はっけんの水曜日 2012年10月3日
 

佐渡島でトキを見てきた

佐渡最終日に再チャレンジ

さて3泊4日で楽しんだ佐渡島最終日、夜中に降った雨も朝方には上がり、乗馬も楽しんだし、あとは昼飯でも食べて帰ろうかというときに、宮城さんのお父さんから、トキがいたぞという電話が掛かってきた。

正直すっかりトキのことなど忘れて佐渡を満喫していたのだが、これでトキが見られたらこの旅はまさにパーフェクト。

教えてもらったポイントへと車を走らせる。
今まで見た中で一番大きな虹が出ていた。
今まで見た中で一番大きな虹が出ていた。
なんとなくトキが見られそうな気がする空。
なんとなくトキが見られそうな気がする空。
そこにいたのは、やはりサギだった。惜しい、首が長過ぎる。

そしてトキならぬトビ。惜しい、一文字違い。
生きたトキを見た後なので、一目でわかるぜ。あれはトキじゃない!
生きたトキを見た後なので、一目でわかるぜ。あれはトキじゃない!
サギだけではなく、トンビやカラスが結構いる。生きるって大変。
サギだけではなく、トンビやカラスが結構いる。生きるって大変。
トキはどこだと探していたら、宮城さんが「たぶんあれがそうですよ!」と指を刺したその先に、サギよりもずんぐりとした白い鳥がいた。
肉眼だとこれくらいの距離。遠いなー。
肉眼だとこれくらいの距離。遠いなー。
肉眼ではあれがトキなのかサギなのかウサギなのかまるで分らないので、例によってデジカメで撮影した画像を拡大して確認する。
一匹だけ、サギじゃないっぽいのが混ざっているらしい。
一匹だけ、サギじゃないっぽいのが混ざっているらしい。
宮城さんの話では、今頭を下げている右から二番目の鳥が、トキっぽい色をしているそうだ。よく肉眼で見えるな。さすが佐渡生まれ。

しばらくすると、その鳥が頭を上げた。
あ、頭が赤い!
あ、頭が赤い!
ズームイン!携帯のカメラだと遠すぎてまったく写らないので、みんなこの液晶を撮ってツイッターにアップしていた。
ズームイン!携帯のカメラだと遠すぎてまったく写らないので、みんなこの液晶を撮ってツイッターにアップしていた。
そのずんぐりとした体形、怖いほどに赤い顔、太すぎるクチバシ(別にけなしている訳ではない)、間違いなくトキである。
家に帰ってパソコンで拡大。うん、トキだ。
家に帰ってパソコンで拡大。うん、トキだ。
すごい、本当に野生下に放たれているトキに出会ってしまった。

肉眼では「トキと言われればトキ」くらいの遠距離だが、それでもやっぱり、トキが見られてうれしかった。

旅行から帰ってきた今も、埼玉の空の下で、ついついトキを探してしまっている。
トキとツーショット撮影。
トキとツーショット撮影。
点だ。
点だ。

条件が揃えば見られるかもしれません

「せっかく佐渡にいくのだから、トキが見られたらいいな」くらいの軽い気持ちだったのだが、幸運にも本当に見られてしまった。

どうやらちょうど稲刈りが終わったところだったので、田んぼにいるトキが見やすかったことが勝因だったらしい。

佐渡在住の人でもなかなか見る機会はないという話なので、これは相当運がよかったということなのだろう。もしやと思って確認したが、サマージャンボ宝くじはハズレだった。

「私的標本 捕まえて食べる話」という本を作りました

いきなりですが告知です。既にご存知の方も多いかと思いますが、「私的標本 捕まえて食べる話」という自主制作の本を作りました。本屋さんには売っていません。
トキは捕まえても食べてもいません。
トキは捕まえても食べてもいません。

よろしければ一冊どうぞ。販売先や詳しい内容はこちらです。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓