ちしきの金曜日 2012年10月26日
 

人生ゲームを面白くする方法

人生をゲームに例える…みたいな比喩ではありません。
人生をゲームに例える…みたいな比喩ではありません。
人生ゲームを知らない人はいないだろう。
日本で最も有名なゲーム。ボードゲームと聞いて真っ先に思い浮かべる人も少なくないはずだ。私も子供の頃、憬れのゲームだった。

が、その知名度とは裏腹に、やってみると意外なほど面白くない。ただルーレットを回し出目に従って進むだけで、駆け引きも無ければ考えどころも無い。ひたすら運だけのゲームなのだ。が、ボードゲームは電子ゲームと違い、気に入らなければ自分たちでルールを作って遊ぶこともできる。そこで、どうしたら人生ゲームをもっと面白くできるか考えてみることにした。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。

前の記事:「急階段を一気に駆け上がる!長崎くんちの「お上り」」
人気記事:「廃墟の水族館に行って来た」

> 個人サイト 長崎ガイド

The Game of Life

日本で絶大な知名度を誇っているので、てっきり日本で作られたゲームかと思ってたが、メーカーのホームページを見たら元は海外からの輸入ゲームであると書いてあった。

そういえばたしかに、私が子供の頃の人生ゲームは箱にでっかく「LIFE」と書いてあったり株券などが英語で書かれていて、随所にアメリカンな雰囲気が漂っていた。お札もドルだし(これは今も変わらず)。
箱にはハスブロー社(アメリカの玩具メーカー)のマークも。
箱にはハスブロー社(アメリカの玩具メーカー)のマークも。

魅力溢れる盤面

冒頭で「意外なほど面白くない」と書いたが、まずは良いところから書こう。

人生ゲームの盤面はとても魅力なアイテムに満ちあふれている。私も子供の頃に「スゲー!!」と思ったし、うちの子供もグイグイ引き込まれていた。
1) 懐かしいルーレット。
1) 懐かしいルーレット。
2) 立体的な山。
2) 立体的な山。
3) 立体的な家。
3) 立体的な家。
4) そして人生ゲームと言えばこの車
4) そして人生ゲームと言えばこの車
5) こんなただのピンなのに家族が増えると妙に嬉しい。
5) こんなただのピンなのに家族が増えると妙に嬉しい。

低いゲーム性

次にダメな点を書こう。
どの点が私にとって「面白くない」か?

1) ルーレットの出目に従って進むだけで、選択肢がほとんどない。つまりただの運ゲー。
2) 作戦を考えたり、対戦相手と駆け引きをしたり、どうやったら勝てるかロジックを考えるといった、いわゆる“ゲーム性”が一切ない。
3) そのくせマスごとにお金の出し入れがあって、しょっちゅうお札を数えなければならず面倒臭い。
頻繁にお札を数え出し入れする。指先がカサカサしてるとツラい。
頻繁にお札を数え出し入れする。指先がカサカサしてるとツラい。
どの職業に就くかはその後の金回りを大きく左右する重大局面だが…
どの職業に就くかはその後の金回りを大きく左右する重大局面だが…
スタート直後のルーレット(=運)によってあっさり決まる。
スタート直後のルーレット(=運)によってあっさり決まる。
とはいえ、子供はけっこう楽しんでやっていた。
完全に運なので大人とやっても勝てるところが逆に良いようだ。またお金が増えた、家族が増えたといったできごとを純粋に楽しんでいる。(半ばままごと的に)

そういう点ではいいゲームでもある。
が、しかし大人が付き合わされてる感は否めない。
贅沢な願いかもしれないが、ボードゲーム好きの大人として、やはりもう少し大人も楽しめるゲーム性がほしいと思う。
子供はすごくエンジョイしてた。
子供はすごくエンジョイしてた。
というわけで、どうやったら人生ゲームがもっと面白くなるだろうか?と考え始めた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓