チャレンジの日曜日 2012年10月28日
 

なぜ100kmマラソンを走るの?開催するの?儲かるの?

南会津を100km。様々な人が走ります。
南会津を100km。様々な人が走ります。
私はウルトラマラソンの大会に頻繁に出ています。こちらでレポート記事も幾つか書いています。

112kmのマラソンはとても楽しい
270km走るマラソンはそれでも楽しい
250km走るマラソン大会は、やはり楽しい

今回は、ウルトラマラソンの大会主催者と大会参加者に話を聞いてきました。

こういう大会はどんな人が、どのような思いで開催しているのか。そもそも大会を開催すると儲かるの?ウルトラマラソンを走るのは楽しいの?色々聞いてきました。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

色々な人が走っています。

デイリーポータル読者の方はウルトラマラソンと言っても「ああ、Tシャツ姿で酒飲んで笑っている筋肉質の人みたいなのが走る大会でしょ。」ぐらいにしかイメージが無いかもしれません。

いや、それは違います。ウルトラマラソンは色々な人が走っています。今回は昨年も出場した福島県の南会津で開催された「伊南川100kmウルトラ遠足(とおあし)」の主催者の方と、参加していた様々なランナーの方に話を聞いてきました。
もちろん私も走っています。
ウルトラマラソンはこんなのばっかりが走っている大会じゃありません。こちらの記事より。
ウルトラマラソンはこんなのばっかりが走っている大会じゃありません。こちらの記事より。

ウルトラマラソン主催者に話を聞く

まずは今回参加した「伊南川100kmウルトラ遠足(とおあし)」の主催者。海宝ロードランニングの代表、海宝道義さんに話を聞いてみました。
海宝さん。ロサンゼルスからニューヨークまでの4700kmを64日間で走る「トランス・アメリカ・フットレース」を完走したこともあるウルトラランナーです。
海宝さん。ロサンゼルスからニューヨークまでの4700kmを64日間で走る「トランス・アメリカ・フットレース」を完走したこともあるウルトラランナーです。
海宝ロードランニングは国内、海外でのウルトラランニンングの大会を企画、運営している団体。団体とはいうものの、準備、運営等の殆どは海宝さんと極少数の協力スタッフで行っています。
大会の準備は1年がかり。会場設営も前日からスタッフが手分けして行っています。
大会の準備は1年がかり。会場設営も前日からスタッフが手分けして行っています。
そもそもなぜウルトラマラソンの大会を運営していくようになったのでしょうか?

海宝「会社をリストラされた後、この機会にとアメリカ横断4700kmのウルトラマラソンの出場した時に、どこに行っても旅を応援してくれる人たちがいてね。そんな人たちに支えられて走らせてもらった気持ちをいつか誰かにも体験してもらいたいと思って。」
大会は朝5時スタート。スタッフは2時頃には会場準備を始めているそうです。
大会は朝5時スタート。スタッフは2時頃には会場準備を始めているそうです。
海宝さんは、もともとは病気治療の為の運動として走り始め、やがてウルトラマラソンを走るようになったそうです。その後、リストラ、アメリカ横断マラソン出場を経て、アメリカ横断マラソンのスポンサー会社に誘われて入社。

その会社で企画としてウルトラマラソンの大会を初めて開催、運営。その後、その会社を退職し、自らウルトラマラソンの大会を企画、開催、運営するようになったとのことでした。人生がもうウルトラマラソン。
エイドは選手の通過する1時間以上前から地元のボランティアスタッフ方が待機。
エイドは選手の通過する1時間以上前から地元のボランティアスタッフ方が待機。
そして、選手が全部通過して片づけが終わるまでエイドでは作業が続く。ありがとうございます。
そして、選手が全部通過して片づけが終わるまでエイドでは作業が続く。ありがとうございます。
馬場「大会の準備にはどれぐらいかかるのですか?」
海宝「大会の準備には1年はかかる。パンフの制作や、手伝ってくれる方の承認を得たり。地元の方との打ち合わせは、電話やメールなどで済ませず出来る限り現地に行って直接顔を合わせる。地域の人とのつながりがとても重要なんです。」

大会の運営で地元の人の協力は欠かせないそうです。
今回の大会の現地事務局の代表、酒井冨美さん(右から2番目)。パワフルなお母さんです。
今回の大会の現地事務局の代表、酒井冨美さん(右から2番目)。パワフルなお母さんです。
今回の大会では、現地に住む方が事務局として地域の方々とのやりとりなど精力的に活動されていました。事務局代表の酒井さんは以前海宝さんの講演を聞きに行き、海宝さんと交流があったそうです。

酒井さんはこの地域を多くの人に知ってもらう活動を色々されていました。その時、海宝さんとの縁があり、海宝さんがこの場所ならいい大会が出来るのではと大会開催を企画したのが4年前。今では300人近くの人が集まる大きな大会となりました。
なにしろこの大会は景色がいい。エイドも暖かくリピーターが多い。 
なにしろこの大会は景色がいい。エイドも暖かくリピーターが多い。 
地域の人にも楽しんでもらい、続けて行く事はとにかく大変とのこと。300人もの人間が1日かけて100kmも走る大会。その苦労は計り知れません。走った者としてはその尽力に感謝の気持ちでいっぱいです。

警察には「遠足」と言うといい

さて、これだけの大きな大会。沢山の人が道を走っていく事になる訳ですが、道路の使用許可というような何か手続きは要るのでしょうか?
ウルトラマラソンの大会は通常の歩行者と同じように、歩道を走り信号など各種交通ルールを守って走ります。
ウルトラマラソンの大会は通常の歩行者と同じように、歩道を走り信号など各種交通ルールを守って走ります。
馬場「大会開催に何か特別な許可とかいるのですか?」
海宝「車道を走るマラソンだと道路使用許可が必要だか、行政ならよくても個人だと許可が下りない。マラソンと書いて警察に使用許可を貰いにいったら、安全が守れるのか警備の人の配置はどうかと色々聞かれダメだった。」
馬場「ではどうしたのですか?」
海宝「1人の警察官が、競技性の無い大会というならマラソンではなく遠足という事にしたら特に規制は無いというような事を囁いてくれてね。それで大会名を「ウルトラ遠足」としたんだよ。」
この大会では国立公園内を通過します。この部分は通常登山者と同じように歩いて進むことが大会ルールになっています。
この大会では国立公園内を通過します。この部分は通常登山者と同じように歩いて進むことが大会ルールになっています。
この大会は競技性が無いので、順位表彰と言うのは特にありません。それを逆手にとって遠足と書き、「えんそく」ではなく昔でいう所のマラソンにあたる「とおあし」としたのです。意外な抜け道。

一応、こういう大会がこの日にあるということは警察に知らせておくそうですが、好意的な所もあればそうでない所もあり、場所によって違うのだとか。こういう所も地元の人との協力が重要なポイントとなります。

とにかく、大会開催においては安全第一ということを一番注意しているそうです。
ランナーもなるべく道の端を走り安全に注意する必要があります。更に、今回の大会では一部の道で通行許可が必要だったそうです。
ランナーもなるべく道の端を走り安全に注意する必要があります。更に、今回の大会では一部の道で通行許可が必要だったそうです。
さて、大会開催には色々と準備が大変な事は分かってきました。続いては皆さんが一番気になる点を聞いてみます。

マラソン大会を開催すると儲かるの?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓