デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日 2012年10月2日
 

一人で女子とカフェデートしている写真を撮る方法

けいたんとは僕のことです!
けいたんとは僕のことです!
カフェというものがある。コーヒーを飲んだり、紅茶を飲んだりする場所だ。そんなカフェでデートをしているカップルをよく見かける。

幸せなオーラが押しつぶさせそうなほど出ていて、実に微笑ましい。彼氏も彼女もこぼれんばかりの笑顔で、彼女がコーヒーを飲む彼氏の写真を撮っていたりもする。そこで一人でカフェデートの写真を撮れる方法を紹介したいと思う。
地主恵亮 地主恵亮(じぬしけいすけ)
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

カフェでデート、カフェデート

カフェデートというものが存在する。別に難しいことではなく、カップルでカフェでコーヒーなり、紅茶なりを飲むことだ。これが非常に幸せそうで実に楽しそうなのである。私事だが、最近長く一人旅に出ていて、時間つぶしに入ったカフェでこの様子をよく見かけ、実に羨ましく思っていた。
またカフェはオシャレである!
またカフェはオシャレである!
どうにかこの「羨ましい」を解消できないかと模索した結果、一人でもカフェデートをしているように見える写真を撮影できることが分かった。とても手軽な方法で朝11時起床のような簡単さだ。さらにその写真からは幸せが滲み出ている。
これがその写真です!(けいたんとカフェデート)
これがその写真です!(けいたんとカフェデート)

撮影方法は簡単!

素晴らしきカフェデートの写真だ。コーヒーを飲む彼氏にカメラを向けると「撮るなよ〜」と照れ笑い、そんなストーリーを写真から感じることができる。これをカフェデートと言わず何と言うという完璧なカフェデートの写真だ。
写真ばっかり撮るなよ〜
写真ばっかり撮るなよ〜
もちろんこの写真は一人で撮影している。ポイントを抑えれば誰でも一人でカフェデートの写真は撮れてしまうのだ。

まず1つ目のポイントは写真から相手の存在(上の写真の場合は彼女)を感じられるようにしなければならない。しかしこれは難しいことではなく、一人で二人分の飲み物を頼めば解決する。
そして小道具
そして小道具
2つ目のポイントは相手が女性であることを感じさせるために女子らしいアイテムをそれとなく写し込むことだ。今回は、ヘアクリップとシュシュ、そしてハンドクリームを使用した。男性はまず使わないアイテムだ。

これらを写しこむことで撮影者が女性である、と写真を見た者を思い込んでしまうわけだ。わざわざ一人で二人分の飲み物は買わないだろう、わざわざ小道具を置かないだろう、という常識を逆手に取った方法である。
その結果、このような写真になる(飲めよ〜)
その結果、このような写真になる(飲めよ〜)
最後のポイントはトイカメラ風の写真にすることだ。女性はトイカメラ風の写真が大好きという一般認識を利用するのだ(トイカメラ風の写真はスマホのアプリで簡単に作ることができるのでぜひ利用しよう!)。

このようなポイントを抑えることで一人でカフェデートの写真が撮れてしまう。もちろん私の前にいるのはトイカメラが大好きな彼女ではなく、三脚である。
撮影風景(隣の席のおじさんによる撮影。終始、これは何? と聞かれた)
撮影風景(隣の席のおじさんによる撮影。終始、これは何? と聞かれた)
撮影風景2(三脚にスマホを固定して撮影しています)
撮影風景2(三脚にスマホを固定して撮影しています)

応用しよう!(公園デート編)

これは何もカフェだけでなく、二人分の飲みものを買うことで、カフェでなくてもカップルの幸せな瞬間を作り出すことができる。たとえばカフェでコーヒーをテイクアウトして、天気のいい公園で飲む。休日の公園に行くとこんなカップルをよく見かける。これも撮れてしまう。
天気いいね〜
天気いいね〜
公園でのデートである。(いないけれど)彼女の顔を見ている目線がポイントだろう。またリラックスしている表情も大切だ。彼女にしか見せない表情、その表情こそが写真に説得力を持たせるのだ。
スマホのカメラアプリのピントを合わせて、
スマホのカメラアプリのピントを合わせて、
彼女にしか見せない表情で撮影
彼女にしか見せない表情で撮影
こうして撮れた公園デート(この後どうする〜?)
こうして撮れた公園デート(この後どうする〜?)

応用しよう!(レジャーシート編)

さらにレジャーシートを敷いてのデートなんかも幸せポイントが高いのではないだろうか。これも今までのポイントを抑えれば簡単に一人で撮れてしまう。もはやデートとは一人でできてしまう時代なのではないだろうか。
写真ばっか撮ってんなよ〜
写真ばっか撮ってんなよ〜
ただし僕の目に写る風景は彼女でなく三脚
ただし僕の目に写る風景は彼女でなく三脚
上の写真は三脚が2本写っていると思うが、奥の三脚はこんな風に撮影しています、という写真を撮るための三脚である。本来は必要ないので、三脚は1本しか必要ない。三脚は安ければ1000円もしないので、本当にデートをするよりも安く写真は撮れてしまう。非常に経済的だ。
こんな風に撮影しています
こんな風に撮影しています

彼女を撮影できないか?

ここまでは彼女が撮影したカフェデートの写真であったが、彼氏である僕が彼女を写すことはできないだろうか。もっとも先の方法で僕が写真を撮っても写るのは三脚で、カフェデートにはならない。どうにか彼女を作り出すことはできないだろうか。
どこでもカフェ〜
どこでもカフェ〜
そこで、カフェでないところでもカフェっぽい写真を撮れるように上のような装置を作った。これで女性の前に立てばカフェデートの写真が撮れてしまうはずである。問題は女性がいないこと。その問題を銅像で補おうと思う。
カフェデート!
カフェデート!
先の彼女にしか見せない表情、というポイントを考えて上のひょうきんな表情の銅像を選んだのだけれど全然カフェデートには見えなかった。何がしたい写真なのか分からない。マイナスとマイナスの足し算のような写真だ。
銅像自体も走っていてカフェデートをしたくなさそう
銅像自体も走っていてカフェデートをしたくなさそう
やはり女性でないとダメだということで女性の銅像を探した。知り合いの女性を探すよりも簡単に見つかってしまうから銅像は素晴らしい。今度こそカフェデートの写真が撮れればと願っている。
銅像の写真だわ
銅像の写真だわ
カフェデートに見えない。銅像を撮った写真だ。銅像がいくら女性でも温かみが無いのが敗因だろうか。やはり一人でカフェデートの写真を撮るには自分を三脚を使って撮る以外に無いようだ。

ただしその写真のできは素晴らしいと思う。「カフェデートした。撮られると照れるな〜」みたいな文章と共にTwitterにでもあげればいいと思う。きっと羨ましがられるはずだ。
相手を撮る方法は今後の課題にしたいと思う
相手を撮る方法は今後の課題にしたいと思う

一人でもカフェデートはできる

カフェデートという一人ではできないことも写真の中では可能だ。二人分の飲み物を購入して、女性が持っていそうなものをさりげなく写し込ませる。そしてトイカメラ風にするだけ。実に簡単だ。その結果、スマホのフォルダとTwitterのタイムラインだけは幸せな思い出でいっぱいになると思う。
ふざけて二人分飲んでいるカフェデートの写真。実際は一人で二人分を頼んだので、ただ急いで飲んでいるだけ
ふざけて二人分飲んでいるカフェデートの写真。実際は一人で二人分を頼んだので、ただ急いで飲んでいるだけ

  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation