ロマンの木曜日 2012年10月11日
 

メロンが雑草として育つ島

!
熱海沖にある初島(はつしま)では、メロンが雑草として育つという情報をつかんだ。
名を「雑草メロン」というらしい。
雑草野菜を追い続けている僕は、急遽、初島行きの船に飛び乗った。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

食べに行くのは野生のメロン!

はじめに言うと、雑草メロンは普通のメロンではない。
大きさはウズラ卵程度、熟す前はむちゃくちゃ苦いが、熟すと黄色く色づき、ほんのり甘くなるという。
生物学的には同じメロンだが、栽培メロンとは違う、雑草として野生化しているメロンだ。
雑草メロンのイメージ。ウズラ卵ぐらいの大きさで、まんまるい。
雑草メロンのイメージ。ウズラ卵ぐらいの大きさで、まんまるい。
秋風の涼しくなる9月中旬、黄色く色づいた完熟メロン(ただし雑草)を求めて、僕は熱海沖の初島へと向かった。
興奮のあまり、新幹線で熱海へ向かう。
興奮のあまり、新幹線で熱海へ向かう。

なぜわざわざ初島へ向かうのか?

メロンの起源は古く、弥生時代に中国大陸から伝わり、食用にされていたという。なので古墳や遺跡から、メロンの種がばんばん出土するらしい。
なんと弥生時代にはメロンを食べていたという。
なんと弥生時代にはメロンを食べていたという。
しかしそのあと普及せず、人の手を離れて放置。
雑草化して、今では主に瀬戸内海から九州の島々に分布しているが、北限として熱海の初島にも生育するという。
古代人の食べたメロンが熱海にある!
ここ2〜3年、雑草野菜を追い続けている僕としては、このロマンチックな雑草への想いに、胸がはちきれんばかりである。
リゾート客の群れ。雑草のことを考えてるのは僕だけ。
リゾート客の群れ。雑草のことを考えてるのは僕だけ。
熱海から20分ほどで初島に到着。
直径400mほどの小さな島で、10分も歩けば対岸に着いてしまう。「東京から一番近い離島」という名にふさわしい。
昭和には名の知れた観光地だったぽい
昭和には名の知れた観光地だったぽい
はっきり言おう、今回は発見する自信がある。
雑草探しは、いつも広すぎる大地を前に茫然としてしまうのだが、今回はターゲットが極めて小さく、しかも弥生時代から生えているという事前情報もある。
これは勝ったも同然だ。
100%の勝算を胸に、初島の中心部へと分け入った。

リゾートに集う人、雑草を探す僕

ざっと歩いてみたところ、初島には、『リゾート地域 』、『民家地域 』、『畑地域 』の3つがあった。
島の半分以上はリゾート化されている。中央にVマークの畑、漁港の周辺には民家。
島の半分以上はリゾート化されている。中央にVマークの畑、漁港の周辺には民家。
リゾート地域 』はまず無理だ。
リアルが充実した感じの人が大勢集まっていて、雑草どころの騒ぎじゃない。
「ええと、古代のメロンがですね……」なんて話を始めたら、「お客様、お引き取り下さいませ。」と言われること間違いなしである。
ここには用も無いし、雑草もない。
ここには用も無いし、雑草もない。
民家地域 』も、ちょっと無さそうである。
初島の民家は密集していて、どこも「海の幸の定食」を観光客に提供していた。(そしてちょっと値段が高い)
住宅地は意外と雑草が見つかるポイントなのだが、ここでは焼き魚定食の値段ばかりが目についた。
密集する民家。アジの焼き魚定食が1000円ぐらいする。
密集する民家。アジの焼き魚定食が1000円ぐらいする。
やはり『畑地域 』が狙い目である。
トラクターとか全然使ってない感じの、ゆるーい畑。
トラクターとか全然使ってない感じの、ゆるーい畑。
雑草メロンの本場・瀬戸内海でも、畑地のそばに生えるらしい。ということは、たったこれだけの部分をくまなく探せばいいのだ。
狭い!!ここだけ!
狭い!!ここだけ!
獲ったりー! 雑草メロン討ち獲ったりー!
今から勝利の雄たけびが、脳内に響くようである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓