ちしきの金曜日 2012年11月2日
 

個展をひらいてみたらたいへんだった

準備が終わらない!!!
準備が終わらない!!!
以前「写真集を自分で作ってみたらたいへんだった」という記事を書いた。いわゆる同人誌を作ってみた顛末をレポートしたものだ。

今回は、いわゆる写真展を自分で開いてみた様子を書いてみたい。たいへんだった。ぼくが、というよりぼくの友達が。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「あの「ハトヤ」に行ってみた」
人気記事:「あの「ハトヤ」に行ってみた」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

アーティスト気取りか!

ぼくはいちおう写真集を何冊か出版しているので「写真家」と名乗ってもいい人間なのだと思う。

写真家といえば写真展だ。ここはひとつアーティスト気取りで個展なんかを開催してみちゃったりなんかしようではないか。
本記事が公開された現在、まさに開催中です。2012年10月31日〜11月4日(日)、みなとみらいギャラリーで。詳しくはこちら</a>。
本記事が公開された現在、まさに開催中です。2012年10月31日〜11月4日(日)、みなとみらいギャラリーで。詳しくはこちら
といっても、ぼくが今回チャレンジしたのは写真家としては、なんちゃって写真展だ。ほんとうの写真家ならば、ギャラリーと契約をして、売るための作品を披露するために個展が開かれる。つまりギャラリー運営者が全面的にバックアップしてくれるものだ(たぶん)。

しかし、ぼくとそんな契約をしてくれるギャラリーがいるはずもないので、ぜんぶ自分でやらなければならない。場所を貸すだけのギャラリーにお金を払い、あとは全部自分で。

いやー、ほんとうにたいへんだった。友達が。

まず、どの写真にするかで2ヶ月かかった

告知ポスター。タイトルは「日本の美しい景観」というふざけたものにした。
告知ポスター。タイトルは「日本の美しい景観」というふざけたものにした。
写真展でみなさんにお見せするのは、主にこのデイリーポータルZで記事にしたものたちだ。つまり、工場とかジャンクションとか高架下建築とか。あともちろん団地もね。
ハードディスクにたくさんの写真データ。
ハードディスクにたくさんの写真データ。
ぼくはほんとうに整理が苦手な人間で、写真データのありかもしっちゃかめっちゃかだ。同じようなデータがあっちにもこっちにもあったりして、お目当てのものを探すのがたいへん。

ただそのおかげで、ある1台のハードディスクがダメになったとき、他のものの中に散逸しているものたちから復元することができたことがある。いわゆる冗長性というやつだ。えっへん。

えっへんじゃないよ。そのおかげで、写真選定がちょうたいへんだった。全てのデータを揃えるのに2ヶ月かかった。反省した。

で、そのデータがまた大きすぎてやっかいなのだ。

2Gを越えるデータはフォトショップ形式では保存できないということを知った

1枚3.76GBの写真。なんだそれ。
1枚3.76GBの写真。なんだそれ。
写真展となれば、とうぜんプリントするわけだ。プリントとなるとwebに載せるのよりも高いクオリティが必要とされる。まずは解像度がある程度なければならない。

解像度自体は問題ない。なぜなら、工場やジャンクションのあまりのかっこよさにパノラマ合成をして撮ってきたからだ。
意図せず横28096ピクセルという写真を作ってしまった。2億5千万画素だ。
意図せず横28096ピクセルという写真を作ってしまった。2億5千万画素だ。
ダイナミックな曲線美を収めたいという歪んだ情熱のほとばしりが、ぼくをしてパノラマ撮影をさせたのだ。こんな超高解像度の写真を作りたかったわけではない。おかげで今回プリントするにあたって十分すぎるクオリティが確保できた。(しかしこのことが逆にあとで裏目に出る)
この写真、元は計40枚の、部分部分を連続して撮ったこういうわけの分からない写真群を…
この写真、元は計40枚の、部分部分を連続して撮ったこういうわけの分からない写真群を…
スティッチソフトと呼ばれる、画像をうまいことつなげてくれるアプリケーションに放り込むことで完成する。
スティッチソフトと呼ばれる、画像をうまいことつなげてくれるアプリケーションに放り込むことで完成する。
一枚一枚が、このように自動的にうまいこと歪ませられて、きれいに繋がっていくのだ。便利だなー。
一枚一枚が、このように自動的にうまいこと歪ませられて、きれいに繋がっていくのだ。便利だなー。
そうしてできたのがこれ。清水いはらインターチェンジ。すてきー!(大きな画像はこちら</a>)
そうしてできたのがこれ。清水いはらインターチェンジ。すてきー!(大きな画像はこちら
保存したり読み込んだりするだけで数分かかる。高解像度も行きすぎるとやっかいだ。

そんなこんなで、見せたい写真のデータを用意した。「あれも見せたい、これも見せたい」と悩んだ。

で、どのぐらいの大きさにするかを決めなければならない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓