ロマンの木曜日 2012年11月8日
 

とつぜん野球部の監督に任命されたときの、9の対処法

!
僕は野球のど素人だが、勤務している学校で野球部の顧問に指名されてしまい、以来10年、何とか今までやっている。
この経験を元に、野球部の顧問に指名されたときに、いかに素人とばれないようにするかの方法を紹介していきたい。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

野球を知らないことにかけては自信がある

僕は世紀末的な運動音痴なうえ、中学・高校と文化部であり、その通っていた中学・高校には野球部が無かったので、本当に部活としての野球を全く知らない。知っている野球はナイター中継とファミスタぐらいである。
僕の野球の知識の全てと言える「ファミスタ’87」
僕の野球の知識の全てと言える「ファミスタ’87」

もし高校野球の監督に、ど素人のあなたが任命されたら

しかし野球部の顧問は、お構いなしに突然やってくる。そう、これを読んでいる皆さんも「野球とは縁が無いし、大丈夫かな……」などと思ってはいけない!
いつ何どき、野球部の顧問という任務が降りかかるかは分からないのだ。
「まさか私が野球部の顧問に!?」
「まさか私が野球部の顧問に!?」
名監督・長嶋茂雄は「セコムしてますか?」と言っていたが、それに匹敵するぐらい監督になる備えも必須である。
そんな「まさか」の時のためにぜひ、この記事を読んで顧問となる備えをしておいてもらいたい。

用具編 (1)まずはこれを買え!「アップシューズ」

さあ、あなたが突然に野球部の顧問になった。しかし野球の道具など何一つ持っていない。
さあどうする。はじめに買うのは何だ?
バットか?グローブか?ユニフォームか?
残念ながらそのいずれも正解ではない。
答えはこれ、「黒のアップシューズ 」である。
通称「トレシュー」、「ベーシュー」ともいう。
通称「トレシュー」、「ベーシュー」ともいう。
この靴は野球の練習にだけ用いられる靴で、他の競技の人は絶対に履かない。
よって、これを履くことによってユニフォーム無しでも一気に「野球業界の人」っぽくなるのである。
そして色がポイントだ。選ぶのは白ではなく、黒である。黒を選ぶことによって、スーツに合わせても浮かないコーディネートが完成する。
スーツにも驚きの自然さ。
スーツにも驚きの自然さ。
野球の業界では黒のアップシューズ&スーツは、もはや燕尾服に次ぐ正装と認められており、これを意識するだけで「野球も知らない青びょうたん」から「たぶん野球を知っている人」にレベルアップできる。
必ず買おう。
未来人の予想図(ただし野球関係者)
未来人の予想図(ただし野球関係者)

(2)次はこれを買え!「ハイネックのアンダーシャツ」

これであなたは「たぶん野球を知ってる人」にレベルアップできた。
しかしあなたは指導者なのだ。
知っているではなく、野球ができる人と思われなければならない。そのために続いて買うべきは何か。
それは「ハイネックのアンダーシャツ 」である。
通称「アンシャツ」。丸首タイプもある。
通称「アンシャツ」。丸首タイプもある。
見れば、ああ、野球選手がよく着ているアレね、と分かってもらえるだろう。
顧問になりたてのあなたは、野球のユニフォームを着るのが恥ずかしくてしょうがないだろう。そして着たらおそらく確実に、野球をやる空気になってしまう。
そこで、これをユニフォームではなく、ワイシャツの下に着るのである。
はやく野球をやりたいぜ……。
はやく野球をやりたいぜ……。
どうだろう、一気に「野球できそうな人」感がアップしたと思わないだろうか。これを着るだけで「ほんとは野球できるんだけど、仕事の間はしょうがなくスーツ着てます」という感じになり、一気に監督らしくなる。
そのためにも丸首タイプではなく、はみ出る面積の大きいハイネックを着用し、「じつは野球できます」オーラを最大限に発散しよう。
おおー、新しく入ってきた外野の子、いい動きするなぁ……。
おおー、新しく入ってきた外野の子、いい動きするなぁ……。
これなら初心者のあなたでも恥ずかしくない。
ただ、着ていると野球ができそうであるため、「監督、ノック打って下さい!」と頼まれたりすることもあると思うが、その際には、
「スーツだから」
「手首が腱鞘炎で痛む」
「お前らにはまだ基礎練習が足りない」
などと言って、うまく避けるようにするとよい。

さて、次は用語編だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓