ひらめきの月曜日 2012年10月22日
 

最安食費研究

これが1つの答え
これが1つの答え
食べることがとても好きな私は、日々の生活でも食事は重要なイベントとして考えている。何を食べるか考えるのは楽しいが、合わせて気になるのが食費だ。 好きなものを好きなだけ食べていると、際限なくかかる食費。普段は適当に価格と内容のバランスを考えて食事をするわけだが、価格の安さを追求して考えたらどうなるだろうか。

どんな内容の食事になるのだろう。そういうわけで、最安食費について研究してみた。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「全日本ハシビロコウ動かな選手権」
人気記事:「逆にキツネをつまんでみた」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

必要カロリーから見た最安食費

最安食費研究と言っても、できるだけ食べるものを少なく済ます方針は今回取らないこととしたい。それでは単なる我慢大会になってしまいそうだからだ。

研究するからには、ある程度の論拠をもって考えたい。まずは生活を送るのに必要な熱量(カロリー)をベースにして考えよう。
清涼飲料水の倍くらいの価格
清涼飲料水の倍くらいの価格
ハイカロリーな食品としてすぐ思いつくものは油。近所の安売りスーパーに行ってみたところ、1500gで約300円という価格だった。大容量ボトルということもあるが、感覚的に安い。
ザ・普通のおっさん
ザ・普通のおっさん
もし、この油だけで必要なカロリーを摂るとすると、どんな食費が出てくるだろうか。必要なカロリーの基準とするのは自分としよう。

身長171cm、体重64.5kgというのは、一般的な成人男性の平均的な数字だろう。座っていることも多い仕事だが、通勤の往復で平日は1時間強歩いているので、身体活動レベルも普通と考えてよさそうだ。
今回は割とまじめにやるつもり
今回は割とまじめにやるつもり
必要カロリーは、厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」を参照しよう。これによると、私が当てはまる30〜49歳の男性で身体活動レベルが「ふつう」の場合、1日当たりの推定エネルギー必要量は2650kcalとなっている。
油は種類を問わず共通カロリー
油は種類を問わず共通カロリー
油のカロリーは文部科学省が発表している「日本食品標準成分表2010」によると、100g当たり912kcal。表を見ていて気がついたのは、油はどんな原料のものでもカロリーは同じということ。100%脂質なので当たり前なのだろうが、意外にも感じられた発見だった。

さて、この油だけで1日に必要なカロリーを摂る場合をシミュレートしてみよう。計算すると、2650kcalにするためには約287gの油が必要になる。
これが自分に必要な1日分のエネルギー
これが自分に必要な1日分のエネルギー
こうしてペットボトルに入れると、いろいろな感想が湧いてくる。これで1日動けるなら、人間というのは結構省エネルギーな生き物かもしれない。ただ、1日の食事がこれで終わってしまうのは、あまりにも悲しい。
500mlのペットボトル半分強
500mlのペットボトル半分強
このままグイグイいくのはちょっと無理
このままグイグイいくのはちょっと無理
そもそも油をゴクゴク飲むというのは、やっぱりあり得ない。試しに口をつけるふりだけしてみたが、とても飲めそうな気にはならなかった。

しかし今回の狙いはとりあえず実践ではなく、まず研究。計算上どうなるかを知っておくのも目的としたい。
栄養源が油オンリーの場合の食費
栄養源が油オンリーの場合の食費
1500gで300円だったことから計算すると、1日当たりの食費は約58円。1ヶ月(30日)で1727円だ。予想以上に安い。理論上は約1700円で生きていくのに必要なカロリーは摂れることになる。

ただ、やはり油だけを飲んで暮らすというのはあまりにも非現実的。もう少しなんとかなりそうな食品でカロリーをまかなうとしたらどうなるだろうか。
こいつもなかなかやりそうだ
こいつもなかなかやりそうだ
そこで思いついたのは砂糖。1kgで200円というのは、1.5kgで300円だった油とグラム当たりの値段が偶然にも一緒だ。

ただし、カロリー量は油とは異なる。100g当たりのカロリーが油では912kcalだったのに対して、上白糖の場合は384kcal。カロリーベースで考えると、砂糖は油より高級品となる。
これが自分に必要な1日分のエネルギー
これが自分に必要な1日分のエネルギー
1日に必要な2650kal分の上白糖は、約690g。油の場合はコップ一杯だったが、砂糖だとビジュアル的にも結構な量になる。
結構な山盛りだぞ、これ
結構な山盛りだぞ、これ
これを1日かけてちびちびとなめていけば、十分なカロリーが摂れるというわけだ。油よりはまだ現実味があるかもしれない。
砂糖だけ食べて暮らす場合の食費
砂糖だけ食べて暮らす場合の食費
食費を計算すると、1日当たりで138円、1ヶ月で4140円となった。油と比べると約2.4倍の価格だが、これでもかなり安い。

甘い物は好きな方の私だが、個人的に好物と言ってすぐに思いつくのはやはりお肉。これまでの食品と比べると高くなるのは予想がつくが、どれくらいになるのだろう。
たまたま日替わり特価品だった
たまたま日替わり特価品だった
今回は最安食費を研究するのがテーマ。肉類の中で安いものと言えばやはり鶏肉。中でも胸肉は、モモやササミといった他の部位と比べて特に安い。

訪れたスーパーでも100g38円という値段。これで計算してみよう。
3枚で844g
3枚で844g
1日分にはちょっと足りない
1日分にはちょっと足りない
鶏の胸肉は皮付きの場合、100g当たり244kcal。1日に必要な2650kal分の鶏胸肉は、1086gとなる。食費を計算すると、1日当たりで約412円、1ヶ月で約12381円となった。
さすがにこれまでと比べると高級
さすがにこれまでと比べると高級
上白糖と比べると約3倍、油と比べると約7.1倍となる。しかし、最も安い種類と部位とは言え、1ヶ月肉ばっかり食べて12381円と考えれば、肉の割には安いように思える。

ただし、これまでの研究には大きな問題がある。どれにしたって、栄養バランスがめちゃくちゃなのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓