土曜ワイド工場 2012年11月3日
 

猫料理を食べに行った

猫カレー
猫カレー
日本でただ一人のちくわぶ料理研究家の方と知り合いになったのがきっかけで、前回『ちくわぶ料理の可能性を見極める』という記事を書いた。
しかし、このちくわぶ料理研究家の丸山さんが週末だけ営業するカフェをやっていて、しかもちくわぶ料理ではなく猫料理を出すお店だというのだ。
ところで猫料理って、なに?
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

ちくわぶ料理と猫料理

もともと丸山さんと知り合いになったきっかけというのが、デイリーポータルのイベントでお馴染み東京カルチャーカルチャーで開催された『猫モノナイト』という猫好きイベントで、そこに僕が猫文具デザイナーとして、丸山さんが猫料理人としてそれぞれステージに上がることになったのだ。
日本でただ一人のちくわぶ料理研究家として以前紹介した丸山晶代さん。
日本でただ一人のちくわぶ料理研究家として以前紹介した丸山晶代さん。
猫文具デザイナーというのも我ながらよく分からない職種だが(その時たまたま『猫が喜ぶ文房具』という企画していたので)、猫料理人というのがまた輪をかけて謎だ。まさか猫を料理したものではあるまいし、猫が食べる用の料理というのも何か違う。

で、壇上で丸山さんの話を聞いてようやく理解できた。猫の形をした料理だったのだ。
イベントで紹介された猫の顔型ハンバーグ、にゃんバーグ
イベントで紹介された猫の顔型ハンバーグ、にゃんバーグ
丸山さんのお店では、こういう料理ばかりが出てくるらしい。なるほど確かにこれは猫料理だ。他にどんなモノが出るのか、これは見てみたい。

ねこまる茶房にお邪魔してみた

猫料理カフェ・ギャラリー『ねこまる茶房』は、JR鶯谷から徒歩10分ほど。ふつうの住宅街の中に、ふつうの住宅のフリをしてあった。
なんかこのそっと潜んでる具合からしてすでに猫っぽい。
実際、住所を頼りに来てはみたもののお店が見つけられず10分ぐらい周りをウロウロしていた。
部屋の隅に積んどいたAmazonの空箱で寝てた、ぐらい猫っぽい見つけにくさ。
部屋の隅に積んどいたAmazonの空箱で寝てた、ぐらい猫っぽい見つけにくさ。
目印その1.ひかえめな看板
目印その1.ひかえめな看板
目印その2.看板よりはるかに目立つ謎のオブジェ(テレビin招き猫
目印その2.看板よりはるかに目立つ謎のオブジェ(テレビin招き猫
中に入ると、そこらじゅうが猫モチーフだらけ。
ここから記事の終わりまでの写真に猫が何匹写っているでしょうクイズが出来るかと思ったが、結局やらないことにした。
「数えるのが面倒なので最初から諦めました」と正直に謝れるぐらいいっぱいいるからだ。
まず、お迎えしていただいた丸山さんの着物と帯がいきなり隠れキャラ的に猫。
まず、お迎えしていただいた丸山さんの着物と帯がいきなり隠れキャラ的に猫。
そして足元には猫スリッパの群れ。
そして足元には猫スリッパの群れ。
油断するとリアル猫も出てくる。丸山さんの飼い猫ももさん。
油断するとリアル猫も出てくる。丸山さんの飼い猫ももさん。
もちろん、食堂に移動しても猫ばかりである。
気がつけば至るところに猫がいる状況。
気がつけば至るところに猫がいる状況。
席に座っても、基本的にやることは「猫探し」
席に座っても、基本的にやることは「猫探し」
実は丸山さんは『元祖猫商 丸山商店』という猫雑貨のネットショップも経営されているので、元より猫グッズの品揃えに関しては他の追随を許さないのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓