はっけんの水曜日 2012年10月24日
 

さようなら石淵ダム

最後に関係者で記念撮影
最後に関係者で記念撮影
10月初旬、あるひとつのダムがその60年にも及ぶ役割を終えた。

役割を終えたとは言っても、最近の公共事業の見直しで仕分けられたのではなく、環境保護運動の高まりで廃止に追い込まれたわけでもなく、単純にもっと大きなダムが必要になったから。話としては戦隊で戦っていたところ敵が巨大化したのでロボットを出した、というのと同じである。

古いダムが役割を終えた2日後、新しいダムへの「引継式」が行われることになり、その模様を取材してきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「参加するとキャベツがもらえるラリーに出場」
人気記事:「究極の夜行バス・コクーンに乗った」


これは…恋…?

たとえば一度だけ会ったことのある芸能人とか、初めての海外旅行で立ち寄った街など、それまで大して関心がなかったのにその後なんだか気になって、出演ドラマが視聴率低迷で打ち切られたり、その街で大きな事件があったり、そんなニュースを見ると、自分には直接関係ないけど心が痛むなんてことがあるだろう。

ノーマークだったものが、ちょっとしたキッカケでフェイバリットな存在になる経験は誰にでもあると思う。いわゆる「あれ、やだあたし、うそ、好きかも」というやつだ。

最近の僕にとって、その最たるものが石淵ダムである。ちなみに次点でサッカースイス代表。
お母さん、私はいま好きな人がいます。この写真の人です。
お母さん、私はいま好きな人がいます。この写真の人です。
石淵ダムは岩手県の南部、奥州市の胆沢川に造られ、洪水を防いだり農業用水を確保したり、発電もしているダムだ。もうこの時点で東京に住んでいる僕とはほとんど関係がない。遠距離にもほどがある。

まあ、下流の田んぼのために水を貯め、そして流域の洪水を防いでいるのだから、そこで穫れたお米を食べたり、川沿いの工場で組み立てられた製品を使っている、という関係はあるのかも知れないけど、でももし石淵ダムの水が干上がったからといって家の蛇口から水が出なくなるような、そんな直接的な存在ではない。せいぜいいつも買っているあきたこまちが不作で値段が上がったからひとめぼれにしようとか、工場が水に浸かったせいでアマゾンで注文した製品が届くのが数週間遅れるといった、その程度の接点だろう。

逆に言えば、そんな遠くのダムにほんのわずかでも接点がある、というのも驚きだけど。
そんな年に見えないかも知れないけど、もう還暦なの
そんな年に見えないかも知れないけど、もう還暦なの
ひょっとしたら、石淵ダムに代わるもっと大きなダムを造るために、僕が納めた税金の一部が使われているのかも知れない。でもそれだって税金の使われ方全体から見れば宇宙における隕石のひとつのようなものだろうし、結果的においしいお米を食べることができ、アマゾンで注文した品物が翌日に届く確率が増すのならそれに越したことはない。
後任の胆沢ダム。若くてイケメンだけどイマイチ惹かれないのよね
後任の胆沢ダム。若くてイケメンだけどイマイチ惹かれないのよね

どうしても気になる

つまり、石淵ダムがどうなっても、僕にはほとんど何の影響もないのだ。しかしなぜ、僕はこんなに気になって、一般人は招待されない引継式に潜り込んでまで、石淵ダムの最後の姿を見届けようと思ったのか。

それはいくつかの理由が重なっている。まず、石淵ダムは日本のダム史上において、もっとも貴重な存在のひとつ、と言えるからだ。
あたい...来ちゃった...!
あたい...来ちゃった...!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓