フェティッシュの火曜日 2012年11月6日
 

このきび団子だったら家来になる

もっとも「家来になりたい!」とおもわせるきびだんごを、絵本から探した
もっとも「家来になりたい!」とおもわせるきびだんごを、絵本から探した
まさに知らぬ人などいないだろう、昔話界の不動のエース「桃太郎」。

突然だが今日はその「桃太郎」の、きび団子について注目したい。

というのも我が家にある絵本の挿絵のきびだんごが、その、やけに美味しくなさそうだったのである。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。

前の記事:「きなこねじりブームの謎に迫る」
人気記事:「セレブが来た!」

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

でかい桃から男児が飛び出すという話

まずは改めて「桃太郎」だ。我が家には1冊だけ絵本がある。子どもにとお下がりをいただいたものだ。

“でかい桃が川上から流れて”き、しかも“その桃から男児が飛び出す”という考えられない開始早々からの畳みかけ、”鬼をこらしめるために動物を団子で手なずける”という意外すぎる展開など、一旦座って静かに読むと驚きのエピソードの連続で構成されている。
我が家にあるのはこれ。よくある昔話をシリーズで刊行しているタイプ
我が家にあるのはこれ。よくある昔話をシリーズで刊行しているタイプ
これを読んでストーリーのとんでもなさに改めて感心するのと同時に、え、と驚いたのがきびだんごの描かれ方だった。
日本一のきびだんご…
日本一のきびだんご…
アニメ絵で子どもに親しみやすく描かれたかわいらしいキャラクターとは対照的に、このきび団子は、どうだろう、いってしまうとまずそうなのである。

きび団子は美味しそうであって欲しい

そもそも「桃太郎」でいうところのきび団子とは“黍団子”であろうという見方が一般的なようだ。実際は塩味でそれほど美味しいものではないと断言した文献もあった。

しかしそれでは自分が犬やら猿だったら家来になるのは渋ってしまいそうだ。
黍団子、郷土料理の本に探してみたがみあたらず。これは静岡のとうもろこしの粉を使ったものでいわゆる“黍”とは違うものらしい。ワイルドとしかいえない製法
黍団子、郷土料理の本に探してみたがみあたらず。これは静岡のとうもろこしの粉を使ったものでいわゆる“黍”とは違うものらしい。ワイルドとしかいえない製法
「ぐりとぐら」のフライパンケーキや「ちびくろさんぼ」のホットケーキだってまずそうだったら絵本一冊まるまるだいなしだ。続刊もなかったと思う。

実際の黍団子はともかく、せめて絵本に出てくる食べ物といえば美味しそうで憧れる存在であって欲しいじゃないか。

食いしん坊も行くところまで行くと絵本の挿絵に口出しをはじめるのだな、といま自分を俯瞰して思った。

きび団子が美味しそうに描かれている絵本を探す

というわけで、数ある絵本の「桃太郎」のなかから、最もおいしそうにきび団子を描く1冊を探したい。これが今日のテーマだ。

これをもらったら家来になるしかないと思わせるほどのきび団子の挿絵を見つけたい。
おいしそうなきび団子を探すべく
おいしそうなきび団子を探すべく
図書館をまわって「桃太郎」を借りまくった
図書館をまわって「桃太郎」を借りまくった
納得のいくきび団子像を見つけるべく、全部で20冊の「桃太郎」の絵本を借りた。正確に言うと借りては挿絵にきび団子を探し、返してまた別の「桃太郎」を借りてはきび団子を探すという作業を1日繰り返した。職質されたら説明しづらい仕事であるが、カッとなってやった。
借りても借りても新たな「桃太郎」が出てくる
借りても借りても新たな「桃太郎」が出てくる
さすがの力を見せ付けられた
さすがの力を見せ付けられた

「桃太郎」が面白い!

それにしても20冊である。そんなに種類があるものかと思うが、各地の伝承の違いや作家の語りなおしなど1冊1冊が個性的だ。

きび団子以前にちょっとまて、と驚く「桃太郎」も多かったので寄り道をして紹介したい。

今からみんな絶対驚くことを言うぞ。

あらかじめ生まれている桃太郎がいる

なんと、桃から生まれない桃太郎も世の中にはいるのだ。
赤座憲久・文、小沢良吉・絵の「ももたろう」
赤座憲久・文、小沢良吉・絵の「ももたろう」
表紙のたたずまいからして一筋縄ではいかないエッジを感じさせるこの桃太郎。

桃から生まれない、つまりどういうことかというと、こういうことなのだ。
あらかじめ生まれた状態で桃を持ち桶に入った状態で流れてくる
あらかじめ生まれた状態で桃を持ち桶に入って状態で流れてくる
えっ。

である。

これが「アメトーーク」だったら芸人さん総立ちの集中砲火だぞ。ここがデイリーポータルZでよかったな桃太郎よ。

川で生まれちゃう桃太郎もいる

それだけじゃない、桃の状態で川に流れてきたはいいものの、そこから先が急な桃太郎もいる。
絵、文・本多豊國「ももたろう」より
絵、文・本多豊國「ももたろう」より
なんとお婆さんに拾われるのを待たずして勝手に割れて生まれちゃうのだ。

こんなにも「ちょっとまってくださいよ」としかいえないシチュエーションが他にあるだろうか。

退治以前はプー太郎

さらに、これはある地方では有名な桃太郎伝説のようだが鬼退治に出る以前はなまけ者である桃太郎は意外に多い。
なかなかにショッキングな桃太郎の態度(瀬川康男・絵、松谷みよ子・文「ももたろう」より)
なかなかにショッキングな桃太郎の態度(瀬川康男・絵、松谷みよ子・文「ももたろう」より)
食っちゃ寝をして友人が誘っても遊びに出ず成長しても仕事に行かないのだ。老夫婦に育てられながらのこのニートぶりにはふるえる。

テイストでも発揮する

内容だけじゃない。20冊とここまで数が多いと、いかにも昔話風だったり逆にいま風のアニメ絵風だったりといったテイストもいろいろだ。

そんな中で、そうきたかという「桃太郎」もあった。
ムンクっぽくうまれる桃太郎(水谷章三・作、スズキコージ・絵「ももたろう」より)
ムンクっぽくうまれる桃太郎(水谷章三・作、スズキコージ・絵「ももたろう」より)
ブルーナ風の鬼(わらべきみか作「ももたろう」より)
ブルーナ風の鬼(わらべきみか作「ももたろう」より)
鬼が島がまたすごくブルーナぽくて良い
鬼が島がまたすごくブルーナぽくて良い
ひとつひとつ上げていったらきりのない見所の多さなのである。

もう「桃太郎」の生まれ方や育ち方の話だけで飲み会1回はできそうだ。きび団子の話は2次会でしよう。

2次会も長くなりそうなのでとりあえずここでページを分ける。次のページへどうぞ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓