はっけんの水曜日 2012年10月3日
 

佐渡島でトキを見てきた

放鳥されたトキを発見!
放鳥されたトキを発見!
また佐渡島にいってきた(去年の記事参照)。佐渡大好き。

佐渡島のトレンドといえばトキなのだが、運が良ければ自然の中を生きるトキを見ることができるかなと思ってちょっと探してみたら、なんと本当に見ることができたのだ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「客が麺から作るセルフラーメン屋をやりたい」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

放鳥されたトキは50羽くらいいるらしい

一年振り、二度目の佐渡島へとやってきた。特に理由はないのだが、去年とまったく同じ時期である。

さて佐渡島といえば、放鳥した野生下のトキが無事に孵化したというおめでたいニュースが春にあったばかり。

佐渡島に何羽のトキが放たれているのかは知らないが、数日滞在していれば、トキを見ることも可能なのではないだろうか。バードウォッチングの趣味はないけれど、見られるものなら見てみたい。
ヒナの誕生もあってか、トキ関係のお土産が充実していた。かもめの玉子ではなく、朱鷺の卵。
ヒナの誕生もあってか、トキ関係のお土産が充実していた。かもめの玉子ではなく、朱鷺の卵。
東京銘菓ひよこではなく、朱鷺の巣ごもり。こういうセンスは嫌いではない。
東京銘菓ひよこではなく、朱鷺の巣ごもり。こういうセンスは嫌いではない。
佐渡島にトキがいるとはいっても、びっくりするくらい佐渡島は広かったりする。その面積は面積は855平方キロメートル。東京都の半分くらいの広さがあるのだ。

ちょっと調べたら、放鳥されて生存しているトキの数は、だいたい50羽くらいらしい。これって探しようがある数なのだろうか。
トキを探しながら運転をすると、わき見運転ならぬトキ見運転で事故を起こしがち(佐渡あるある)。
トキを探しながら運転をすると、わき見運転ならぬトキ見運転で事故を起こしがち(佐渡あるある)。
早朝にフェリーで新潟港を出発した時点では雨が降っており、天気予報も悪かったのだが、佐渡島に着いてみたら晴れていた。だからどうにかなるような気はしている。

トキのエサ場へとやってきた

土地勘もないまま漠然と探しても出逢う確率はほぼゼロなので、何度もトキを見ているという佐渡島在住の方に、トキのエサ場であるというポイントへ連れてきてもらった。

その方とは、旅の同行者であるエアギタリストの宮城マリオさんのお父さんだ。
一番左がお父さん。トキどこー?
一番左がお父さん。トキどこー?
連れてきていただいたのは、佐渡島の幹線道路沿いにある、ごく普通の田んぼである。エサ場といっても餌付けをしている訳ではなく、トキがカエルやドジョウをよく食べにくる、お気に入りの場所という意味らしい。

こんなところにいるのはサギくらいじゃないかと思ったのだが、確かに白い鳥がいる!

肉眼では白い点にしか見えないが、トキだトキだと、トキを見たことのない一行は大興奮。
このカメラとレンズで撮影にチャレンジ。
このカメラとレンズで撮影にチャレンジ。
しかし、双眼鏡で覗いていた宮城さんのお父さんが、言いたくはないんだけどという感じでつぶやいた。

「…あれは、サギだな」

サギか。まあそうだよね。200ミリの望遠レンズで撮影して、液晶画面で確認してみると、それは間違いなくサギだった。
鳥には詳しくないが、トキではない気がする。
鳥には詳しくないが、トキではない気がする。
うん、サギだ。
うん、サギだ。
サギに騙された。まさに詐欺である。

これはこの日この場所にいた全員が頭の中に浮かんだ言葉だが、誰もそれを口から発することはなかった。

サギは別に悪くないのだ。

今度こそトキか!

我々が探しているのは、佐渡島のどこを飛んでいるのかわからない野生下のトキ。東京でエグザイルやAKBの誰かに会う確率よりも、佐渡でトキに出会う確率の方が低いかもしれない。

だが道路の反対側で、宮城さんのお父さんの呼ぶ声がする。今度こそトキか!
「あれはそうだと思うんだよね〜」
「あれはそうだと思うんだよね〜」
遠くに見える白い点。今度こそトキだろうか。

東京ドームの外野席で見るプロレスの試合よりも遠い距離感。今度こそトキだろう、いややっぱりサギだろう、いっそビニール袋じゃないかなど、様々な意見が飛び交う。
肉眼で見るとこれくらいの距離感。どこ?
肉眼で見るとこれくらいの距離感。どこ?
デジカメでズームイン。確かに白い鳥がいる!
デジカメでズームイン。確かに白い鳥がいる!
これだけ遠いと、手持ちのデジカメではいくらズームしても正体がわからない。

やはりバズーカーみたいな望遠レンズがないと、トキの撮影なんて無理なのだろうか。
拡大してもわかんねー。
拡大してもわかんねー。
こういうときは、あれはトキだったんだと思い込んで、この場を去るのが正解なのだろう。きっとあの中の1羽くらいはトキがいるのだよ。

しかし、せっかくトキらしき鳥に出会えたのだからと、トキが驚かない程度の距離まで近づいて、トキだとはっきり分かる写真が撮りたいという欲が出た。

そっと稲刈りシーズンとなった田んぼの畦を歩み寄る。
この田んぼがトキのエサ場なのだそうです。
この田んぼがトキのエサ場なのだそうです。
畦を歩くと、イナゴやカエルがすごい数で逃げ出していく。生命が濃い!
畦を歩くと、イナゴやカエルがすごい数で逃げ出していく。生命が濃い!
十分な距離を保ちつつも、その正体がわかるところまで寄って、撮影したものを液晶画面で拡大表示。

しまった、あれ全部サギだ。
うーん、サギっぽいな。
うーん、サギっぽいな。
拡大! うん、サギだった。
拡大! うん、サギだった。
もしかしたら双眼鏡で覗いていた宮城さんのお父さんは、最初からサギだと気が付いていたけれど、いい思い出を持ち帰ってもらおうと、やさしい嘘をついていたのかもしれない。

どうやら知らないほうが幸せだった真実を追ってしまったようだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓