くとこんな道があったとしたらどうだろう。
おっ!
おっ!
いい道である。この、細くていい具合のカーブ。大通りより断然こっちを歩きたくならないだろうか。

どうでしょう。ひとまず、なるということで話を進めさせてください。
振り返ったところ。この景色でごはん3杯はいける。
振り返ったところ。この景色でごはん3杯はいける。
いい道だねえ。
表通り(右)と、一本裏(左)
表通り(右)と、一本裏(左)
10メートルくらい裏に入っただけなのに、印象ががらっと変わる。それが一本裏の面白さだと思うのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓