フェティッシュの火曜日 2012年11月13日
 

命がけの紅葉狩り〜黒部峡谷下ノ廊下を歩いた

危険、落ちたら死ぬ
危険、落ちたら死ぬ
北アルプスのど真ん中を貫く黒部峡谷。切り立った山々によって囲まれた険しい地形の為、明治時代に入るまでほとんど人が立ち入らなかったという、まさに日本の秘境というべき場所である。

黒部峡谷を紅葉の時期に歩きたい。そう思い立ち、旅行の計画を立てたのが3年前の事だ。しかし黒部はあまりに遠かった。一昨年は仕事に追われて時間が取れず、去年は行く直前になって崖崩れが起きてしまい道が閉鎖されてしまった。

その3年越しの願いが今年ついに叶ったのだ。喜び勇んで向かった黒部峡谷は、あらゆる意味で凄かった。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

徒歩でしか行けない黒部峡谷の中心部

今回私が歩いたのは、黒部峡谷の中でも特に景観が良いという「下ノ廊下(しものろうか)」と呼ばれるエリアである。

しかしそこはあまりに険しい地形ゆえ峡谷沿いの登山道以外に道は無く、約30キロメートルの道のりを自力で踏破しなければならないらしい。

より大きな地図で表示
下ノ廊下のルート図
……30キロメートル。なかなかしんどい距離である。だがしかし、そこは夢にまで見た黒部峡谷。なんとか頑張って歩くとしよう。

スタート地点は黒部ダム

さて、下ノ廊下を歩くにあたりそのスタート地点はどこかというと、ご存じ、日本一の高さを誇る黒部ダムである。下ノ廊下は黒部ダムの直下から始まるのだ。

なので、まずは黒部ダムを目指す事になる。
やってきました、長野県の信濃大町駅
やってきました、長野県の信濃大町駅
バスに乗って黒部ダムの入口、扇沢を目指す
バスに乗って黒部ダムの入口、扇沢を目指す
扇沢周辺の山々も既に色付いてきていた
扇沢周辺の山々も既に色付いてきていた
トロリーバスでトンネルを越え、いよいよ黒部ダムに突入
トロリーバスでトンネルを越え、いよいよ黒部ダムに突入
そうして到着した黒部ダム、さすがの貫録である
そうして到着した黒部ダム、さすがの貫録である
こんな険しい場所に、よくもまぁ作ったものだ
こんな険しい場所に、よくもまぁ作ったものだ
黒部ダムから見下ろすこの峡谷が下ノ廊下である
黒部ダムから見下ろすこの峡谷が下ノ廊下である
早速下ノ廊下に入りたい所ではあるが、黒部ダムに到着したのは午後4時。

この時間に出発するのは無謀にも程があるので、今日は黒部湖畔のキャンプ場に泊まって明日の朝歩き始める事にする。
湖畔を歩いてキャンプ場へ
湖畔を歩いてキャンプ場へ
紅葉もなかなか良い感じだ
紅葉もなかなか良い感じだ
黒部湖の標高は約1500メートル。訪れたのは10月の中旬であったが、既に紅葉がだいぶ進んでいた。これなら峡谷の景観も期待が持てそうである。

そして朝6時、私は表面がパリパリに凍り付いていたテントを片付け、再び黒部ダムに向かった。峡谷を歩くには、まずは谷底に下りなければならない。
峡谷へ降りる入口はトロリーバスのトンネル内にある
峡谷へ降りる入口はトロリーバスのトンネル内にある
なかなか良い雰囲気のトンネルを進む
なかなか良い雰囲気のトンネルを進む
標識に従って進むと、狭い横道に案内された
標識に従って進むと、狭い横道に案内された
秘密の抜け穴から出たような、わくわく感である
秘密の抜け穴から出たような、わくわく感である
急な山道を下って行くと――
急な山道を下って行くと――
黒部ダムの下に出た
黒部ダムの下に出た
峡谷の底から見る黒部ダム。この写真だとさほど大きくは見えないが、これは周囲のスケールがあまりに巨大すぎて遠近感が狂っているのである。

ちなみにこの写真を撮った位置からダムまでの距離は500メートル以上。それでもこの大きさに写るダムと谷。黒部峡谷がいかに険しいV字谷なのか、お分かり頂けただろうか。

本日の目的地はこの黒部ダムから約18キロメートルの地点にある阿曽原温泉。その山小屋の前にテントを張って寝る予定だ。いやはや、この先どのような道が続いているのだろう。それを考えると身震い、いや武者震いがする。さぁ、本番はこれからだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ