ひらめきの月曜日 2012年11月12日
 

ししおどしでインターバルタイマー

!
カメラの機能でインターバルタイマーというものがある。一定時間おきに自動でシャッターを押してくれる機能で、ゆっくり動くものをコマ撮りでつなげられたり作業の様子を連続撮影できたりする。ぜひ使ってみたいものだが、あいにく、僕の持っているカメラには付いていないのだ。

ところで話は変わるが、日本の庭園に見られるししおどし、あれは大変によいものだ。チョロチョロと水の流れる音だけで気分が落ち着くのだが、それにカコン、という竹の乾いた音が加わると、少し襟を正されるような趣もある。それに何より、一定時間おきに音が鳴るというのがいいよね。一定時間おきにね!
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

インターバルタイマーを自作する

このカメラにインターバルタイマーがない
このカメラにインターバルタイマーがない
僕はどうしてもインターバルタイマーの機能が欲しくなったので、自作することにした。
動作には「一定時間おき」つながりで、ししおどしを利用する。
これをししおどしにする
これをししおどしにする
一見とっぴに思えるアイデアだが、かのエジソンが白熱電球を発明した際も、フィラメントの材質に何を使うかさんざん試行錯誤した末、竹を使ったという。
何かを作ろうとするとき、竹に行き着くのは必然なのだ。
インターバルタイマーの心臓部
インターバルタイマーの心臓部
原理としては、カッコン、の動きを使って、直接シャッターボタンを押すわけである。
ここで、2通りのつくりが考えられる。

まずプランA。
ししおどしのおしり(?)の方でシャッターを押す
ししおどしのおしり(?)の方でシャッターを押す
ただ、水を捨てたあとに竹が戻る力でシャッターを押し込むので、水の重みを十分に利用できていない。
ならば、水が溜まったときにシャッターを押すようにしてはどうか。それがプランBである。
ししおどしの先端でシャッターを押す
ししおどしの先端でシャッターを押す
肉を斬らせて(デジカメを水没させて)骨を断つ(シャッターを押す)、捨て身の作戦になってしまった。
この方法でいくと、1回シャッターを押すごとにデジカメを修理に出す必要があるため、インターバル撮影の間隔が最短で1ヵ月、ということになってしまう。それではちょっと実用性に欠けるので、今回はプランAを採用することにした。

3度目のししおどし

パイプを切って
パイプを切って
足を作る
足を作る
こんな感じかな
こんな感じかな
竹が細いのしか売ってなかったため若干きゃしゃではあるが、ししおどしができた。
なお、この記事を書くにあたって過去の記事を検索してみたところ、当サイトでししおどしを作るのは実に3回目であった。(
ししおどしは日本の心。誰しも一生に一度は作っておきたいものだ。

インターバル実践

さて、役者は揃った。いよいよインターバルタイマーの実践だ。
デジカメは水が跳ねてもいいようにビニール袋に入れて、動かないよう板にしっかり固定
デジカメは水が跳ねてもいいようにビニール袋に入れて、動かないよう板にしっかり固定
ししおどしの先端はシャッターに当たるように調整
ししおどしの先端はシャッターに当たるように調整
うまくいく気しかしない
うまくいく気しかしない
ちなみにこれがうまくいったら、電動の灯油用ポンプを設置して水を循環させるつもりである。
そうすれば、水道代を気にすることなくポンプかカメラの電池が切れるまでずっとインターバル撮影し続けることができる。
便利、節約、和風と、3拍子そろった装置なのだ。(そんな3拍子の組み合わせ聞いたことないが)
シャッターボタンに当たらない!時には空振り、時にはカメラのボディを強打し、着実に精密機器の寿命を縮めていく。
とはいえ、これでいい。あんまり最初からうまくいってしまうと、記事が埋まらなくて困るのだ。
…等と負け惜しみを垂れ流しつつ、改良作業に入る。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓