はっけんの水曜日 2012年11月14日
 

でかいものを家に持ち込むともっとでかく感じる

!
かなり大きいのにそのでかさをいまいち実感していない物は多い。

たとえば駅ホームにつり下がってるような駅名の看板。普段なにげなく見ているが、よく考えるとかなり大きそう。琴欧洲ぐらいありそう。琴欧洲が頭上にぶら下がってると思うと相当驚異的だ。

でも実際どれくらい大きいかは、駅ホームの広くて見慣れた景色ではいまいち実感しにくい。

そこで「お店では小さく感じたけど家で見ると意外とでかかった」感覚を利用して、 駅の看板を家の中に入れてみればその大きさがよく分かるのではないか。
1985年生まれ札幌市出身。髪がとても硬いため寝癖がなかなか直りにくい体質。そのためよく帽子をかぶっています。
> 個人サイト こざとへんなところ+++

ぶら下がってる駅看板の大きさを感じたい

どの鉄道会社のどこのホームであれ、どこにでも必ずある駅名の看板。 ほとんどの人が見かけてるだろう。
正確には駅名標というらしい。これは山手線にあるタイプ。
正確には駅名標というらしい。これは山手線にあるタイプ。
あまりにも見慣れてるのと、頭上に設置されてることで そのサイズに関しては全然気にしたことはなかった。

しかしよく考えると、ぶら下がってるものとしては相当大きい。 人一人分ぐらいは余裕でありそう。そんなのが当たり前のように頭上にあるというのはなんだか不思議だ。
でもここからではその大きさは実感しにくい。
でもここからではその大きさは実感しにくい。
サイズに関してはおそらくネット等で調べれば寸法は分かるだろう。 ただそういう数字だけ見せられてもいまいち実感できない。

もっとこう、パッと見て「でけー」と思える直感的な方法で その大きさを体感してみたいではないか。

作って家に置く

そこで思いついたのが、ダンボールとかで実際の寸法の物を作って家の中に置くやり方だ。

部屋の中に置けばその大きさが日常生活基準になるから分かりやすい。 「お店で見たときは小さく見えたけど家で見ると意外とでかかった」方式である。
そのためにまず寸法を測る。
そのためにまず寸法を測る。
ただ縦の長さは測れても横の長さは頭上にあるため難しい。 そこで端から端までの地面の長さを計測することにした。
左端が
左端が
このあたりで、
このあたりで、
右端が
右端が
このあたり。この距離を測る。
このあたり。この距離を測る。
そんな感じで調べてみたところ、この駅名標のサイズはおおよそこんなだ。
!
なにかあったらすぐ逃げられるようオドオドしながら測った結果なので 誤差はあると思うが、自己採点ではたぶんそこまで大きくズレてはいないのでこれでほぼ正解と言い切る。
公園で作ります。
公園で作ります。
この駅名標を作るために大きなダンボール板を4枚購入。 サイズは縦90cm×横120cmぐらい。これを切ったりつなげたりして作っていく。

なぜ公園で制作するかというと、初めて家に入れたときの「でけー」感を味わうためと、 そもそもでかくて家で作業できないからである。いつかダンボール5枚分ぐらいの部屋に住みたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓