フェティッシュの火曜日 2012年10月16日
 

知床の温泉が熱い!

野性むきだしな知床の温泉たち
野性むきだしな知床の温泉たち
北海道東部、オホーツク海にぴょこんと飛び出た知床半島。アイヌ語でシリエトコ、地の果てという意味を持つ、まさに最果ての地である。

知床の主だった見どころは半島の西岸部に集中しており、知床観光といえば西岸部の港町であるウトロを拠点にその周辺を回るのが一般的だろう。

とは言うものの、知床の東岸部には見どころが無いというワケではない。特に東岸部は温泉が豊富で、中には秘湯という表現がピッタリな温泉も存在する。今回はその知床東岸部の温泉にスポットを当ててみたい。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「2000年前に作られた人工景観「ラス・メドゥラス」を見に行った」
人気記事:「フランスの田舎を歩いた一ヶ月(サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼 前編)」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

まずは知床西岸のみどころ紹介

というワケで今回は知床東岸部の温泉特集なのだが、その前に知床半島西岸部の見どころをざっくり紹介しておこう。

知床最大の魅力といえば、何といってもそのダイナミックな自然の風景だろう。ウトロの周囲には、壮大な知床の景色を手軽に楽しむことができる場所が多い。
雄大にそびえる知床連山
雄大にそびえる知床連山
海岸は断崖絶壁がたまらん程に連続している
海岸は断崖絶壁がたまらん程に連続している
ウトロ界隈には奇岩も多い(これはゴジラ岩)
ウトロ界隈には奇岩も多い(これはゴジラ岩)
ウトロ港からは知床岬やその途中まで行く遊覧船も出ており、それに乗れば海から地形を眺める事ができる。

知床連山からの稜線が海岸でストーンと落ちる光景は迫力満点。流氷によって浸食された痕や、運が良ければ海岸で魚を捕るヒグマの姿を見る事ができる。

また、ウトロから北に入った所にある知床五湖も人気のスポットだ。
その名の通り五つの池が密集する知床五湖
その名の通り五つの池が密集する知床五湖
この日は湖面の状態がすこぶる良く、写り込みが素晴らしかった
この日は湖面の状態がすこぶる良く、写り込みが素晴らしかった
知床五湖は遊歩道が整備されているものの、知床半島はその全体がヒグマの聖地であるが故にヒグマが出没する事もあり、その際には遊歩道が閉鎖されてしまう。

ヒグマの活動が活発な夏は閉鎖される確率が高く、特に今年の8月上旬はほぼ全滅だったらしい。私が知床を訪れたのは9月の下旬だが、この日も午前中はヒグマが出てクローズだったという。
こちらは知床五湖のさらに奥にあるカムイワッカの滝
こちらは知床五湖のさらに奥にあるカムイワッカの滝
温泉がそのまま滝になっているので水が温かい
温泉がそのまま滝になっているので水が温かい
知床五湖から未舗装の砂利道を進んだその先にあるカムイワッカの滝は、ほんのりと硫黄のにおいがする温泉の滝だ。ただし少々ぬるいので、温水プール感覚で水遊びが関の山だろうか。

源泉に近い上流はもっと熱いようだが、残念ながら立ち入り禁止で入る事はできない。

とまぁ、このカムイワッカの滝のように、知床はあちらこちらから温泉が湧き出している。まさに温泉だだ漏れ地帯、知床。
ウトロにも温泉施設が多い
ウトロにも温泉施設が多い
普通の浴場なので秘湯感は少ないが
普通の浴場なので秘湯感は少ないが
遊覧船も出ているし、知床五湖やカムイワッカの滝もあるし、温泉施設も整っている知床西岸部。知床の自然を楽しみたいだけならば、正直この辺りだけでも十分な気がしないでもない。

しかしながら、西岸部を見たら東岸部も見たくなるというのが人情であろう。私もまたそのような衝動にかられて東岸部に足を運んでみたのだが、そのお陰で冒頭の写真のような温泉を見付ける事ができたのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓