ちしきの金曜日 2012年10月19日
 

シンガポールNo.1の珍スポットに行ってきた

心ふるわすオブジェがいっぱい
心ふるわすオブジェがいっぱい
日本各地の様々な珍スポットを刈りつくしてきた当サイト。しかし、海外に行くとまだまだ未知なる傑珍(傑出した珍スポット)がウヨウヨしていることに気づかされる。

今回は、先日シンガポールで見つけたワールドクラスの珍スポットを紹介しよう。
1980年生まれ埼玉育ち。東京の「やじろべえ」という会社で編集者、ライターをしています。ニューヨーク出身という冗談みたいな経歴の持ち主ですが、英語は全く話せません。

前の記事:「少ない量でもバイキングっぽくなる方法 」
人気記事:「食用ミドリムシの旨さにおののく」

> 個人サイト Twitter (@noriyukienami)

セレブがつくった珍スポット

その珍スポットの名は「ハウパーヴィラ」。またの名を「タイガーバームガーデン」という。軟膏薬のタイガーバームでたんまり儲けた胡兄弟が、その儲けた金を惜しみなく注ぎ込んだブルジョアジーな珍スポットなのである。

日本の珍スポットといえば、ちょっと変わり者のおっちゃんが手作りで運営しているイメージだが、ここは逆にセレブリティな珍。とにかく珍なるモノに対し、金に糸目をつけない感じが逆に清々しい。

珍スポットのワールドカップがあったら、おそらくシンガポール代表はここだろう。
シンガポール国旗が舞う入口の岩山
シンガポール国旗が舞う入口の岩山
「free admission」すなわち入場無料という気前の良さ
「free admission」すなわち入場無料という気前の良さ
少林少年たちも訪れるほどの人気スポットでもある
少林少年たちも訪れるほどの人気スポットでもある

地元も太鼓判の珍スポット

ちなみに、タクシーの運転手に「ハウパーヴィラ」に行きたい旨を伝えたところ、とても怪訝な顔をされた。「お前さんも酔狂なやつだな」とでも言いたげな顔だ。

その運転手以外にも、現地の人に「ハウパーヴィラ」に行ったという話をすると、もれなく怪訝な顔を頂戴できる。近年、発展目覚ましいシンガポールにはカジノやユニバーサルスタジオ、オシャレなショッピングモールなどなど、魅力的な観光スポットがいくらでもあるのに、わざわざそんなところに行く日本人が珍しかったのだろう。現地の人にとってもここが珍スポットであるという認識はあるようだ。

シンガポール人の怪訝な顔がみたい人はハウパーヴィラの話をするといいですよ。
これまた立派な門
これまた立派な門
富の象徴である虎があしらわれている
富の象徴である虎があしらわれている
けっこうしっかりした案内図
けっこうしっかりした案内図
テーマによってエリアが分かれているらしい
テーマによってエリアが分かれているらしい
園内には無数のコンクリート像が配置されている。胡兄弟の出身国である中国風味の銅像が多いのだが、そのどれもがカラフルで豪華だ。

ただ、間近でよく見ると若干仕上げが甘かったりして、その仕事の甘さが微笑ましかったりする。

仙人っぽい人や
仙人っぽい人や
三国志っぽい人など色んな像がある
三国志っぽい人など色んな像がある
赤い唇がセクシー
赤い唇がセクシー

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓