ちしきの金曜日 2012年11月9日
 

壱岐の「死ねる」っぷりが凄い

えっと…、柵は?
えっと…、柵は?
自分の不注意で転んでケガをしても
「転ぶような道を作る方が悪い」
と文句をつける輩がいる昨今、世の中のいろんなものが過剰にガードされている。

ところがどっこい、壱岐に行ったら超弩級の危険箇所でも柵なんかまるで無いのだ。もう、ちょっと油断したら簡単に死ねる場所がウジャウジャある。

その凄まじさをレポートします。
長崎より九州のローカルネタを中心にリポートしてます。1971年生まれ。茨城県つくば市出身。2001年より長崎在住。ベルマークを捨てると罵声を浴びせられるという大変厳しい家庭環境で暮らしています。

前の記事:「人生ゲームを面白くする方法」
人気記事:「廃墟の水族館に行って来た」

> 個人サイト 長崎ガイド

崖から落ちたら即死。芝生の上にベンチがあるのが秀逸。(パッと見、レンズによって歪曲してるようにも見えるが、右側のまっすぐな水平線からそうではないことを見抜いてほしい)
崖から落ちたら即死。芝生の上にベンチがあるのが秀逸。(パッと見、レンズによって歪曲してるようにも見えるが、右側のまっすぐな水平線からそうではないことを見抜いてほしい)

崖ファン、巨石・奇岩ファン垂涎の地、壱岐

壱岐の地形はほんとすごい。
垂れる涎(よだれ)と書いて「垂涎」と言うが、ホントにもう 開いた口が塞がらず、よだれが出切って喉がカラカラになってしまうほどだ。
猿岩。ほんとに完全に猿にしか見えない。
猿岩。ほんとに完全に猿にしか見えない。
壱岐は長崎県の上の方にある離島。
所属は長崎県だが、博多とか唐津からの方が近い。私は長崎空港から飛行機(プロペラ機)で行った。

いやそんなことはどうでもいい。
壱岐は島全体が玄武岩でできてると言ってもいいくらいゲンブカンが多く、島のあちらこちらで柱状節理による奇抜な岩や崖を目にする。
ベンチに座って壱岐の名勝「猿岩」を間近で見られる。…が、そのすぐ先がまさかの断崖絶壁。
ベンチに座って壱岐の名勝「猿岩」を間近で見られる。…が、そのすぐ先がまさかの断崖絶壁。
柵がな〜い!!  (右側に小さく見えるのが上の写真のペンチ)
柵がな〜い!!  (右側に小さく見えるのが上の写真のペンチ)
そしてどういうわけか、壱岐の名所にはほとんど柵が無い。

もちろん、こういうのは大歓迎だ。
さほど危なくもないものをガチガチに柵で囲って安全第一にしてしまう昨今の風潮にはむしろ辟易としてる。が、これはそんな私から見ても「えっ?!」と思うような自由度の高さだ。

引き締まる股間

「鬼の足跡」も、壱岐屈指の名所である。
「転落注意」の看板がポツリとあるが…
「転落注意」の看板がポツリとあるが…
そのすぐ後ろが断崖絶壁。でもってやはり柵は無い。
そのすぐ後ろが断崖絶壁。でもってやはり柵は無い。
鬼の足跡とは直径50メートル前後の大穴がボコンと、まるで超巨大な鬼に踏みつけられたように空いていて、その先がトンネルになって海に繋がっている…という摩訶不思議な場所。波の浸食によって作られたものだそうだ。

これが一切の制限なく自由に見物できるようになってるわけだが…
細っ!! (しかも柵無いし!!)
細っ!! (しかも柵無いし!!)
柵も何も無い岩の橋に立ち、さきほどいた場所を見返すと、そのスケールに縮み上がる(主に股間が)。
赤矢印の先から見ていた。何このスケール感。落ちたら死ぬ度が半端じゃない。
赤矢印の先から見ていた。何このスケール感。落ちたら死ぬ度が半端じゃない。
アングルによってはただの野原に見えるところが恐い。
アングルによってはただの野原に見えるところが恐い。
同じ場所を別アングルで。おしっこチビりそうや…。
同じ場所を別アングルで。おしっこチビりそうや…。
ゴルフの全英オープンを彷彿させる佇まいでもある。
ゴルフの全英オープンを彷彿させる佇まいでもある。
ちなみに名所だからあえて柵を設けてない、という風でもなく、わりと島全体がこういうテイストで貫かれている。

まだまだ、スゴいのがあるぞ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓