土曜ワイド工場 2012年9月29日
 

朝5時からの大盛り食道楽

朝から晩まで食べ続けます!
朝から晩まで食べ続けます!
たとえばどこか遠くの街に出かけた時、その街を堪能しようと思うと食べ物という選択肢になると思う。もちろん観光名所に行く手もあるけれど、人間の三大欲求である食欲に勝る物はない。

そして、せっかくなら「大盛り」という要素も外せない。やはり少ないより多い方が嬉しいはずだ。ということで、大盛りを朝から晩まで食べ歩きたいと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

沖縄朝5時一食目

今回、大盛りを食べ歩く地は沖縄である。沖縄といえば誰もが一度は行ってみたい場所だ。ただしタイムイズマネーの現代、いくら南国ムード漂う沖縄であっても、ゆっくり観光! なんて言っている場合ではない。堪能しなきゃ、せわしなく沖縄を堪能しなきゃ、なのである。
ということで、朝5時前の
ということで、朝5時前の
国際通りです
国際通りです
国際通りといえば沖縄観光のメッカ。修学旅行生などもよく見かける。ちなみに日中ここを僕が歩けば高確率で道を聞かれる。地元民に見えるようだ。

しかし、朝5時の国際通りには、誰もいない。いると言えば酔っ払って寝ている人くらい。そんな時間からタイムイズマネーの現代においての沖縄観光は始まるのだ。
1軒目「丸安そば」(沖縄県那覇市樋川2-3-7)
1軒目「丸安そば」(沖縄県那覇市樋川2-3-7)
日も昇る前から開いているお店があるのかと思うが、まず訪れた「丸安そば」は24時間営業である。ファミレスのようなチェーン店ではなく、普通のお店。むしろ趣が勝っているお店だ。
沖縄そばを堪能
沖縄そばを堪能
朝5時の沖縄そば。朝起きて飲むフレッシュジュースが爽やかならば、その対極にある食べ物だけれど、沖縄が詰まっている。そして意外にもあっさりしているので、ツルツルと氷の上を滑るように食べてしまう。朝5時に付きまとう眠たさを忘れさせてくれる美味しさなのだ。
2軒目に到着!「やんばる食堂」(沖縄県那覇市長田2-5-24)
2軒目に到着!「やんばる食堂」(沖縄県那覇市長田2-5-24)
先の沖縄そばはフランス料理で言えば前菜である。いや、食前酒に近いかもしれない。これからがメイン(大盛り)なのだ。ということで、次は「やんばる食堂」にやって来た。まだ日は昇らずあたりは暗いが、コチラも24時間営業である。
やって来ましたAランチ
やって来ましたAランチ
朝から揚げ物。この幸せを堪能できるのも沖縄の素晴らしさ。アメリカ人の昼食みたいなボリュームがある。でも、ここは日本でまだ朝5時半。普通は不釣合いだけれど、沖縄そばで胃を目覚めさせたおかげで、インパラを追うライオンのようなスピードで食べてしまう。もちろん美味しい。きっと沖縄は何を食べても美味しいと思う。
朝食の後は海にでも行きましょう!
朝食の後は海にでも行きましょう!

昼食は大盛りラーメン

朝食の後は海にでも泳ぎに行けばいいのではないだろうか。沖縄といえば海。朝が早いので、ビーチには人が誰もいなかった。昼食まで泳げばいい。たらふく食べた後の運動。健康的だ。
昼食「ちゃー盛らぁめん だいじろう」(沖縄県那覇市松尾2-10-20 ちとせ商店街ビル)
昼食「ちゃー盛らぁめん だいじろう」(沖縄県那覇市松尾2-10-20 ちとせ商店街ビル)
海から戻り昼食はラーメンである。店前にのぼりがあって分かるように「山原豚」が使われているそうだ。ちなみに「やんばるとん」と読む。この法則で行くと「原田さん」は「ばるださん」となり、若干バルタン星人寄りの名前になる。
ラーメン登場!
ラーメン登場!
山盛り
山盛り
分かりやすく大盛り。山盛りのお手本のような山盛りだ。さすがにこれは食べられないかな〜と思ったが、むしろ食がすすんだ。

麺は太めで、チャーシュー、スープには深みがある。こっちは朝から胃を鍛えているからか、あっという間に完食。あるいは麺は別腹なのかもしれない。とにかく美味しくて満足。僕がライブ中の歌手ならば、お〜き〜な〜わ〜、と叫んでいたと思う。
その後は博物館にでも行けばいい
その後は博物館にでも行けばいい

晩御飯も大盛り

ラーメンを食べ終わった後は、沖縄を文化的な方向からも堪能するべく博物館にでも行けばいい。せっかく沖縄に来ているのだから、食べる、観光、食べる、観光を繰り返さなければもったいない。ただしすぐに夕食タイムはやってくる。タイムイズマネーなのだ。
夕食は「波布食堂」(沖縄県那覇市通堂町4-22)
夕食は「波布食堂」(沖縄県那覇市通堂町4-22)
那覇港にあるやはり趣きという言葉がしっくり来る食堂「波布食堂」にやって来た。ここでぜひ食べておきたいのは「カツ丼」と「肉そば」である。何を持ってぜひ食べておきたいのかというと、大盛りだからである。
カツ丼
カツ丼
肉そば
肉そば
昼のラーメンに負けずとも劣らない大盛り。少食の人だったらその見た目で満腹になると思う。でも、違うのだ。コチラは朝から鍛えているのだ。朝からのたゆまない努力が、その街を嫌というほど堪能できるスターダムに導いてくれるのだ。
でかいね!
でかいね!
しかも肉そばなんて野菜たっぷりだから体にもよさそう。堪能して健康になって、言うことないのではないだろうか。ここまで来ると胃がバカになるのか、全然食べれてしまうから人間って不思議な生き物だな〜と思った。でも、苦しいか否かと問われれば、さすがに苦しい。ただそういうところに幸せを見出して行くのも人生だと思った。
波布食堂の近くにあったしゃぶしゃぶ食べ放題。一人だから行く勇気がなかった
波布食堂の近くにあったしゃぶしゃぶ食べ放題。一人だから行く勇気がなかった

堪能するなら朝から!

限られた1日を自由に使うならば、やはり朝早くから起きるのが一番だ。正直眠い。でも、それは食欲で埋め合わせ! と思うといくらでも胃に入っていくから不思議。僕が沖縄に行くのは今回で2度目だったのだけれど、一番堪能できた気がする。その夜、胃薬は飲んだけれど、幸せだった。
波布食堂のあと、スーパーでさらに沖縄っぽい物を買って食べました!
波布食堂のあと、スーパーでさらに沖縄っぽい物を買って食べました!
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓